催事情報

全色全仕様が一堂に! 期間限定イベントは8(火)まで

こんにちは、メトロクス・フクオカです。
ただいま、メトロクス東京では期間限定イベント「アカプルコシリーズ フラッグシップショップ」を開催中です。
アカプルコチェア、アカプルコロッキングチェア、アカプルコサイドテーブル、そして、新モデル アカプルコスツールが店頭に大集合しています。

01

続きを読む

マックス・ビルの会 レポート

こんにちは、メトロクス・ハマダです。
先日行われた「マックス・ビルの会」のレポートです!

 

千葉工業大学教授 山崎和彦さん率いる山崎研究室では、
モダンデザインの原点と言えるデザイナーや企業の活動をテーマにして、
実際の作品を見ながら、その分野をよくご存知の方にお話をいただき、
これからのデザインアプローチのヒントについてディスカッションするような
モダンデザインの会」を数年前より企画されています。
第一線で活躍するデザイナーさんやテーマに精通する方々が毎回参加されている会です。

第6回モダンデザインの会「マックス・ビルの会」

そして、第6回モダンデザインの会「マックス・ビルの会」は、
マックス・ビルのエキシビジョンを開催中のメトロクスで行われることになりました。

今回のゲストは武蔵野美術大学 名誉教授でもある 向井周太郎さん。
向井さんは早稲田大学を卒業後、ウルム造形大学に留学。
バウハウスを継承したウルム造形大学に留学した方としては、日本では数少ない存在です。
また、校長を務めたマックス・ビルと晩年まで交流があったそうなので
これは貴重なお話が聞けるのでは!?と鼻息を荒くして、当日を楽しみにしていました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
第6回モダンデザインの会「マックス・ビルの会」

日時: 11月02日(日)14:30-17:00(開場14:00)終了後は希望者で懇親会

場所:メトロクス東京

主催:千葉工業大学デザイン科学科山崎研究室
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、ではその様子を少しお見せします。

第6回モダンデザインの会「マックス・ビルの会」
2時間近くにわたり、熱弁してくださった向井さん

 

第6回モダンデザインの会「マックス・ビルの会」
マックス・ビルの作品をスライドで見ながら、そのデザインアプローチを紐解きます。

 

第6回モダンデザインの会「マックス・ビルの会」
お話しのポイントとキーワードを書き留めたポストイットが
スクリーンにどんどん貼られていきます。

 

第6回モダンデザインの会「マックス・ビルの会」
そこにマーカーで関係図が描かれ、いろんなキーワードが繋がっていきました。

 

第6回モダンデザインの会「マックス・ビルの会」
向井さん著の「デザイン学 (思索のコンステレーション)」からの一節もお話しにありました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
constellation〔r〕Rhythums / rhythm & Struktur / structure
[リズムの構造/構造のリズム]
マックス・ビルの数学的思考方法
パウル・クレーの形態の組織化とリズム ほか
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

第6回モダンデザインの会「マックス・ビルの会」
参加者のみなさんとグラフィック作品やプロダクトを鑑賞中。

 

この後には、さらに踏み込んだ内容のディスカッションも行われ、
「マックス・ビルの会」は終了しました。

ご来場いただいたみなさま、ご協力いただいたみなさま、誠にありがとうございました。

 

———————————————————————————————————————————–

 

造形の手段としての「構造」という概念をはっきりと表したのがマックス・ビル。
その構造は「数学的思考方法」という言葉で表現されていましたが、
数字を直接利用する難しいものではなく、視覚的に捉えることのできる「数学」です。

他の言葉に置き換えるならば、リズム・法則性・連続性・・・といったところでしょうか。

第6回モダンデザインの会「マックス・ビルの会」
こちらはマックス・ビルの15のバリエーションの原画。
中央から正三角形を描きながら、最後の一辺を90度(正方形の1角の角度)に開き、
そこから正方形を描きながら、最後の一辺を108度(五方形の1角の角度)に開き、
そこから五角形を描きながら、最後の一辺を120度(六方形の1角の角度)に開き、、、、
といった具合に、法則にのっとって、連続させていった図画です。

 

マックス・ビルの会
さきほどの原画を基に、さまざまな法則やリズムを加えることで、
15のバリエーションができていきます。
それぞれにはどういった法則(ルール)が見えてきますか?

キーワードは「連続」「展開」「発展」です。

 

マックス・ビルの会
15のバリエーションのうち、「バリエーション1」「バリエーション12」は、
2007年にポスターとして復刻。
マックス・ビル ポスター  3,780円は、こちらからご購入いただけます。
オンラインショップ

 

マックス・ビルの会
こちらは今回の会でも配られた資料の中にあった1枚。
マックス・ビルの自邸の写真ですが、手前に見覚えのあるポスターが!

 

第6回モダンデザインの会「マックス・ビルの会」
そう、今回のエキシビジョンで展示されている「galerie wolfgang ketterer münchen」です。
その他にも多数のポスターを集めましたので、ぜひ、ポスターとにらめっこして、
グラフィックの中にあるその数学的な法則性を見つけてみてください!

その他のグラフィックポスターはこちら

 

Graphics マックス・ビルと暮らす。展は、11月15日(土)までです。
現物をご覧いただけるまたとない機会です。みなさまのご来場お待ちしております。

 

おまけ
実は第4回モダンデザインの会「ディーター・ラムスの会」もメトロクスで行ったんですよ。
そのときの様子はこちらから。
【ディーター・ラムズの会】が開催されました

ピエール ポラン×坂茂×シャネル 「ピエール ポラン – デザイン フォーエバー」

こんにちは。
メトロクス・オノデラです。
本日は、展覧会のお知らせ。

本日9月2日(火)~9月26日(金)まで、
CHANEL GINZA 4階にある「シャネル・ネクサス・ホール」にて
日本初のピエール・ポランの展覧会
「ピエール ポラン – デザイン フォーエバー」が開催されています。

ピエールポランデザインフォーエバー

シャネル・ネクサス・ホール」は、
CHANELの創始者であるガブリエル・シャネルの精神を受け継ぎ、
展覧会などのイベントを定期的に開催している場所です。。

この展覧会は、佐藤絵子 氏によるキュレーションで、
会場構成には、先日プリツカー賞を受賞したことで知られる
世界で活躍する日本人建築家 坂 茂 氏 と
照明デザイナーの石井 リーサ 明理 氏 を迎えるという、
なんとも贅沢な展示空間となっています。

ポランの代表的な作品であるアーティフォート社
タンチェアやマッシュルームチェア、グルービーなどに座りながら、
展示をたのしむことができますよ。

展示の空間は、画像を撮影することができなかったので、
ぜひご興味のある方は行ってみてください!

シャネル・ネクサス・ホール
東京都中央区銀座3-5-3シャネル銀座ビルディング4階
9月2日(火)~9月26日(金)
12:00~20:00
入場無料・会期中無休

図録も見応えたっぷりです。
図録

実は、今回展示されている、Artifort社の椅子は、
メトロクスからお貸し出しさせていただき、
協力させていただいていただきました!
図録にも、Special thanks として、掲載していただいております!

ということもあり、
昨日は、ギンザ シャネルにてレセプションパーティーが開催され、
メトロクススタッフもご招待いただきました。
銀座シャネルビル10Fの BEIGE というフランス料理店にて。
なかなか、シャネルのパーティーにお伺いできる機会はないので、
スタッフ全員で、ドキドキしながら参戦・・・。

レセプション
左から、ピエール・ポラン婦人のマイヤ・ヴォヅィスラヴスカ・ポランさん、
メトロクス・与田、メトロクス・下坪。

シャネルの皆様、とても貴重な体験をさせていただき、
どうもありがとうございました。

また、こちらの展示会の会期終了後に、
今回の展示のキュレーションを行った佐藤絵子氏により、
『佐藤亜土 x ピエール・ポラン 「フォルムを生み出す天才児たち」展』という展覧会が、
代官山にあります AL にて開催される予定です。

おもに60年代~90年代に強作を生み出し、
ニューヨークのMoMAにその傑作が収蔵されている二人、
佐藤亜土とピエール・ポランが生み出した
日仏アート&デザインの結晶を紹介する展覧会です。

こちらも合わせて、ぜひ行ってみてください。
この秋は、ピエール・ポランにたくさん触れることができますよ。

AL
東京都渋谷区恵比寿南3-7-17-1F
2014年9月29日(月)~10月13日(月)
11:00~19:00(最終日 17:00まで)
入場無料・会期中無休

おまけ

最後に、メトロクスで製造販売している、
ピエール・ポランデザインの
F031デスクおよびF061サイドボードのリーフレットが
合わせて完成しましたよ。
さっそく、全国の販売店さまやお客様にお届けです!!

渋谷ヒカリエ ShinQs 5階 「Craft Bureau(クラフト ビューロー)」 出店中です!

みなさんこんにちは。メトロクス:タニです。
先日のクラフトブログでもご紹介させて頂きましたが、
只今渋谷ヒカリエ ShinQs 5階にある「Craft Bureau(クラフト ビューロー)」
というスペースに出店中です。僕も初日と日曜・月曜日の3日間売り場に
立っていました。やっぱり大勢のお客様が来店され、今までメトロクスを
ご存じなかった皆様へご案内することができ、とても嬉しく思っています。

本日で会期6日目ですが、既に初日とはディスプレーと展示を変えています。
何度いらっしゃっても楽しんでいただけるようにしていますので、
いつもメトロクスへお越し頂いている皆様も、また、中々新橋まで来れないという
皆様も、渋谷駅と直結している、ヒカリエまで是非足をお運びくださいね。

お店の様子をちょっとご覧ください。
ヒカリエ クラフトビューロー 初日
初日の様子。アカプルコチェアリキスツールウルムスツールを正面に。

そして、日曜日の入れ替え後。
ヒカリエ クラフトビューロー 入替
がらっと雰囲気が変わります。また、タイミングを見て入替していきますので、
お楽しみに。

ヒカリエ クラフトビューロー 芹沢風呂敷 芹沢カレンダー 2014
芹沢風呂敷や、大人気の2014年度カレンダー。まだまだ在庫もあります。

ヒカリエ クラフトビューロー リミニブルー
リミニブルーシリーズ。今年復刻された、ブタハトなどもあります。

ヒカリエ クラフトビューロー ボビーワゴン
もちろん、ボビーワゴンも。日本限定カラーのベージュと2013年の新色トルネードグレーを展示。
カラーサンプルも持って行っていますので、その他のカラーもお選びいただけます。

ヒカリエ クラフトビューロー エレノア・プリチャード
こちらも今年から取り扱いを開始した、エレノア・プリチャードのブランケット。
ヒカリエにはサンプルで入荷した定番以外のデザイン・サイズのものが
数種類各1点づつあります。お早目にどうぞ。

会期は10/9(水)までとなっています。皆様のご来店をお待ちしております。