Skyflyer

照明のお試しレンタルはじめました

こんにちは、メトロクス・タカダです。

ご自宅のインテリアを揃える際、お店(オンラインショップもまた然り)で見つけたものが実際に自分の部屋に合うのだろうか、と悩むことがよくあると思います。
サイズを計ったり、写真を撮ってみたりして何とか想像してみるのですが、決め切れないこともしばしば。

中でも特に難しいのが照明ではないでしょうか。実際にお店でもたくさんのご相談をいただいておりますが、シェードの大きさや天井からのコードの長さ、明るさなど確認事項がたくさんございます。

そこで、メトロクスでは、特に問合せの多い一部の照明器具を対象にお試しレンタルサービスを開始いたしました。
続きを読む

北欧照明デザインの先駆者 ユキ・ヌンミのランプが価格ダウンで再登場!

こんにちは。
メトロクス・オノデラです。

メトロクスが輸入代理店となっているフィンランド製の照明、
Skyflyer(スカイフライヤー)』、『New York(ニューヨーク)』。

『Skyflyer(スカイフライヤー)』

※Photo:Masatoshi Takahashi, Styling:Yumi Nakata, Cooperation:Royal Furniture Collection

『New York(ニューヨーク)』

Photo:Masatoshi Takahashi, Styling:Yumi Nakata, Cooperation:I Next GE, on the shore

これら2種の照明が、お求めやすい価格になり再登場です!

これらの照明『Skyflyer(スカイフライヤー)』『New York(ニューヨーク)』は、
1960年代に活躍した北欧照明デザイン界に多大な影響を与えたデザイナー
Yki Nummi(ユキ・ヌンミ)によってデザインされました。

ユキ・ヌンミは、1925年中国生まれ。
1950年にフィンランド ヘルシンキ工業美術大学卒業後、
照明器具メーカーのオルノ社のデザイナーとなり、
病院、療養所用に照明を製作しました。

1955年に発表したテーブルランプ『ニューヨーク(旧商品名:モダンアート)』は、
ユキ・ヌンミの代表作。
透明アクリル製の筒に、乳白色のアクリルを被せただけの
シンプルな構造とデザインが話題となり、
MoMAパーマネントコレクションに収蔵されています。

点灯時には、乳白のシェード部分が、宙に浮いているように見え、
軽やかながらも、存在感があります。


※Styling:Yumi Nakata

そして、1960年に住宅用にデザインされたペンダントランプ『スカイフライヤー』。
円盤形のアクリル2枚を上下に組み合わせ、
ボールチェーン先端部分の金具でシェードを固定するだけのシンプル構造。
ミラノトリエンナーレで3度ノミネートされたことでも有名です。

乳白色のアクリルを通した柔らかな光が、
滑らかなラインの照明全体を浮き立たせます。


Sサイズ点灯時


Sサイズ消灯時


Lサイズ点灯時


Lサイズ消灯時

『Skyflyer(スカイフライヤー)』
価格:Sサイズ ¥59,400 / Lサイズ ¥69,120
仕様:E26 60W×1、コード長さ1.4m、引掛けシーリング

『New York(ニューヨーク)』
価格:¥59,400
仕様:E26 60W×1

いずれもメトロクス東京の店頭に展示中。
いつでもご覧いただくことができますよ。

おまけ

※芹沢銈介作品集(求龍堂)より

静岡市立芹沢銈介美術館内の施設、『芹沢銈介の家』。
20世紀の日本を代表する工芸家で人間国宝である芹沢銈介
東京都大田区蒲田で当時実際に使用していたものを
1987年に彼の故郷である静岡へ移築した施設です。
1Fの洋間では、メキシコ、イギリス、フランス、日本の家具、工芸品とともに、
フィンランド製のこの『スカイフライヤー』も使用されていました。
かっこいいなぁ。
素敵な空間にぐっときます・・・!
芹沢銈介の家』で、実際にご覧いただくことができますよ。