新商品情報

新商品:長大作マッシュルームベーステーブル レクタングル

こんにちは、メトロクス、ヨダです。
ツイッターで昨日つぶやいていましたが、本日は新商品のご紹介です。
WEBマガジン「OPENERS」でも掲載された
マッシュルームテーブル レクタングル」が本日発売です!


マッシュルームベーステーブル レクタングル 165,900円(税込)

こちらは長大作デザイン「マッシュルームテーブル」の新仕様で、
四人がけに対応したタイプです。
レクタングルとは長方形という意味ですが、こちらのテーブルの天板は
直線的な四角ではなく、四辺に緩やかなカーブがかかっています。
また従来のものは脚が外に向かっていましたが、レクタングルは直線的な
脚にしたことで、よりシンプルに、シャープな印象となりました。
根元の「マッシュルーム」部分は健在です。

天板のカラーは写真のクリアとダークブラウンからお選びいただけます。

合わせているのはパーシモンチェア。こちらも長さん自身が長い月日をかけて
改良を重ねてきた椅子です。

只今東京店ではウインドウディスプレイにこのレクタングルとチェアがならんでいます。
すっきりとしたフォルムが、店内のほかの個性的なアイテムとも衝突せずに
調和して柔らかい雰囲気を醸し出しています。

「マッシュルームベーステーブル レクタングル」の詳細御希望の方は
是非お問合せください。

【商品入荷】芹沢銈介の風呂敷

こんにちは。メトロクス、ヨダです。
突然ですが、この鮮やかな模様は何でしょう。

こちらは最近入荷しました風呂敷の模様なのです。
デザインは民芸運動の立役者の一人、芹沢銈介。

私が初めて芹沢銈介のデザインを見た時、その色使いとモダンさに衝撃を受けました。
彼がこの「型染」を始めたのが1930年ころ。それから半世紀以上に渡って作品を
作り続けていくのですが、その模様は、今見ても新鮮でとても心ひかれます。

左:喜の字文(55×55cm)1,050円 包み:いろは文(70×70cm)2,100円 
右:風の字文(43×43cm)525円

柄を染込まれた風呂敷は、包むだけでなく絵画のように額縁に入れても素敵です。
とくに壁にかけるのにお勧めなのがこちら。

左:縄のれん (90×90cm) 1,575円  右:いろは文 (90×90cm)2,100円

「縄のれん」は紺地に白の縄が揺れる様がなんとも美しく、男性の部屋にもぴったりです。
「いろは文」は鮮やかで、この一枚でお部屋がぱっと明るくなります。

こちらでご紹介したものだけでなく、いろいろな種類を揃えています。
大きさも、ハンカチサイズから、たっぷり包める大判タイプまで。
新定番のものがオンラインショップよりも少し先駆けて東京店で販売中です。

「OPENERS」に長大作デザインの新商品が掲載!

こんにちは!メトロクス、ヨダです。
前回に引き続き、掲載情報をもう一つお知らせです。

デザインに特化したウェブマガジン、「OPENERS」に
メトロクス新商品の「マッシュルームベーステーブル レクタングル」が掲載されています!

ページはこちら

こちらは定番商品の「マッシュルームベーステーブル」の長方形モデルで、
四人がけに対応しています。
従来は外に向かって広がっていた脚部をまっすぐに変更し、よりダイニングに
馴染むようデザインされています。
パーシモンチェアとの相性もばっちりです。

こちら、詳しい情報に関しては発売時にまたブログでお伝えします!
発売は3月を予定していますが、店頭にはディスプレイされているので
パーシモンチェアとの組合せで是非座ってみてください。

【ビンテージ情報!スパイダークランプタイプ】

みなさん、こんにちは。
メトロクス:タニです。
僕は待ちに待った商品が日本へ到着しました。
昨年11月に弊社代表とWSのマネージャーのイタリア出張の際、
仕入れてきてもらったこちらです!
スパイダーホワイト

ジョエ・コロンボの【スパイダー】です。現行のテーブルランプフロアランプとは違い
クランプ式になります。この仕様は現在製造されていないのはもちろんのこと、
当時(1960年代後半)も生産数はすくなかったようで、状態の良いものが見つかることも
なかなか珍しいそうです。
今回はたまたま2台ビンテージショップで見つけることができ、仕入れてもらいました。
もう一台はこちらです。
レッド

これはブラックのシェードにレッドのベースのタイプ。組合せもかっこいいです。
この2台、アームのアーチのサイズが違う為、価格も若干変わります。
ホワイト ¥126,000-
ブラック ¥141,750-

この商品が入荷してから、メトロクス社内ではソワソワした、いやフワッとした空気が。
特に、僕とオンラインショップのマネージャー:A谷氏(つまり第一の谷さんです)は
好みのデザインがかぶっていることも多々あり、今回も然り。
一体どなたのところへいくのか、楽しみです。

※番外編:下の写真は某書籍の1ページです。かっこいいですね。
(スイッチの詳細画像はスキャナーの都合上切れています)
スパイダー文献

リキウォッチキッズモデルに新色登場

こんにちは!メトロクスのヨダです。
リキウォッチキッズモデルにあたらしいカラーが加わりました!
モスグリーン/キャメルです。

モスグリーンアップモスグリーン

リキウォッチ キッズモデル 8,400円(税込)

キッズモデルとは言いながらも、これはシックな大人のカラーで、
キャメル色のバンドとも好相性です。

こちらの時計、ご存じの方も多いかと思いますが渡辺力さんのデザインです。
1970年にデザインされた「小さな時計」をモデルに、2007年に発売されました。
70年代には、「小さな時計」は大変珍しい時計でした。なぜなら、当時は壁掛け時計と言うと
大きな物という概念があったからです。
このかわいらしい時計の登場は、「個人的な時計」という意味でとても新鮮で、個性的であったのです。
その時計がリストウォッチとなって生まれ変わり、現代の人の腕を飾ります。
キッズモデル

ということを知らなかったとしても、このシリーズ、それぞれの色とフォルムがとてもすてきで、
ついつい色違いを集めてしまいたくなります。