ウォールクロック

札幌駅の駅時計が待望の復刻

こんにちは、メトロクス・タカダです。
 
この度、メトロクスでは、JR札幌駅のコンコースに設置された
駅時計をもとに開発された掛け時計「eki clock(エキクロック)」の
取り扱いを開始いたしました。
 
駅時計にふさわしいオリジナル数字による、読みやすく
美しい文字盤とシンプルな時計枠体によって、究極の
ベーシックデザインを追求した時計です。
 
sapporo_eki_1_01
 
元になった時計は、北海道出身のデザイナー・五十嵐威暢氏
によって札幌駅のためにデザインされた駅時計で
東西両コンコースに1点ずつ設置されており、
南北それぞれに向いた時計の文字盤は、表と裏で
白と黒に配色されています。
 
sapporo_eki_2_01
五十嵐威暢氏は、グラフィックデザイナーとして活動をはじめ、
国内外の企業のために多くのVI計画を作成しました。
代表作に明治乳業、サントリー、三井銀行、王子製紙
などがあります。
 
そのほか、プロダクトのデザインも数多く手がけ
ロサンゼルスに渡り、彫刻家としても活躍しています。
作品はニューヨーク近代美術館をはじめ、世界30カ所以上の
公立美術館に永久保存されています。
2015年からは多摩美術大学名誉教授に就任されました。
 
 
札幌駅で手掛けたのはコンコースの駅時計以外にも
札幌駅南口外壁の「星の大時計」をはじめ様々な
パブリックデザインにも携わっています。
 
image_05
 
 
ご存知の方も多いかとは思いますが、実は、エキクロックは
一度、2005年に製品化されており、2006年グッドデザイン賞を
受賞しています。
 
その後、惜しまれながらも製造が終了となり、
メーカーでの製造がストップしていましたが
2016年、タカタレムノス社製として、
お求めやすい価格帯となって復刻が実現しました。
 
 
01
エキクロック ホワイト ¥12,960(税込)
 
02
エキクロック ブラック ¥12,960(税込)
 
image_06
外箱付き
 
image_02
 
駅時計をモチーフに開発されただけあって、広い空間や
オフィスなどでも視認性が非常に高く
離れた場所からでもはっきりと時刻が判断できます。
 
直線的でシンプルでありながら、特徴のあるフォントを採用し
他のベーシックな時計は持っていない個性を確立しています。
 
image_03
 
ちなみに、そんなエキクロックですが、五十嵐威暢氏のブログによると
デザインをするにあたってモデルにした時計があるというのです。
 
なんだと思いますか?
想像がつく方もいらっしゃるかもしれません。
 
モデルとなったのは、1944年にハンス・フィルフィカー氏が設計した
スイスの鉄道時計。
 
白い盤に黒い目盛と針、そして特徴的な赤い秒針、
シンプルで明快で強く優しく、そして何より見やすいデザイン。
掛け時計のお手本のような存在ですね。
 
エキクロックのルーツはスイスにありました。