ディートリッヒ・ルブス

BRAUN New Color!

こんにちは。
メトロクス・タカハシです。

先日、ブラウンの時計に新たに「グレー」が追加されました。
正確には2013年に限定カラーとして発売されたグレーが3つのモデルで定番色となります。

「限定カラーの時に買い逃した~!」という人には朗報の今回の新色。
これからブラウンの時計を買おうという人にも選択肢に入れてほしいグレーを
今回は紹介していきます。
 
 
BNC008GY
まず一つ目が「BNC008」

こちらはブラウンの中でも比較的新しいデザインの置時計です。
元々は、1979年デザインの「DN50」をベースに、現代のライフスタイルに
合わせ機能を追加、フォルムチェンジさせた人気モデルです。

DN50
 
 
こちらが、その「DN50」です。
ちなみに、現在ブラウンからは「BNC016」という、よりDN50に近いモデルも
発売されています。ブラウンのデジタルクロックの根幹にあるのが
この「DN50」なのでしょう。
 
 
BNC008GY_2
手のひらにもすっぽりと収まってしまうこじんまりとしたサイズはシーンを問わず
どこにでも置いておくことができます。

BNC008GY_3
既存のホワイト、ブラックと並べてみるとこんな感じです。
写真では伝わりづらいですが、他の色と比べるとやや光沢があるようなグレーです。
そして、一番の違いは液晶ディスプレイです。 ホワイトとブラックは黒バックに
白抜きの数字が表示されていますが、グレーは黒文字での表示となっています。
 
 
 
BNC006GY
 

続いては「BNC006」
こちらは、ブラウン初のウォールクロックとして1982年に ディートリッヒ・ルブス
デザインでうまれた、「ABW30」を忠実に再現したモデルです。

デートリッヒ・ルブス
この人がルブス。そして、左上にかかっているのが当時デザインされたABW30です。
ブラウン社においてディーター・ラムスと同じくらい外せないのがディートリッヒ・ルブス。
現行のブラウンの時計の多くがルブスのデザインによるものです。

BNC006GY_2
実際にかけてみるとこんな感じです。
フレームもガラスもない、一体型のフェイスは当時「デザインの革命」と
評されていました。まさにディーター・ラムスが語る「Less, but better
(より少なく、しかしより良く)」を体現しているデザインといえます。

BNC006GY_3
インデックスは立体的に立ち上がらせることで、光の反射を抑え視認性も
確保されています。少し光沢のあるグレーなので、視認性に欠けるのでは?
と思いましたが、その心配はなさそうです。
 
 
 
BNC002GY

そして最後が「BNC002」
「BNC006」と同じくルブスのデザインです。
1987年に「AB1」として発売されたモデルを忠実に再現し復刻したもので、
多くのブラウンの時計の中でも定番中の定番品です。
フェイスがグレーになっても黄色い秒針とのコントラストはとてもきれいです。

残念ながら、ブログまでに実物が届かず画像はこれ以外にないのが残念ですが、
お店に届いたら別の機会に紹介したいと思います。
 
 
 
おまけ その1・・・

BNC014

BNC014BK-NRC
新色のグレーとは別にデジタルウォールクロックの取扱も始めました。
折りたたみ式のスタンドも付いているので、テーブルクロックとしてもお使い
頂けます。デイデイト表記や温度・湿度を計れる、これまでのブラウンの時計
にはなかった機能が付与されています。
 
 
 
おまけ その2・・・

HL70
上の写真でもちょこちょこと映り込んでいる「HL70」
ヴィンテージコンディションで1点のみですが、こちらも販売しています。
1971年にレインホールド・ヴァイス、ユーゲン・グルーベルによって
デザインされたもので、MoMAのコレクションにも選定されています。
ディスプレイとしてもかっこいいプロダクトです。
価格:¥19,440(税込)

オンラインショップには掲載がないアイテムなのでお問い合わせは
東京店までどうぞ。

BRAUNの人気モデル「トラベルクロック」が復刻!

こんにちは、メトロクスのハマダです。
東京は今日、吹雪いています。暦の上では春のはず・・・。さ、寒い・・・。
本日は、そんな寒さも吹き飛ばすホットな話題をお届けしますよ~!

2011年より続々と復刻モデルがリリースされている「ブラウン」のクロック。
今回はあの人気モデルが復刻となります。

 

ブラウン トラベルクロック BNC005

2/20(水)発売!ブラウン トラベルクロック BNC005
1995年にディートリッヒ・ルブスによってデザインされた、
Reflex controlled travel alarm clock「AB 314 rsl」の復刻モデルです。

 

 

ブラウン AB314rsl オリジナルモデル ディートリッヒ・ルブス

完全復刻版として復活
上の写真はオリジナルのAB 314 rsl
今回の復刻モデル「BNC005」と比較してみても、全く違いがありませんね。
それもそのはず、新たに機能を加えられたバージョンアップものではなく、
外見も機能もそのままに、完全なオリジナル復刻モデルとして蘇るのです。

 

 

ブラウン トラベルクロック BNC005

いつまでも新しいデザイン
オリジナルがデザインされた1995年というと、
ディーター・ラムスブラウンを退社する1997年より少し前。
ブラウン社の中でも比較的、新しい時代のモデルです。
とは言え、18年も前のことなのに、今でも古さを感じさせないところはさすがです。
機能に基づいた、極めて実直なデザインだから、
いつまでも色褪せずに、根底に潜んだ新しさが更新されていくのですね。

 

 

ブラウン トラベルクロック BNC005

間違いなく、実用的で機能的
「トラベルクロック」なんていうネーミングですもの、実用的で機能的なのは当然。
アラームはもちろん、スヌーズ機能も搭載。
写真左側のグリーンの四角い部分に手をかざすとその動作を感知して、
スヌーズ機能が発動するモーションセンサータイプです。
モーションセンサーだなんて、とても近未来的に聞こえますが、
実はこの機能もオリジナルそのまま。当時では珍しい機能だったのでは。

また、バッテリーチェックシステムという変わった機能も搭載されています。
電池残量が少なくなると、秒針の動きが2秒間隔で動くようになっているのです。
ちょっと不思議な動きですが、予め予備の電池を用意するタイミングを
知らせてくれるなんて賢い時計です!
2秒間隔で動く様子はyou tubeでも見れます。
こちら⇒http://youtu.be/qejXJ7261Lk

 

ブラウン トラベルクロック BNC005 ワールドタイムチャート

旅先で重宝する世界時間表
蓋の中面には、ロンドンのグリニッジ標準時(Greenwich Mean Time)を基準とした
ワールドタイムチャートが、プリントされています。
旅行や海外出張の時に時差がすぐわかって便利。
ブラウンの本拠地・ドイツ(Frankfurt)と日本(Tokyo)の時差は、
ええっと、、、8時間ですね。

 

 

 

ブラウン トラベルクロック BNC005

ライトは文字盤を照らすだけではなく、サイドも光るようになっているので、
大きな旅行カバンの中で探しものをする時にも重宝しそうです。
また、ボタンのロック機能が付いていて、安心。
バッグに入れて持ち運びすることを前提とした設計になっています。

 

 

 

ブラウン トラベルクロック BNC005
カラーバリエーションは、ブラック・ホワイト・ブルーの3色。
ムーブメントはドイツ製です。

旅のお供にぜひ。

ブラウン トラベルクロック BNC005 ¥5,460
2/20(水)よりご購入可能です。
ブラウン商品一覧はこちら
ブラウン トラベルクロック BNC005

新生BRAUNウォッチコレクション

こんにちは、メトロクス・ハマダです。
本日はブラウンファン必見の内容です!

6年ぶりの復活を遂げた新生ブラウンウォッチコレクションから、
待望の「クロノグラフ」と「DW30 完全復刻モデル」が登場しました。

ブラウンウォッチコレクション クロノグラフ
ブラウン メンズウォッチ BNH0035 クロノグラフタイプ ¥28,350~

無駄のないミニマルなデザインにスポーティーさをまとった「クロノグラフ」は
ドイツを代表する二大デザイン賞「iF(金賞)」と「reddot」をダブル受賞、
ブラウンのデザインが持つ普遍的な価値を改めて証明したモデルです。

 

二大デザイン賞とは?
ブラウンウォッチコレクション クロノグラフ デザイン賞

iF デザイン賞(iF design award)は、「デザイン界におけるオスカー賞」とも言われ、
50年以上の歴史を誇る、世界的に最も権威のあるデザイン賞のひとつです。

≪近年のiF金賞受賞作品≫
2007年度 LEXUS IS
2008年度 RICOH デジタルカメラ Caplio GX100
2010年度 i Pad
2012年度 Panasonic LED電球 LDA4L/C

みなさんもご存じのあの商品やあんな商品が受賞しているのを見れば、
iFデザイン賞がいかに栄誉ある賞であるかがわかりますね。

また、レッドドットデザイン賞(reddot design award)も、
iFと並ぶ世界最大級のデザイン賞です。
デザインの革新性、機能性、人間工学、エコロジー、耐久性など9つの基準から審査され、
「卓越したデザイン」と認められた製品にのみ与えられる栄誉ある賞であり、
このマークを認証表としてつけることを許された製品は、世界中で注目を浴びています。

そんな二大デザイン賞をダブルで受賞した「クロノグラフ」。
問答無用でかっこいいです。
「その時計いいね!」なんて言われた日には
「二大デザイン賞ものだからね~」とうんちくを語りましょう!
ブラウンウォッチコレクション クロノグラフ

 

続いては、ディーター・ラムスとディートリッヒ・ルブスによってデザインされた
「DW30」の完全復刻モデルです。
当時の発売から34年の時を経て、オリジナルに忠実に復刻されました。

ブラウンウォッチ「DW30」の完全復刻モデル
ブラウン メンズウォッチ BN0076 デジタルタイプ ¥24,150 LEDのバックライト機能搭載。

当時生産されたほとんどがドイツ国内で流通し、
1981年頃までに約9,500本程度しか市場に出回らなかったそう。
ブラウンコレクターの間ではプレミアムな存在のようです。

 ブラウン メンズウォッチ BN0076 デジタル
このフォルム、どこかクラシカルな1980年代の雰囲気が漂います。
さらに特徴的なのが、型押しエンボスのレザーベルトです。
うまく言い表せないのですが、このベルトを見て
仮面ライダーを思い出すのは私だけでしょうか。
最近の平成の仮面ライダーではなく、初期の仮面ライダーです。
そう。あの、お腹の感じです。

そんなことはさておき、オーソドックスな配色を用いたデザインは
現在でも全く色褪せませんね。
まさに「タイムレス・デザイン」と呼ぶにふさわしい一本。

 

さて、本日ご紹介した二本、どちらもブラウンらしい秀逸なデザインですが、
好みが二極化しそうですね。
ただ、ブラウンコレクションは価格がお手頃なので、
二種類とも手に入れて、日によって付け替えるといった
楽しみ方もできますよ。

みなさんはどちらがお好みでしょうか?
ブラウン メンズウォッチ BNH0035 クロノグラフタイプ ¥28,350~
ブラウン メンズウォッチ BN0076 デジタルタイプ ¥24,150

メトロクスが所有するブラウンのヴィンテージコレクション
是非ご覧ください!