エキシビション

渡辺力 ポップアップショップ開催

こんにちは、メトロクス・タカダです。

この度、メトロクス東京店では、日本のデザイン黎明期に革新をもたらしたデザイナーの一人、渡辺力氏のデザインプロダクトを一堂に会したポップアップショップを開催いたします。期間は8月19日(土)から9月30日(土)迄となります。

01-min

デザインという言葉がまだ十分に浸透していなかった戦後日本で、いち早くフリーランスのデザイナーとして個人事務所を開き、確固たる自覚と主張のもとデザイン活動を展開した渡辺力氏。

当イベントでは、氏の定番プロダクトをご購入いただけるほか、今年6月に復刻されたばかりの「リキモビール シャンブル」、2017年秋発売予定の「リキローマンクロック」を展示販売いたします。※「リキローマンクロック」は予約販売となります。

また、これまでに手掛けたプロダクトのコレクションや廃番リストウォッチのアーカイブ、名作プロダクトの図面など、貴重な資料をあわせてご覧いただくことができます。

今回のイベント開催に際し、特別にコレクションの中から氏が手掛けたランプシェードをペンダントランプとして販売、3点限定でご用意いたします。さらに、氏が生前に残した直筆サイン入りの「アルミニウムクロック」を10点限定で販売いたします。

尚、イベント期間中、渡辺氏が手掛けたアイテムを1万円以上ご購入いただいた方には、特典として「ユニトレイ」を進呈いたします。

02-min
リキモビール シャンブル]16,200円(税込)~
ショールームやホテルのラウンジの設計に多く携わっていた渡辺力率いるQデザイナーズは、1976年に新橋第一ホテルのメインバー「シャンブル」の設計を手掛け、氏が最も愛した素材である「銅」のモビールがバー空間に採用された。2017年、メトロクスより復刻生産された。

03-min
[アルミニウムクロック(直筆サイン入り)※10点限定]27,000円(税込)
20世紀のプロダクトデザインに大きな影響を与えたイームズ夫妻と親交の厚かった渡辺力氏が、1978年に夫妻に贈呈したウォールクロックを製品化。現在は廃番となっている当製品、今回は特別に氏が生前残した直筆サイン入りを10点限定でご用意。

04-min
ユニトレイ ※1万円以上ご購入で進呈]
機能をミニマルに表現したステンレス製トレイ。程よい深さとカーブを描く縁のフォルムが使いやすく、多くのショップでマネートレイとして使用されている。2001年度グッドデザイン賞受賞。

【一部コレクション紹介】
05-min
ヒモイス(1952年)
氏の処女作として有名なプロダクト。ローコストであることにこだわった名作。

06-min
トリイスツール(1956年)
籐素材と鳥居型のフォルムが「和」を感じさせる名作スツール。夏向けと考えられていた籐家具のイメージを一新させた渡辺力氏の渾身の作。

07-min
キャスロン101(1964年)
カメラ用シャッターとモーター技術を応用して作られたリーフ式の置時計。キャスロンと呼ばれる書体を用いおり、それが商品名にもなっている。

08-min
モビール・ブリアン(1975年)
氏が1971年にインテリアを手掛けた、京王プラザホテルのメインバー「ブリアン」30周年の際に寄贈されたモビール。

【デザイナー紹介】
09-min
渡辺 力[1911-2013]
1911年東京生まれ。1936年東京高等工芸学校(現 千葉大)木材工芸科卒業後、ブルーノ・タウトが指導をしていた群馬県工芸所を経て、1949年渡辺力デザイン事務所を設立。1952年ローコストの椅子 「ヒモイス」 で注目を集め、1957年、トリイスツールと円形センターテーブルがミラノトリエンナーレで金賞を受賞する。1972年にデザインした日比谷第一生命のポール時計が代表作として広く親しまれている。戦後日本のデザイン黎明期に革新をもたらしたパイオニア的な存在である。

場所:メトロクス東京店
期間:2017年8月19日(土)〜9月30日(土)
特典:渡辺力デザイン商品税込10,800円以上購入でユニトレイを進呈します。
限定品1:渡辺力直筆サイン入り「アルミニウムクロック」27,000円(税込)[限定10点]
限定品2:渡辺力デザインのランプシェード21,600〜27,000円(税込)[限定3点]※ペンダントランプとして販売します。

はじまりました「COLLECTION MARKET オールド切子と建築・デザインの本 2016」

こんにちは。
メトロクス・タカダです。
 
先週末から始まった「COLLECTION MARKET」、初日から多くのお客様に
お越し頂き誠にありがとうございます。
 
企画テーマは「オールド切子と建築・デザインの本2016」。
その名のとおり、昭和30年代から40年代に生産された趣のある江戸切子や、
なかなか手に入れることができない、珍しい古書を一堂に会しました。
 
店内の様子を少しだけご紹介いたします。
 
05
 
04
 
02
 
01
 
ちなみに、今回も「domus」が、大変お買い得になっております。
image_01_03
なんと、1冊¥1,080(税込)でご購入いただけます。
おかげさまで、徐々に残りが少なくなってまいりました。
気になっていらっしゃる方は、お早めにどうぞ。
 
また、オールド切子をご購入いただき、お会計の合計が3,000円(税抜)以上
となりましたら、もれなく、花切子のショットグラスをお一つプレゼントいたします。
 
0000111
※色や形が実際と異なる場合がございます。あらかじめご了承ください。
 
 
さて、少しだけ、おすすめ商品をご紹介いたします。
まずは、書籍から。
 
18
◆世界デザイン会議議事録 WORLD DESIGN CONFERENCE 1960 IN TOKYO(美術出版社)
¥21,600(税込)
 
11
 
12
 
1960年、東京・大手町産経会館で開催、坂倉準三をはじめとした、建築・デザイン界の
主要人物が実行委員を務めた、世界デザイン会議の議事録です。
この会議は、戦後日本の建築・デザイン史から見ても、大変重要な出来事となりました。
世界デザイン会議主催が編集を行い、1961年に美術出版社が発刊されたのがこの議事録。
坂倉準三の書き出しから始まり、国内外の著名な建築家・デザイナーの講演とそれに対する
ディスカッションの記録が記されている貴重な一冊です。
 
 
オリムピックと競技場_内
◆オリムピック競技場
¥10,800(税込)
 
1936年、ドイツ・ベルリンで開催された夏季オリンピック大会、当時の競技場や選手村、
オリンピックに関する施設や周辺環境の構造などを写真と図面で解説している、昭和12年に
発行された本です。
そして、サブタイトルに「12回東京大会建築施設計画試案」とありますが
当時予定していた1940年に開催する東京オリンピックの会場設計はこうしたらどうでしょうか、
という試案が収録されています。
もちろん、第12回東京オリンピックは残念ながら、頓挫してしまいますが。
 
06
 
07
 
 
第十一回オリンピック大会と競技場_内
◆第十一回オリンピックと競技場
¥10,800(税込)
 
そしてこちらも、同様にベルリンオリンピックとその関連施設について写真と図面で
解説しているものです。どちらも、カバー付きで、年月が経っている割には
大変状態がよく、本体の痛みが少ないです。
綴じがリング式だったことが良かったのかもしれません。
 
09
 
10
 
 
続いて、オールド切子のご紹介。
 
15
◆小物入れ 青
¥3,780(税込)
 
幾何学的でシンプルな小物入れ、観葉植物を生けたり、キャンドルホルダーとして
お使いいただくのに最適です。
 
14
 
さらに小さいタイプもございますので、ペアでお使いいただいても
おもしろいです。
 
 
16
◆大皿 赤
¥3,240(税込)
 
こちらはらせん状のラインと、植物の模様が特徴的な大皿です。
パスタ皿として、お使いいただくにはちょうどいい大きさです。
切子の器で、涼しげに冷製パスタなど盛り付けてみるのはいかがでしょうか。
 
 
17
◆中鉢 青
¥9,720(税込)
 
そして、こちらは中鉢。サラダボウルはもちろん、これからの季節、そうめんを
盛り付けて、見た目にも涼しく召し上がっていただけます。
 
 
他にもご紹介したい切子や古書はありますが、この他のアイテムについては
ぜひ、店頭でお確かめください。
一期一会の出会いとなるかもしれないお気に入りのアイテムを見つけてください。
 
お店にいらっしゃるのが難しい方、会期中はfacebookやtwitterなどで
情報を発信していきますので、ぜひこちらもご覧ください。
お電話やメールでのご注文も承っております。
 
 
気になるものがございましたら、まずは、ご連絡ください。

ポスター好きな人の為のコレクションマーケット その2

コレクションマーケット

こんにちは。
メトロクス・タカハシです。
先週から開催中の「コレクションマーケット ヴィンテージポスター」
1週間が過ぎました。新たにポスターも入荷して品揃えも充実してきましたので、
今週もご紹介したいと思います。
今回は、70種を超えるポスターの中でもメトロクスのおススメをピックアップ!

フランク・ロイド・ライト
こちらはフランク・ロイド・ライト設計のオーク・パークの自邸ダイニングルームに
施された装飾をモチーフとしたポスターです。
現在も海外で販売されているものですが、
こちらは1977年にフランク・ロイド・ライトホーム&スタジオ財団によって
発行されたデッドストックのポスターです。

実際のオーク・ランドの装飾は以下のサイトでご覧いただけます。
http://www.houzz.jp/photos/2120915

「Frank Lloyd Wright dining room ceiling grille」
◆デザイン:フランク・ロイド・ライト(1977)
◆サイズ:W395×D767mm
◆状態:経年による痛みも少なく良好です。
◆価格:¥10,800(税込)

フランク・ロイド・ライト
現行品には一番下の「FRANK LLOYD WRIGHT HOME AND STUDIO」の
表記が入っていません。

フランク・ロイド・ライト
同じシリーズで別パターンの「Frank Lloyd Wright playing room ceiling grille」も
入荷しています。 サイズ、価格ともに「dining room ceiling grille」と同じ価格で
ご案内しています。

マーク・ロスコ
抽象画の代表的な作家でもあるマーク・ロスコのポスターも入荷してきています。
こちらはグッゲンハイム美術館で販売されていたものです。
厚手の上質紙にプラントされていて経年変化はあるものの発色はまだ鮮やかです。

「Mark Rothko guggenheim museum」
◆デザイン:マーク・ロスコ
◆サイズ:W660×D870mm
◆状態:四隅に画鋲の跡がありますが全体的には良好です。
◆価格:¥7,560(税込)

また、マーク・ロスコのポスターはこの他、以下5点が入荷しています。

マーク・ロスコ
この3点は1995年に川村記念美術館で開催されたマーク・ロスコ展で
販売されていたポスターです。

「Mark Rothko(右端)」
◆デザイン:マーク・ロスコ(1995)
◆サイズ:W530×D840mm
◆状態:全体的にシミが目立ちます。
◆価格:¥4,320(税込)

「Mark Rothko(左端、中央)」
◆デザイン:マーク・ロスコ(1995)
◆サイズ:W457×D840mm
◆状態:日焼けしていますが全体的には良好です。
◆価格:¥5,400(税込)

マーク・ロスコ
右は1988年、ワシントンのナショナルギャラリー発行の
ファーストエディションのポスター。
左は同年、ロスのミュージアムオブコンテンポラリーアート発行の
サードエディションのポスターです。

「Mark Rothko national gallery(右)」
◆デザイン:マーク・ロスコ(1988)
◆サイズ:W770×D1405mm
◆状態:画鋲の跡がありますが全体的には良好です。
◆価格:¥9,720(税込)

「Mark Rothko museum of contemporary(左)」
◆デザイン:マーク・ロスコ(1988)
◆サイズ:W765×D1105mm
◆状態:全体的にシミが目立ちます。
◆価格:¥7,560(税込)

ONEbyONE
日本デザインコミッティ主催で行われたコミッティメンバー近作展の
宣伝ポスターです。1995年に松屋銀座で開催されデザインを手掛けたのは
グラフィックデザイナーの佐藤晃一です。
丁度サイズの合うフレームがあったので額装して展示してみました。
ラスコのポスターもそうですが、サイズが大きいので額装して床に直置きで
飾っても良いですね。

「第500回デザインギャラリー ONE by ONE」
◆デザイン:佐藤晃一(1995)
◆サイズ:W730×D1030mm
◆状態:経年変化も少なく良好です。
◆価格:¥8,640(税込)

マックス・ビル
同じく、マックス・ビルのポスターもフレームに入れて展示しています。
マックス・ビル
右はジャズ好きの間では有名なモントルーのジャズフェスティバルの
1991年のポスター。左は1977年のアムネスティインターナショナルの
キャンペーンポスターです。

「max bill 1991, Jazz Fes(右)」
◆デザイン:マックス・ビル(1991)
◆サイズ:W700×D1000mm
◆状態:経年変化も少なく良好です。
◆価格:¥44,280(税込)

「max bill 1977, Amnesty(左)」
◆デザイン:マックス・ビル(1977)
◆サイズ:W610×D830mm
◆状態:経年変化も少なく良好です。
◆価格:¥42,552(税込)

※こちらのみ両方ともフレーム込で販売しています。

マックス・ビル
こちらもマックス・ビルのポスターです。
1987年にチューリッヒ造形美術館で開催されたル・コルビュジェの
展示会ポスターをマックス・ビルが手掛けたものです。

「L’ESPRIT NOUVEAU」
◆デザイン:マックス・ビル(1987)
◆サイズ:W900×D1280mm
◆状態:経年変化も少なく良好です。
◆価格:¥19,440(税込)

伊坂芳太郎
伊坂 芳太良がオリヴェッティの加算機「スンマ19」のために手掛けた、
サイケデリックなポスターです。もの珍しげに覗き込む人々を独特の
繊細なタッチで描いています。

「Summa19」
◆デザイン:伊坂 芳太良(1970)
◆サイズ:W740×D1250mm
◆状態:経年変化も少なく良好です。
◆価格:¥23,760(税込)

Olivetti Italia
オリベッティのインターナショナルキャンペーンで作られた連作のポスターです。
今回、計7か国のキャンペーンポスターを用意しており、こちらは「イタリア」です。
デザインは同社のロゴデザインで知られるウォルター・バルマーです。

「Olivetti Italia」
◆デザイン:ウォルター・バルマー(1975)
◆サイズ:W485×D680mm
◆状態:経年変化も少なく良好です。
◆価格:¥35,640(税込)

Olivetti international
その他のシリーズはこちらの6点です。
上段:左からブラジル、ドイツ、イギリス
下段:左からスペイン、アメリカ、オーストラリア
(シリーズ通して同じ価格、サイズです。)

フォロン
こちらは、1969年のリエージュの建築シンポジウムのポスターです。
デザインはジャン=ミシェル・フォロンで彼のイラストに度々登場する
矢印のキャラクターが描かれています。

「apiaw colloque d’architecture liege 24-25 octobre 1969」
◆デザイン:ジャン=ミシェル・フォロン(1969)
◆サイズ:W525×D685mm
◆状態:上端に一部破れがあります。
◆価格:¥16,200(税込)

ピントーリ
オリベッティのポスターデザインを多く手がけている
ジョバンニ・ピントーリのポスター。こちらは初日に完売しましたが、
幸運にも仕入先にもう1枚在庫が残っていると情報が入り、追加で入荷しました。

「Eletrosuuma23」
◆デザイン:ジョバンニ・ピントーリ(1956)
◆サイズ:W700×D500mm
◆状態:経年変化も少なく良好です。
◆価格:¥41,040(税込)

また、ピントーリのポスターはこのほか、以下の1枚もおススメです。
ピントーリ
「PRIMA 20」
◆デザイン:ジョバンニ・ピントーリ(1960)
◆サイズ:W685×D485mm
◆状態:経年変化も少なく良好です。
◆価格:¥41,040(税込)

フランコ・バッシ
こちらはフランコ・バッシのデザインした連作のポスター。
当初は5種類ありましたが、2枚が販売となり残り3点になります。
コンディションはあまり良くなく、染みが目立つものもありますが、
広い余白によってリトグラフのデザインが引き立っていてカッコいいです。

「Informazione come segno(記号の情報)」
◆デザイン:フランコ・バッシ(1972)
◆サイズ:W500×D700mm
◆状態:端に皺がありますが全体的には良好です。
◆価格:¥8,640(税込)

フランコ・バッシ2

「Informazione come suono(音の情報)(右)」
◆デザイン:フランコ・バッシ(1972)
◆サイズ:W500×D700mm
◆状態:塗料の染み、シワがあります。
◆価格:¥8,640(税込)

「Informazione come colore(色の情報)(左)」
◆デザイン:フランコ・バッシ(1972)
◆サイズ:W500×D700mm
◆状態:シワ、端に破れがあります。
◆価格:¥8,640(税込)

今回ご用意したポスターで額装をご希望のお客様には別売りで
フレームをオーダーできます。インテリアに合わせて、アルミフレーム、
木製フレームからお選び頂けるようになっています。

会期は2月6日(土)まで続きますが、遠方でご来店が難しい場合、
お電話やメールでもご注文を承っております。
今回、ご紹介していないポスターについてもお問い合わせを頂ければ詳細情報を
ご連絡致しますので、お気軽にお問合せ下さい。

◆メール:tokyo@metrocs.jp
◆お電話:03-5777-5866

ポスター好きな人の為のコレクションマーケット

こんにちは。
メトロクス・タカハシです。

先週の土曜日から始まったイベント、コレクションマーケット
初日から多くのお客様がお越し下さり盛況な一日となりました。
昨日の雪が初日にぶつからなくてよかったとちょっと安心しています。

コレクションマーケット

コレクションマーケット
さて、今日で3日目となりました。
今回、計78枚のポスターが店頭に並びますが、
数が多いので今回は一部のみ広げて展示して残りは筒状のままで展示をしています。
初日で壁に広げているポスターも販売となり、展示も入れ替わっています。

コレクションマーケット
ポスターの展示は壁にクリップで留め、カジュアルな感じに。
2014年の「Graphics マックス・ビルと暮らす。」の時は
全てのヴィンテージポスターを額に入れて展示しましたが、
今回のコンセプトは気軽に楽しめる蚤の市のようなイベントということもあり、
簡易的な方法を取りました。実際に紙質やインクの乗りなどの風合いを
触って確かめるのもヴィンテージのポスターを選ぶ上で重要なところだと思います。

IMG_3412

カタログ2
今回、店内には出品ポスターのカタログを用意しています。
めくるとそれぞれのポスターの情報やコメントが記されているので、
この中から気に入ったポスターや実物を見てみたいポスターが見つかったら
広げて実際にお見せしますので、スタッフにお声かけください。

カタログ
コレクションマーケット
そして店内にはポスター以外にもステーショナリー類も展示しています。
今回、オリベッティのポスターが多いので、それに合わせてオリべッティで
発行されたジャン=ミシェル・フォロン デザインのノート、アートボードや
マルチェロ・ニッツォーリのペーパーナイフ等も一緒にいかがでしょうか?

6
ポスターの詳細は特設サイトでもご覧いただけます。
また、インスタグラムフェイスブックでも各ポスターを紹介していますので、
そちらも合わせてご覧ください。