アカプルコサイドテーブル

アカプルコチェア スペシャルエディション登場!

こんにちは、メトロクス・フクオカです。

外出自粛が続く中、いかがお過ごしでしょうか?

メトロクスでは実店舗はお休みをいただいておりますが、オンラインショップは一部サービスを除いて通常営業中です。

本日はリビングのくつろぎ空間に取り入れていただきたい、アカプルコチェアのスペシャルエディションをご紹介します。

ac443207

続きを読む

アカプルコチェアで作るモノトーンインテリア

こんにちは、メトロクス・フクオカです。
昨日の寒さから一転、今日は過ごしやすい気候の東京です。

0410アカプルコ01

さて、本日ご紹介するのはこれからの季節、ぐんぐんと人気を増すアカプルコチェアシリーズです。メキシコのポップで鮮やかな印象が強いシリーズですが、エクステリアではなくインテリアとして選ばれる場合、モノトーンで無難なブラックやホワイトが定番人気です。

 
続きを読む

最大60%OFF ウィンターセール開催中

DSC_1062

こんにちは、メトロクス・タカダです。

気づけば、2016年も残りあとわずか。1ヶ月を切りましたね。毎年のことながら、あっという間で恐怖すら覚えます。
皆様、いかがお過ごしでしょうか。

続きを読む

メトロクス撮影隊出動!アカプルコチェアのスタイリング編

こんにちは。
メトロクス・オノデラです。

さて、本日は、メトロクス裏舞台編。

先々週の日曜日、
メトロクス撮影部隊メンバー フクオカ、タカハシ、タカダ、オノデラで、
アカプルコチェアのイメージカットを撮影しに行ってきました!

撮影場所は、閑静な広尾の住宅街に佇む、
緑あふれる庭付きのハウススタジオです。
朝の7:45に新橋のメトロクスに集合し、
ハイエースとADバンの2台の荷室に
ぱんぱんに荷物を積み込んで、いざ出発。

スタイリングは、毎度お世話になっている、中田由美さん。
撮影も、毎度お世話になっている、髙橋正敏さん。
朝早くから、いつもありがとうございます!

今回撮影したのは、3カット。

まずは、サンルームでのカラフルな室内カット。

00

01

02

ちりばめられた個性的な陶器のベースは、
イタリアの陶器メーカー BITOSSI(ビトッシ)のリエディションシリーズ
メトロクスが、こっそり倉庫に保管しているコレクション!

その他の小物は、MOODA SOAME さん。on the shore さんにご協力いただきました。
ありがとうございます!

2カット目は、スタジオの庭で撮影したさわやかなカット。

03

夏の木陰で、アカプルコチェアに座って、
冷たい飲み物を飲みながら、読書して、気がついたら昼寝していた・・・
なんて、贅沢な休日を過ごしたいものです。
日差しの気持ち良い季節が待ち遠しいですね。

04

撮影の合間のなごやかな時間。
おなじみのお二人。
左:ロシア帽子のスタイリスト中田さん。
右:パナマハットのカメラマン髙橋さん。

3カット目は、冬をイメージしたカット。

夏のイメージが強いアカプルコチェアは、
冬の室内でも違和感なくご使用いただけるんですよ。

05

06

ふかふかのシープスキンと、温かいお茶とともに、
リラックスタイムを演出です。
ティーポットとマグカップは、メトロクスでも取扱中の
荻野克彦さんデザインのモデラートシリーズです。

この冬のカット撮影中に気になっていた、
壁に貼って使用されていた写真は、
スタイリスト中田由美さんのお友達
オランダ出身のフリーランスのフォトググラファー
Nik van der Giesen さんが撮影したものなのだそう。
Nik さんは、アムステルダムでグラフィック・コミュケーションデザイナーを経て、
2011年より東京へ移住し、現在は東京でご活躍されています。
Nik さんのウェブサイトインスタグラムはこちらから!
とても素敵なのでぜひご覧になってみてください。
WEB nvandergiesen.com
Instagram @nvdg81

また、小物は、メトロクス東京のご近所 西新橋に事務所を構える、
ロイヤルファニチャーコレクションさんにもご協力いただきました。
ありがとうございました!

撮影したイメージカットは、
メトロクスの商品カタログやアカプルコチェアのリーフレットに使用します。
近々、webにもアップ予定です。

どうぞおたのしみに!

アカプルコチェアの検品に行ってきました。

こんにちは。
メトロクス・タカハシです。

今日は裏方の話です。
先日、メキシコからのコンテナが入港しアカプルコチェアが大量に入荷してきました。
毎回、お馴染みですが入荷に合わせてメトロクススタッフ数名で検品を行っています。

メトロクスには社用車がない為、レンタカー屋で白い大型のバンを借り、倉庫へと
向かいます。

移動中
新橋から車を走らせること約1時間…

移動途中
途中、大きな橋を超え、アカプルコチェアが待つ倉庫へ向かいます。
その日は天気もよく、仕事で無かったら絶好のドライブ日和でした。

そして徐々に景色が変わりはじめ工場地帯に突入します。

移動途中

移動途中
最近は工場夜景が一部でブームとなっており、工場夜景を回るクルージングツアー
とかもあるみたいですよ。
この辺りの工場地帯もおそらく、人気なのでは?

そうしているうちに、倉庫に到着しました。
いつものごとく、アカプルコチェアが山盛りです。
倉庫内

倉庫内

倉庫内

この日はアカプルコチェアの他にアカプルコサイドテーブルのガラス天板も入荷して
いますので、そちらにも傷がないか一枚一枚検品していきます。
倉庫内

検品を進めていくと、数台やや問題ありのチェアが見つかりました。
アカプルコロッキングチェアB品
このロッキングチェアなどはよく見ないと分からないかもしれませんが、若干座面が
右に傾いており、座った時に少しだけ違和感があります。

アカプルコチェアはメキシコでクラフトマンが手作業で作っているので、時々こうした
ものが出てしまうのですが、それでもこのチェアを定価でお出しするわけには
行かないので丁寧に確認を行いはじいていきます。

通常のご使用に特に危険や問題がないものはセールの時に
アウトレット特価品として販売することもあり、現在開催中の
スペシャルセールでもいくつかそういったアイテムを出させて頂いています。

全ての入荷分をしっかり検品し終えた頃には帰り道はもう夕暮れ。
検品が早く終わったら帰りにコンビニで甘いモノを買うのが
メトロクス流なのですが、この日はスムーズに作業も終わりご褒美を
獲得することができました。

小野寺先輩ごちそうさまでした!
帰路