バウハウス

パウル・クレー~おわらないアトリエ~に行ってきました

みなさん、こんにちは。
メトロクス:タニです。
先日、ひょんなことから展示会の招待券を頂くことができました。
社内での争奪戦の末、チケットを勝ち取った僕は、昨日朝10時の
開場と同時に行ってきました。

7月31日まで竹橋にある東京国立近代美術館で開催されています。
確か前にこの美術館を訪れたのはカンディンスキー展のとき。
学生のときなので10年ぶりです。どんな展示会だったか、ぜんぜん覚えていないのですが
確か村上龍氏がニューヨークにある壁画についてコメントを
寄せていたような、いやそれは違う話だったっけ?とか。

アトリエの写真が何枚も展示されていました。
やっぱり気になるのは、そこでどんな家具が使われていて
どんなおもしろいものがあったのか、というところでした。

週末ということもあり、10時前に着いたときにはすでに大勢の方が
並んでいました。皆さん、週末など人が多そうな日は避けて
でも、是非脚を運んでみてください。

マックス・ビル《ウルム スツール》を取扱い始めます

みなさんこんにちは。
メトロクス:タニです。
今日は新商品取り扱い開始のお知らせです。
バウハウス最後の巨匠といわれるデザイナー:マックス・ビル。
氏が初代学長を務めたウルム造形大学の学生たちのために手がけた
《ウルム スツール》の取り扱いを始めます。

以前はスイスのヴィトラ社から復刻生産をされていましたが、この度
同じくスイスにあるヴォーンベダルフ社に移行されました。
メトロクスではマックス・ビルのポスターを製品化した経緯もあって
ウルムスツールも取り扱いを始めることになりました。
入荷は6月下旬を予定していますが、メトロクスオンラインショップでは
来週から先行予約を受け付けます。ページはこちらに24日にアップします。⇒WEB
ご質問などございましたら、お気軽にお問い合わせくださいね。

過去のマックス・ビル関連のブログも是非ご一読を

ユンハンスの時計 商品一覧ページ
ミラノブログ~マックス・ビルのポスターを作ろう~

※5月19日 価格を追記しました。¥29,400(税込)
メトロクスで1万円以上のお買い上げの場合は送料無料です。

価格改定のお知らせ:ゲディ、マックス・ビルのポスター

こんにちは。
今日は価格改定のお知らせです。
イタリア:社で製造されている製品と
メトロクスが日本国内で製造・販売を手掛けている
バウハウスの巨匠:マックス・ビルが手掛けたコンクリートアートの
ポスター、『バリエーション1』バリエーション12』をこの
度値下げすることになりました。
今までよりもさらにお求め安い価格になりましたので
この機会に是非ご検討ください。

新商品!JUNGHANS Max Billの時計入荷

みなさん、こんにちは。
メトロクス:タニです。
やっとブログにあげることがきました。
バウハウスの巨匠:マックス・ビルがデザインしたドイツ最大の時計メーカー:ユンハンス社製の
製品の扱いを再開しました。

グラフィック、建築、彫刻、インダストリアルデザインなど様々な顔をもつ
ユニヴァーサル・クリエイターのマックス・ビル。彼が50年代から60年代に手掛けた
掛け時計と腕時計。数十年経ったいまでも人気があるのは、その文字盤の見易さと
そぎ落とされたミニマルなデザインの為でしょう。
今日は一部の商品を紹介します。

027 3702 00
¥84,000

027 3701 00
¥84,000

027 3700 00
¥84,000

027 5703 00
¥90,300

上:367 6046 00 ¥45,150
下:367 6048 00 ¥39,900
掛け時計はMomaのパーマネントコレクションにも選ばれています。無駄のない装飾、
計算された文字の配置。「形は機能から生まれる」、という言葉を思い起こさせます。
これこそ時代を超えて愛されるマスターピースでしょう。

おまけ:
メトロクスにあるマックス・ビルに関する書籍を集めてみました。
もう少しあるのかもしれませんが、書棚にはこれだけ。休憩時間なんかには
こういった書籍を読んでいます。勉強になることが多いです。

右下の『jakob bill』というのはマックス・ビルの息子さんです。彼もまたアーティストとして
活躍をされています。
詳しくは安西さんのブログにある『マックス・ビルのポスターを作ろう』を。