スタンドライト

フランク・ロイド・ライトのタリアセン

こんにちは。
メトロクス・タカハシです。

今日は新たにオンラインストアに掲載したフランク・ロイド・ライトの
タリアセン
について。

タリアセン3
フランク・ロイド・ライトと言えば、ル・コルビュジエ、
ミース・ファン・デル・ローエと一緒に「近代建築の三大巨匠」と呼ばれる建築家ですね。
デザインや建築に携わっていなくてもメトロクスのブログを読んでいる人は
知っている人も多いのではないでしょうか?

そんなフランク・ロイド・ライトがデザインした照明器具、タリアセンのシリーズの
内、タリアセン1(テーブルスタンド)(フロアスタンド)(ミニ)
タリアセン2タリアセン3のラインナップの取扱を開始いたしました。

タリアセンは僕が10代の高校生だった頃に地元福岡のインテリアショップで
初めて実物を見た時におったまげた記憶があります。
直線だけの構成でここまで魅力的なデザインになるのかと。
そして、価格をみて2度たまげることになったんですが笑

さて、このタリアセンですが、タリアセン1とタリアセン2,3で
全然デザインが違うと思いませんか?
それなのになぜ同じタリアセンなのかというと、そもそもタリアセンとはライトが
設計した、自邸・設計事務所・教育施設などが集まった建築群の事なのです。
ウィスコンシン州のスプリング・グリーンに主に夏の期間を過ごす「タリアセン」。
そして冬は寒さを逃れる為にアリゾナ州の砂漠のなかに「タリアセンウェスト」
と2つの拠点があったそうです。
ライトとその弟子たちは季節ごとに大移動を繰り返したそうですよ。
ウィスコンシンとアリゾナはだいたい、北海道から鹿児島くらいの距離感です。

タリアセン1
そして、タリアセン1はスプリング・グリーンの夏の家の為にデザインされた照明です。
昔の建築家は建築と内装のインテリアをセットで考えることが当たり前だったんですね。
その建築を引き立たせる為の家具デザイン。
この時期に名作家具が多数生まれたのもこういったことが関係しているのかもしれません。

ライトの建築造形形態によく用いられる方形屋根がデザインに取り入られ、建物の中に
ミニチュアの建物があるように見えます。
この照明器具はその後、クライアントに度々気に入られて別の建築でもよく使われたそうです。
タリアセン2,3
そして、タリアセン2、3はタリアセン1とは全く違う経路でのデザインです。
これは、元々ヒルサイド・ホーム・スクールの体育館を劇場に改装する際に設計した
天井灯がモデルとなっています。

タリアセン
箱方の合板でできた斜光板で構成されたペンダントライトはガラスやシェードを
使わずに柔らかな光を生み出すこの照明に感銘し同じデザインコンセプトで
フロアランプを開発し、スプリング・グリーンのタリアセンにある仕事場でも好んで
使っていたとのことです。

ちなみに、タリアセン3は製造元のヤマギワがタリアセン2をもとに、
フランク・ロイド・ライト財団の承認の元にテーブルランプサイズにしたものです。
タリアセン2はかなりの大きさとインパクトがあるので、
日本の狭小住宅にはタリアセン3が適当なサイズなのかもしれません。
東京店ではタリアセン3の実物を展示していますので実物をご覧になられたい方は
是非ご来店ください。

それぞれの照明に共通するのはライトが好み、タリアセン(建築)に用いていたということ。
ゆえに、タリアセンという照明シリーズなんです。

メンバー限定!照明全品10%OFFセール開催中

こんにちは、メトロクス・ハマダです。
世界的に活躍するデザイナーの名作照明の取扱いを今月から拡大いたしました。
オンラインショップでは64商品ほど追加しています。

フロス,ヴァーパン,オールーチェ,アルテミデ,インゴマウラーなど世界のデザイナーズ名作照明器具を取り揃えました。

ボビーワゴンの生みの親であるジョエ・コロンボを筆頭に、
イタリアにおける革新的工業デザインの先駆者 アキッレ・カスティリオーニ
イタリアンデザイン界の基盤を作ったとも言われている ヴィコ・マジストレッティなど
著名なデザイナー陣の名作照明を豊富に集めました。

 


取扱いブランドは、
ADELTA(アデルタ)、Artemide(アルテミデ)、
FLOS(フロス)、INGO MAURER(インゴマウラー)、Oluce(オールーチェ)、
poltronova(ポルトロノーヴァ)、valenti(ヴァレンチ)、VERPAN(ヴァーパン)です。

商品一覧はこちら

 

また、11月30日(土)までの期間限定で
メトロクスメンバーの方には、いずれの照明も10%OFFにてご提供させていただいております!
通常通りお買い物していただきますと、ご注文確認時に割引後の価格をご連絡いたします。
またとないこの機会に是非ご利用ください。
くわしくはメンバーログイン後、メンバーページをご覧ください。
ログインページはこちら

 

メトロクスにある照明のマスターピースたちをご紹介します。

ジョエ・コロンボの名作ランプ「スパイダー」「クーペ」
1967年にコンパッソ・ドーロ賞を受賞した、
ジョエ・コロンボの名作ランプ「スパイダー(左2点)」と
1968年インターナショナルデザインアワードを受賞し、
MoMAのパーマネントコレクションにも選ばれた「クーペ(右)」。
スパイダー」のブラウンとレッドは現行品にはないカラーでとても珍しいものになります。
(ヴィンテージ・非売品)

 

ジョエ・コロンボの名作ランプ「スパイダー」
ジョエ・コロンボの名作ランプ「スパイダー」
こちらもコロンボの「スパイダー」、フロアタイプのレッドとブラック。
コロンボフリークでも現物を見たことがある人は少ないほどのレアアイテム。
(ヴィンテージ・非売品)

 

ヴァレンチ社の「ヘビ」のビッグサイズ
ヴァレンチ社の「ヘビ」のビッグサイズ。
数年で廃番となった希少モデルです。
(ヴィンテージ・販売中! ※ヴィンテージ品のためセール対象外)

 

ヴィコ・マジストレッティのテーブルランプ「アトーロ」
ヴィコ・マジストレッティの代表作のひとつと言われているテーブルランプ「アトーロ」。
現行品はアルミニウム製とガラス製の2種類ですが、
こちらは10年ほど前に限定生産されたアクリル製です。
(ヴィンテージ・非売品)

 

ユキ・ヌンミの「スカイフライヤー」 ウェルナー・パントンの傑作「パント」
手前がフィンランドのデザイナー ユキ・ヌンミの「スカイフライヤー」。
奥はヴェルナー・パントンの傑作「パント」。

 

ダイニングには温かみのある柔らかい光で照らす照明がおすすめ。
お料理が見違えるほどおいしそうに見えますよ。

照明ひとつで、空間の印象はガラリと変わるので、
イメージチェンジしたい時はまずは照明を変えてみましょう!

照明のマスターピース特集はこちら