n-crafts×益子焼

ご報告が遅れました。このブログのエキシビション情報でもお伝えしたとおり、
5/31(土)~6/21(土)まで、メトロクス東京にて「n-crafts@metrocs」を開催致します。
内容は、伝統工芸を継承しながら新しい試みをしている作家作品や、一部の地域や店舗でしか見られなかった優良な工芸品をクローズアップし展示を行ないます。

今回の催事、これまでの催事と違い商品カテゴリーがかなり豊富です。
見ているどの商品も欲しくなってきます。

これはまさしく・・・毎年恒例の催事貧乏の始まりです(笑)

さてさて、そんな中、先日社長に同行し、今回の催事で扱う益子焼の産地栃木県に行ってきました。

まずは、益子焼きの中心核でもある『益子参考館』から。
1

ここは、「益子」の名を世界に知らしめた功労者、濱田庄司らが長い時間をかけて蒐集した陶磁器、漆器、木工、金工、家具、染織、その他の工芸品を展示・公開するために、自邸の一部を活用するかたちで1977年4月に開館した場所です。

2 これは浜田庄司の名言。知っている方も多いはず・・・。

2号館と3号館。西洋からアジアの蒐集品を展示しています。3

4

そして、ここがとある場所の入口。

どの建物も当時のものですが、造りがすごいです!!

 

 

そして・・・。

 

 

5

奥にはこんな建物が・・・!!

塩釉用の塩窯というものらしいです。

 

6

       こちらが、参考館名物、『登り窯』。とにかく大きくてびっくりしました。                       ※びっくりした気持ちを込めて、写真も大きくしてみました(笑)。

7

この日はあいにくの雨でしたが、自然に囲まれたとても美しい場所でした。きっと秋になったら紅葉が綺麗なんでしょうね。※デートスポットにもお勧めですよ!!

さてさて。。。続いては、道路沿いに発見したアンティークショップに寄り道。。。
8    中をのぞいてみると・・・。
10 9

 

とても素敵な空間です☆日本と、ヨーロッパの家具や食器が並んでいて、グラスなどは結構高いお値段でした。先日のマガタニさんのブログでも紹介があったように、メトロクススタッフはアンティーク好きが結構多く、こうした場所に立ち寄るとワクワクし、みんな目が輝きます。

・・・そんな事より、寄り道している場合じゃありません!!

今回の目的、催事に参加してくださる、益子焼作家の鈴木さんの工房へ向かいましょう。

鈴木稔さんは益子焼きの作家です。8角形や10角形の器に幾何学模様が入っていて、柄やカタチに特徴があります。何年か前には益子焼作家の中でも難しいといわれる大皿の製作に取り組み、個展で一躍注目を浴びました。

p5110044.JPG

これがその大皿です。。直径100㎝位あったと思います。すごい迫力です!!

          10     12

工房に到着。 中に入ると素敵な器が沢山ありました。実際に一つ一つ手にとると重さや厚さ色等、工芸ならではのそれぞれの個性があって、不思議と愛着がわいてしまいます。沢山の器の中から今回の催事で扱うものを選ばせて頂き、鈴木さんから沢山のお話を伺うことが出来ました。

 

       14  ご自身の造ったカップでコーヒーを飲む鈴木さん。

ちなみに私が頂いたコーヒーはこんな器でした。 13

鈴木さんは、益子焼のように温かみのある、気さくで優しい素敵な方でした。催事期間中、鈴木さんも来場されますのでお楽しみに♪ 詳しい来場日が決まりましたら、また報告しますね。

無口なアンティーク

やっと冬が終わって暖かくなると思ったら、夏を思わせるような暑~い日になったり…
かと思えばまたまた冬のような寒さに逆戻り…
地球温暖化の影響なのでしょうか…。
皆さん体調管理には気をつけてくださいね。

…自己紹介が遅れました!!

本日からブログに参加させて頂く事になりましたMETROCSルーキーの曲谷と申します。
マガタニと読みます。
マガリタニでもマガリヤでもありません。
マガタニです!!これから宜しくお願い致します☆

実家は古美術商、趣味は模様替え、好きなものに囲まれてワクワクハッピーライフを
送りたい2☆歳です。
育った環境に影響されてなのか、アンティークに心惹かれる傾向があります。

ドキドキしますよね。アンティークって。私よりも何年も長く存在しているんですから。
どんなところに居たの??
 この傷はどこで出来た傷?
聞きたい事が沢山ありすぎで見ているだけで
ワクワクしてしまいます。
(もちろん答えは返って来ないですけれど・・・)

さてさて、METROCSにもそんなアンティーク商品が並んでいるのをご存知ですか??

アンティーク1

アンティーク2 アンティーク3
BookStand 1970
RoomDivider 1969
Ceiling Lamp 60’s

※残念ながらRoomDividerは非売品です・・・。

みんな個性的ですねぇ・・・。
彼らは一体どんな歴史を辿ってきたのでしょうか。
耳をすませば、素敵な昔話が聞けるかもしれませんよ♪

無口なおじ様(おば様?)達ですが、是非会いに来てあげてくださいね!!
メトロクス東京でお待ちしております!

【n-crafts@metrocs】開催日時決定!

               n-crafts

METROCSでは、日本の伝統工芸品を以前から扱ってきましたが、多くのインポート商品の中に埋もれ、あまり目立たない存在でした。主にヨーロッパと日本の60~80年代のデザインプロダクトが多いなか、私たちも明確なすみわけが必要だと感じてきました。
そこで、日本の伝統工芸による優れた商品をあらためて見直し、新カテゴリー n-crafts@metrocs を立ち上げました。コンセプトはMETROCSの「良質な製品」に基づいた、小物類が中心です。生活をより豊かに彩る食器や布製品、知育玩具などを取り揃えました。具体的な展開として、リアルショップではエヌクラフツスペースを設け、オンラインショップは
単独コンテンツ(metrocs.jp/n-crafts/ )が、6月27日からスタートします。
しかしながら、これは単なるすみわけではありません。METROCSがインポートの経験で得てきた日本市場へのローカライゼーション(*)のノウハウを、今度は、日本の製品をヨーロッパで売るケースに応用するという近未来の目標も視野に入れています。
n-crafts の n には、next(次の)、new(新しい)、nippon(日本)、の意味が
こめられておりMETROCSが提案する新しいクラフトのかたちを、オリジナル商品をコアに取り扱っていきます。尚、エヌ クラフツで扱う商品は下記の基準にあった商品を選定しています。

・モダンデザインに通ずるモノ
・熟練した手仕事によってひとつひとつ丁寧に作られているモノ
・一点ものの作品ではなく、仕上がり具合が多少違っても量産が可能なモノ
・技術の伝承に留まらず、時代に相応しい新しい試みに挑戦した独創的なモノ
・生活の道具としても十分な機能を持ち、価格バランスに優れるモノ
・優良な工芸品にも関わらず、今まで一部の地域や店舗でしか見られなかったモノ

今回の新プロジェクトにあたり、さまざまな地方の色々な工房で、デザイナーや職人の方たちとの新しい出会いがありました。私たちがそれまで知らなかった多くのことやモノとの出会いもありました。
遠い昔を想い起こさせてくれながら、明日を感じさせる新しさがあり、その地方に根っこを張りながらも、遥かな国にある小さな街の人たちにも共感をもってもらいたい・・・・そのような想いを、全国各地を歩きながら私たち自身も強く持つようになりました。この連鎖が、静かな池に投じた石のように、広く繋がっていくことを願っています。

* ローカライゼーション:市場のための文化適合作業を指し、デザインや見せ方などを押し付けではなく市場にあった形で提供していきます。

【メトロクス東京】  東京都港区新橋6丁目18-2
2008年5月31日(土)~6月21日(土)  各日10時~19時
会期中:無休
※開催期間中は作家が来店されます。(東京店のみ)
【メトロクス札幌】  札幌市中央区大通西26丁目ARCビル1F
2008年6月27日(金)~7月21日(月)  各日11時~19時30分
会期中休業日:7月3日(木)、10日(木)、17日(木)

5月の定休日

メトロクス東京は日曜日、祝日が定休日です。

今月の定休日は、3~6日、11日、18日、25日です。

定休日をご確認の上、お間違えの無いようご来店ください。
皆様のご来店をお待ちしております。

パッシフローラ

ようやく雨が止みました。
晴れると心もウキウキしますね。

店頭のパッシフローラも日光浴です。

1

こちらのパッシフローラ、実際はどんな花なのか調べてみたところ、


2

・・・こんな感じ。

・・・似ても似つかないような・・・抽象的表現というのでしょうか・・・。
この作品を手掛けたのはラジカル時代(1960年代後半)の代表グループ「スーパースタジオ」の
ロベルト・ルッキとマルチェロ・ピエトラントーニ。
彼らは同年のイギリスのポップカルチャーの影響を受け、高所得層のみ選択することの許された
伝統的デザインを破壊するように、手法や建築を新たな視点から表現し、現代を変えようとする
挑戦的行動を起していました。
後に彼らの思想はラディカルアーキテクチャーと呼ばれ世界中の多くの建築家やデザイナーに衝撃を与えていたそうです。
エットレ・ソットサスやアーキズーム、アレッサンドロ・メンディーニなどもラディカル的思想に基づいています。
エットレ・ソットサスは後の80年代初め頃にミラノからメンフィスデザインムーブメントを立ち上げますが、「破壊」・「解放」というキーワードをニュー・インターナショナルデザインとして展開していました。

パッシフローラ、実は「キリスト受難の花」と呼ばれています。

3

時代の背景を映し出した60年代のイタリアへのメッセージなのでしょうか・・・。
見た目は可愛らしいけど、実は奥が深かったのですね。