エキシビション

Buongiorno Maestro!作品紹介(1) 【ビトッシ「リエディション」】

リエディション

アルド・ロンディ50~70年代の作品を
数量限定で復刻させてきたプロジェクト、ビトッシ「リエディション」。

 
オリジナルに忠実に、昔ながらの赤土を使っているのが特徴の一つ。
トスカーナ地方で取れる土のほとんどは赤土だったため、
かつては赤土での製造が中心だったのです。

 
写真はイタリア フィレンツェ郊外モンテルーポにある
ビトッシの工場でのスナップ。
18
青線の右側には、
製作途中の
リエティション4th「INV.2270/2271」「INV.1414」「INV.2478」の姿。
未着色のものもあります。
白いものは、上に塗る色の発色がよくなるように白色マテリアルを塗ったもの。
(この手法をマジョリカといいます。)

 
ちなみに、青線の左
ソットサス「デザインシリーズ」をはじめ
現在は、8割以上が白い粘土が使われています。

 
ここで、
現在の「リミニブルー」と「リエディション」を比較してみましょう。
44
左:リミニブルー「ベースNo185」 右:リエディション1stの「INV.0070」
ロンディ・ブルーと呼ばれる深い独特の青。

 
底を見ると、
23
土台の色の違いが粘土の違い。
リミニブルーは白粘土、リエディションは赤粘土です。
リエディションでは下地として塗られた白い部分も見られます。
リエディションは手描きでシリアルナンバーが入っていて、この作品は199のうちの6番です。
(アイテムによって生産数は149や99など異なります。)

 
アップで見てみると
34
リエディションのほうが、ごつごつした質感があります。
表面の柄の大きさが違うこともあり、
リエディションは一段と重みのある印象です。

 
ちなみに、
現在取扱中のリミニシリーズ70年代頃のデッドストック品
「ブルー」「白」「緑」を確認したところ
白い粘土を使用していました。

 
赤土を使いつつ、色、ツヤ、仕上げ、形などヴァリエーションに富み、
アルド・ロンディ作品の魅力を堪能できる「リエディション」シリーズ。
52
9月26日までメトロクス東京で開催の
buongiorno maestro!(ブォンジョルノ・マエストロ展)では
職人さんのハンドメイドにより大切に再現されている
実物を一同にご覧いただけます。

※過去の作品でもイタリアのメーカーに在庫のあるものはお取り寄せ可能です。
>>【リエディション全商品一覧[PDF:11.4MB 新規ウィンドウで開く]】

 
■こちらもどうぞ→ビトッシ作品紹介(まとめ)

過去の数量限定アイテム再び!【ビトッシ「リエディション」】

reeditionspdflist

ビトッシのアートディレクターとして数々の作品を手がけた
アルド・ロンディによる過去の作品を
数量限定で復刻させるプロジェクトがビトッシ「リエディション」。

2004年から4回に渡り48アイテムがリリースされてきました。
このたび、過去のアイテムも含め
メーカーに在庫のある商品のご注文が可能になりました。

オンラインショップに掲載されていない商品もあります。
一覧は下記PDFをご参照ください。

「リエディション」一覧PDF
>>【リエディション全商品一覧[PDF:11.4MB 新規ウィンドウで開く]】

また、メトロクス東京で9月26日まで開催中の
buongiorno maestro!(ブォンジョルノ・マエストロ!展)では、
リエディションのほぼ全アイテムを展示!
(上写真の*印の3商品は9月中旬から展示予定)
ヴァリエーション豊かな作品を一同にご覧いただけるチャンスです!

期間中は<ビトッシフェア>も開催、お買い得特典もあります。
イタリアから取寄せのため、お届けまでにお時間をいただきますが、
価値ある一品をこの機会にいかがでしょうか?

 
■こちらもどうぞ→ビトッシ作品紹介(まとめ)

【新商品】リミニシリーズ デッドストックの白、緑

深みのある独特な青と特徴のある幾何学模様で
アルド・ロンディの名とともに知られるイタリアはbitossi「リミニブルー」のシリーズに
70年代頃のデッドストック品が登場しました。

形はブルーのものと同じなのですが、
色が今までにない「白(ビアンコ)」と「緑(ヴェルデ)」。

22日からメトロクス東京で開催される
「Buongiorno Maestro!(ブォンジョルノ・マエストロ)」展でまとめて展示されますので、
定番の青と、レアな白や緑の色合いの違いをこの機会に是非ご堪能ください。

【白(ビアンコ)】
white
>>112ゾウ※ >>49フクロウ(Sold Out) >>13ブタ
>>97サカナ   >>31小物入れ※  >>36ヒツジ
>>37ネコ   >>117カメ   >>67ライオン
※オンラインショップでの販売はなく、メトロクス東京のみの販売となっています。

【緑(ヴェルデ)】
リミニシリーズ(デッドストック)緑green2
>>36ヒツジ   >>49フクロウ   >>119ネコ(たたずむ)
>>37ネコ   >>97サカナ   >>95ゾウ
>>117カメ   >>67ライオン
>>7灰皿(丸)   >>59灰皿(大きめ)
>>60灰皿(小さめ)

いずれも数が非常に少ない商品ですので、
気になるものありましたらお早めに。

※オンラインショップとメトロクス東京では、
8月22日〜9月26日まで「ビトッシフェア」開催中。
ポイント2倍などの特典があります。

【Buongiorno Maestro!展】開催のお知らせ

みなさん、こんばんわ。
メトロクス東京:タニです。
先週末、モダンリビングさんに掲載された旨お伝えしていましたが、
本日改めてご案内させて頂きます。

メトロクス東京では8月22日(土)から9月26日(土)まで、
デザイナー『アルド・ロンディ』にスポットを当てた【ブォンジョルノ マエストロ!展】を
開催いたします。
ブォンジョルノ マエストロ!展

イタリア、フィレンツェ近郊の町[モンテルーポ]で1911年に創業した老舗陶器メーカー《ビトッシ》。
常に時代の先駆けとなってきたこのメーカーで1946年からディレクターを務めた『アルド・ロンディ』の
代表作:リミニシリーズのデッドストック、ビアンコ(ホワイト)・ヴェルデ(グリーン)を数量限定で
展示、販売いたします。
会期中は通常定休日の9月21日(月)~23日(水)の祝日も営業いたします。
こちらに合わせて日本初公開:アーキテクチャーシリーズも入荷予定ですので
是非お越しください。
buongiorno maestro!
※会期中、メトロクス東京またはオンラインショップにて
ビトッシ商品を3万円(税込)以上お買上のお客様へ
書籍《buongiorno maestro!》をプレゼントさせていただきます。
今までのロンディの作品が見れるかなり見ごたえのある作品集です。
数に限りがありますので、スタッフ間でも争奪戦が繰り広げられる模様です。。

皆さん、是非遊びに来てください。
お待ちしております。

雑誌掲載情報【MODERN LIVING September 2009】

みなさん、こんにちは。
メトロクス東京:タニです。
今夜はいよいよ「刑事の妻”デカツマ”2」ですね。
是非、ご覧になってください。

今日は雑誌掲載のお知らせです。
アシェット婦人画報社から隔月で発売されています「MODERN LIVING」(モダンリビング)
8月22日からメトロクス東京で開催される【BUONGIORNO MAESTRO!ブオンジョルノ マエストロ展】
の案内を掲載していただきました。
12

掲載面

モダンリビング編集部:副編集長のK坂さん、ありがとうございました。
今後とも宜しくお願い申し上げます。

情報掲載ページとは別に、なんとこんなページにも作品が掲載されていました。
目次

目次のページです。
きっと、アルド・ロンディも喜んでいることでしょう。
作品が発表されて数十年後に、イタリアはモンテルーポから遠くはなれた日本で
まさか自分の作品がこのような形で紹介されているとは夢にも思わなかったことでしょう。

展示会の情報は次回詳しくお伝えします。
お楽しみに。

>>プレスリリース