エゴン・アイアーマンという人とSE18という椅子

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

みなさん、こんにちは。
学生時代は外国語としてのドイツ語を学んでいたメトロクス:タニです。
ドイツって素敵な国です。そんな国からこんなものを販売開始します。
エゴン・アイアーマン【SE18】。日本に登場です。

昨年、メトロクスが出会ってから約1年、いよいよ発売になります。
もしかすると、日本ではそれほど知られていないかもしれない、エゴン・アイアーマンは
ドイツでは有名な建築をいくつも手掛けているのですが、グーグルで検索してもあまり情報は
出ないので、ちょっとしょぼんとしてしまいます。
プロダクトではWILE+SPIETHから、いくつも椅子を発売しており
その一つがこの『SE18』。この椅子は、ページにもあるように、1953年にMoMAの
グッドデザインアワードを受賞した秀作で、氏の代表的な作品といえます。
他にもプレイウッドのチェアをデザインしており、『ドイツのイームズ』などと呼ばれるほど
DCWに似た『SE42』や、LCMに似た『SE68』も手掛けています。
など、話は尽きませんが今日はオフィスの書籍からのひとコマ。

図録≪ウルム デザイン≫≪エゴン アイアーマン 1904-1970≫より

SE32 SE68 SE18です。

いろんなところでSE18が。細かくチェックしないと確認できません。

当時の制作風景など。SE18の背の形状が若干ちがっています。また収納できる
簡易テーブルタイプも。なるほど。
そして、圧巻の・・・・

すごい。こんな仕事をやってみたい。出来るように取り組んでいきますので
どうぞご期待下さい。

追記:背・座は多色展開もあります。またフレームもブラックの全身ブラックタイプなど
(カスティリオーニのフォールディングチェアも格好いいですよね)
いろいろなご要望にお答えできますので、お気軽にお問合せください。
もちろん、店頭では展示中ですので、是非ご来店ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメント

  1. 樋口京子 より:

    ご担当者さま

    仕事の椅子を探していて、エゴン・アイアーマンに目がとまりました。
    肘掛けのついたタイプ SGB197R など
    今後、アイアーマンの椅子を入荷されるご予定はありますでしょうか?

    鎌倉在住なので、新橋までお伺いしたいと思っております。
    どうぞ宜しくお願いいたします。

     樋口京子

  2. tokyo より:

    樋口さま

    はじめまして。
    お問合せいただきまして、ありがとうございます。
    こちらの椅子でしょうか?
    http://www.wildespieth.com/drehstuhl6.html
    今後定番で扱う可能性はまだありませんが、
    お取り寄せは可能です。ただ、店頭での実物確認ができません。
    すこしお時間を頂きますがよろしければお見積させていただきます。

    また、今後も様々な商品を取り扱っていきますので
    メルマガの登録などを頂ければ幸いです。

    http://metrocs.jp/entry/kiyaku.php

    何かあればお気軽にお問合せください。

    メール tokyo@metrocs.jp

    メトロクス東京
    谷 俊介

コメントを残す

*

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>