カートンファニチャー

プロのスタイリングと撮影について

こんにちは、メトロクス・タカハシです。

スタジオ
3月15日の日曜日、メトロクスメンバーは
いつもお世話になっているスタイリストの中田さんと
カメラマンの髙橋さんにお願いし、商品撮影を行いました。
のっけの画像はスタジオで取ったスナップです。

今回、撮影となったのは長大作と渡辺力のプロダクトの数々です。
前回のマックス・ビル ラグの撮影の時と同じようにメトロクスを飛び出し
撮影スタジオに行ってきました。

今回の場所は目黒の鷹番にあるレンタルスタジオまで。
メトロクスのある新橋からだと都内は大体どこでも30分程度で
行けちゃうんですよね。 そういう所は新橋の良いところ。

スタジオ
スタジオ内は既に小物やグリーンがハイセンスに置かれ、雰囲気があります。

撮影準備
先ずは全員でメトロクスから持ってきた小道具となる小物たちを開梱していきます。
写っているテーブルや椅子は元々スタジオにあった家具たちで今回は使用しません。
撮影がひと段落ついたころに、奥にあるコーヒーメーカーで一服することができました。

撮影準備
今回は長さんや力さんがテーマのため、リキクロック多め。
そこにマーク・ニューソン清岡幸道のマグ等、ソリッドな要素が加わります。

スタイリング中
手前がスタイリストの中田さん、奥にいるのがカメラマンの髙橋さんです。

まずはパーシモンチェアマッシュルームベーステーブルからスタイリング開始です。
何度か撮影に立ち会っていますが、普段見慣れているプロダクトがプロの手にかかり
輝きだす瞬間は何度見ても飽きないなぁーんて思ってたら、、、

スタイリング
あれよあれよと仕上がっていきます。
カトラリーは柳宗理、清岡さんのスープボウルにはパンや
イッケンドルフにはシリアルが入っています。
テーマは朝ごはんでしょうか?

スタイリング
ちょっとひいてみると全体はこんな感じです。

パーシモンチェアは低座椅子や中座椅子などのイメージがあるからか
どことなく「和モダン」っぽい雰囲気があうのかなと思っていましたが、
改めてみると違いましたね。
いくらでも応用が利くみたいです。

今日の撮影に立ち会ったことで、一番感じたことは
やっぱり「この家具はこういうインテリアにあう。」とか
思い込んじゃ駄目ということ。

色んな情報やイメージに惑わされず、自分の感性に素直に従いながら
家具を選んでいきたいし、お客さんにも選んで貰いたいです。

そういう意味でもこういうイメージカットがあると選択の幅が
広がるんじゃないでしょうか?

※実際のイメージカットは別の角度から撮影を行って
もっとかっこいい仕上がりになっています。

スタイリング
他にもこの日はソリッドスツールリキモビール、、、アイアーマンもありますね。

スタイリング
そしてカートンファニチャーの撮影も行いました。

残りは完成したリーフレットとオンラインにアップしたときに
お見せできればと思います。

おまけ:
過去のスタイリングのブログ記事はこちらから

・マックス・ビルのグラフィックラグ発売
・商品撮影風景レポート。

メトロクス生誕の地・北海道へ!工場探訪~製品ができるまで

こんにちは、メトロクス・ハマダです。
先月、出張で札幌へ行ってきました。
元々、メトロクスは札幌で始まった経緯がありますので、
製造工場なども多くが北海道にあるのです。

渡辺力 カートンファニチャーシリーズ リキスツール&キッズセット

巨匠 渡辺力さんデザイン、みなさんもご存知のカートンファニチャーシリーズ
スツールは「リキスツール」の愛称でも親しまれています。
段ボール家具ですから、もちろん、段ボール工場で製造されています。
工場は北海道・小樽にあります。
このシリーズの製造ラインを見学して来ました。

 

渡辺力 カートンファニチャーシリーズ リキスツール&キッズセット

この大きな段ボールを加工していきます。

 

渡辺力 カートンファニチャーシリーズ リキスツール&キッズセット

製造ラインに乗せられ、どんどん流れていく段ボール。

 

渡辺力 カートンファニチャーシリーズ リキスツール&キッズセット

シュー!と高速で送られていきます。
物によって異なりますが、このラインで表面にプリントが施されたり、
折り目がつけられたり、形になっていきます。

 

渡辺力 カートンファニチャーシリーズ リキスツール&キッズセット

型抜きをして、できあがっていく段ボール。
※この写真はカートンファニチャーではありません。

 

渡辺力 カートンファニチャーシリーズ リキスツール&キッズセット

これはカートンファニチャーの色見本。
毎回、この見本と照らし合わせて、色に差がないか確認します。

 

渡辺力 カートンファニチャーシリーズ リキスツール&キッズセット

これは別ラインの機械。物量や大きさによって使い分けるそうです。
このような製造ラインを通って、ユニークな形の段ボールパーツが完成します。

 

渡辺力 カートンファニチャーシリーズ リキスツール&キッズセット

できあがったパーツがこちら。

 

渡辺力 カートンファニチャーシリーズ リキスツール&キッズセット

あとは、みなさんの手でパズルのように組み合わせていくだけ。
物が作られていく工程を見るのは、本当にわくわくしますね!

カートンファニチャーシリーズの詳細はこちら。

 

 

アンジェロ・マンジャロッティ 組み立て家具シリーズ ジュニア

さて、続いては今年発表した新シリーズ「ジュニア」の製造工場へお邪魔しました。
こちらの工場は、家具の産地としても有名な旭川にあります。

 

アンジェロ・マンジャロッティ 組み立て家具シリーズ ジュニア

職人さんが作業中。この工場では、いろんな種類の家具を製造されています。

 

アンジェロ・マンジャロッティ 組み立て家具シリーズ ジュニア

特殊加工専用の機械もたくさん。

 

アンジェロ・マンジャロッティ 組み立て家具シリーズ ジュニア

ジュニアの資材コーナー。
前述のカートンファニチャー同様、ジュニアも組み立て式の家具です。
なので、工場ではパーツの姿のまま。

 

ちなみに、6001 アームチェアのパーツはこんな感じです。
この6つの板をそれぞれの切れ込みに差し込むだけ!
みなさんにも構造の面白さや組み立てる楽しみをぜひ体感していただきたい!
メトロクス店頭でもお試しいただけるので、お時間があるときにお立ち寄りくださいね。

アンジェロ・マンジャロッティ 組み立て家具シリーズ ジュニア

ジュニアシリーズの詳細はこちら

現場の方々、お忙しい中、工場を案内してくださり、ありがとうございました!
工場萌えの属性もある私は鼻息荒く、カメラ小僧と相成りました。

 

モエレ沼公園 イサム・ノグチ

工場見学の他に、札幌市内にあるショップ巡りや、
イサム・ノグチの設計したモエレ沼公園へ行きました。

 

モエレ沼公園 イサム・ノグチ

我々メトロクスはここ、モエレ沼公園にあるガラスのピラミッド内で
北欧デザインのエキシビジョンをやったこともあるんです。

その時の様子。

Nordic Design 北欧デザイン展 モエレ沼公園

Nordic Design展(2007)より│ ポニーボールチェアも。

 

Nordic Design 北欧デザイン展 モエレ沼公園

Nordic Design展(2007)より│ ハンス・J・ウェグナーの「ベアチェア PP19」も。
ソフトバンクのCMで吉永小百合さんが座っているのは、この椅子です。

当時のエキシビジョンの詳細はこちら。

 

ちょっと話がそれましたが、モエレ沼公園には
面白いモニュメントがたくさんあり、散歩がてら楽しめます。

モエレ沼公園 イサム・ノグチ
モエレ沼公園 イサム・ノグチ
モエレ沼公園 イサム・ノグチ

広大な芝生に癒されます!
この日は天候が良くなかったのと、ピラミッドが休館日だったので、
快晴の日にもう一度行ってみたいなぁと思っています。

え?なんだかこの出張、遊んでばかり?
そ、そ、そ、そんなはずは・・・(ない)!

 

おまけ
ピエール・ポランのF031 デスクの工場(旭川)にも立ち寄りました。
工場長さんのコレクション(?)がかわいかったのでパシャリ。

アウトレット商品を追加しました!

こんにちは。メトロクス、ヨダです。
私は最近、東京国立近代美術館のフランシス・ベーコン展にいってきました。
なんだか、「不穏」なイメージを持っていたのですが、実際に絵を前にすると
色合いや筆遣いがとても美しく、只々じっと見つめてしまいました。
Tシャツやアイフォンケースまでグッズとして販売していましたが、
かなりインパクト大ですね。

さて、もうウェブショップのページではご紹介していますが、
アウトレット商品に追加が出ましたので、お知らせいたします。
(※ウェブショップからのアウトレット商品購入は、メトロクスポイントメンバーへの
ご登録が必要となります)

まずは、リキキッズセット

渡辺力さんが1965年にデザインした段ボール製の家具です。
魅力は、その強さ(子供向けですが、椅子は垂直耐荷重が340㎏です)
と、組立に一切の接着剤などを使わない美しさ、そして柔らかな色合いです。

こちらは、展示会などで一度使用したため、折り目の跡・座りじわ、多少の汚れ
などがあります。そちらを今回は半額で販売いたします。

オレンジ×2、ホワイト×2、ブルー×1の計5点です。

リキキッズセット(アウトレット) オンラインショップのご購入ページはこちらです。
50%OFF!! ¥7,140 → ¥3,570

そして、続いてはリキモビール
こちらも渡辺力さんが1983年にデザインしたものです。力さんが100歳の記念で
2011年にメトロクスが復刻しました。

今回は、多少のキズや、テグス穴の修理跡などがあるものに関して
20%OFFで販売いたします。
天井から吊るした際には、ほとんど目立たなくなるような跡です。

3連、4連ともに少しづつ在庫があります。

リキモビール(アウトレット) オンラインショップのご購入ページはこちらです。
20%OFF!! ¥10,500 → ¥8,400

最後にフォールディングトローリーです。

ドイツのライフハイト社製。シンプルなデザインで折り畳みができ、
狭い場所にも収納可能です。場所を選ばず置けるワゴンです。

こちらは、展示で使用したもので、多少の使用感とキズがあります。
シルバー、一点のみです。

フォールディングトローリー シルバー (アウトレット)
オンラインショップのご購入ページはこちらです。
20%OFF!! ¥17,640 → ¥14,112

私だったら、料理の補助台として使いたいです。
大きいお皿に盛りつけた料理など、そのままごろごろ運べてとても便利。
アウトレットではないですが、他にはホワイトの仕様もあります。

アウトレット品の状態などに関してご質問等がございましたら、
お店までお気軽にお問合せくださいね。
店頭では実物がご覧いただけます。

すわってツナガルプロジェクト~福島・会津若松の幼稚園へ~

みなさんこんにちは、メトロクス:タニです。
今日はメトロクスが発起人となってスタートさせた「モノのちからプロジェクト」
の一環である「すわってツナガル」の報告です。

わってツナガル -Riki for TOHOKU-は、日本を代表するデザイナー:渡辺力さんの
呼びかけによって始まりました。
カートン・ファニチャー・シリーズ(C.F.S)
東日本大震災の被災地のこども達に使って楽しんでもらおう!
というコンセプトのもと、被災地もしくは被災地からのこども達を受け入れている
幼稚園や保育所にC.F.Sを提供するプロジェクトです。
具体的には、①企業様からの寄付金、②個人の方からはC.F.Sを購入頂き、
その売上の一部を寄付金に、③個人の方からの寄付金、を募り
その資金でC.F.Sを必要なところへ届けています。詳しくはこちら⇒

情報はfacebookの「すわってツナガル プロジェクト」のページで随時アップしていますので
是非ご覧ください!

少し時間が経ってしまったのですが、7月某日、その支援第一弾として、
同市内でメトロクスの商品を取り扱って頂いているビープレゼ様のご協力の元、
代表の関さんと一緒に福島県会津若松市の「白梅幼稚園」へスツールを届けてきました。
会津若松市は四方を山に囲まれた盆地になっているという利点から
被災地の子供たちの受け入れも多く行っているそうです。
子供たちの反応がどのようなものなのか、とても楽しみにして伺いました。

すわってツナガル カートンファニチャー 
白梅幼稚園です。

すわってツナガル カートンファニチャー
100数十名の園児たちの前にて。
「このプロジェクトの主旨を子供たちにもわかるように説明せよ」という指令を
現地で初耳。しどろもどろになりながら、子供たちのまえで少しお話をしたあと、
実際に先生と子供たちみんなでスツールを組み立てました。
すわってツナガル カートンファニチャー
みんな興味津々でした。先生を中心に、子供たちもパーツを
折り曲げたり、差し込んだり。大きいけれども、とても簡単な
おもちゃのように見えたのでしょうか?

すわってツナガル カートンファニチャー
完成したら、みんな座りたくてしょうがない様子。押し合いへし合いの争奪戦、
になるわけはなく、仲良くかわりばんこで座っていましたよ。
このプロジェクトに関する力さんからのコメントには、
「私がデザインした中でも特に愛着のあるこのスツールが、
東北の子供たちのために役立ってくれることを願っています」とあります。
今回のお届けの様子は、福島民友新聞社さんと福島民報社さんに
取り上げて頂きました。それを力さんにもご覧いただいたところ
大変喜ばれたとのことでした。
何もないところから始まった支援が、こうして形になって、そして
喜んでくれる人たちがいて、それを実感することでまたこちらの喜びも
大きくなりますね。
その後も、ビープレゼ様に会津若松市内の14の幼稚園へ配布を
行っていただいています。
すわってツナガル カートンファニチャー
会津慈光第二幼稚園。子供たちだけで組立てていますね。
難しいけどできていますね。


会津慈光幼稚園。この光景は今回お届けしている幼稚園の
どこでも見かけます。神輿のようにみんなで担ぎ上げています。
とても軽くて丈夫なリキスツールです。


富岡幼稚園。富岡幼稚園は福島県の相双地区にあった幼稚園で、
震災後に会津若松市内の廃園となっていた幼稚園を利用し、
仮の運営をしている幼稚園です。 元々の園児だけではなく、
相双地区から避難してきている子供たちが入園しており、保育士の先生にも
避難してこられた方がいらっしゃるそうです。
今回は、6人のこども達と一緒にハイスツール・ロースツール併せて
5個の組み立てを行っていただきました。
「これまでとは園児の人数が違いましたのでマンツーマンで組み立てを行い、
一人一人が構造を理解していく様子を実感できたところがとても良かった。」とのことでした!

ブログでは数枚しか写真を紹介できませんが、すわってつながるfacebookページでは
画像もたくさん、それを見られた皆様からの暖かいコメントも多数頂いています。
今後も活動もそちらにアップしていきますので、是非ご覧ください!
すわってツナガル カートンファニチャー

おまけです。
7月の白梅幼稚園への納品のあと、ビープレゼ:関さんにお昼ご飯に
連れて行って頂きました。いくつかご提案頂いたメニューのなかで、
おいしいそばがあるということで、そちらへ。
すわってツナガル カートンファニチャー
すわってツナガル カートンファニチャー
店内では大将がそばを打つDVDが流れているというなんとも素敵なお店。
関さんと奥様から「大にしなさい、大に!」ということで胃袋も小さい僕なのに
大を注文。お店の横で採れる野菜のてんぷらも大盛りです。
とてもおいしいそばでした。

すわってツナガル カートンファニチャー
ちょっと時間があったので、会津若松城へも。
会津若松市、見所もたくさんありゆっくり時間をかけて
周りたい町ですね。

メゾン・エ・オブジェ2012 レポート!

こんにちは。メトロクス、ヨダです。
今回は一月に出展をしたトレードショー、「メゾン・エ・オブジェ2012」のレポートです。
メトロクスにとって初めての海外での展示会。私は去年の夏ころからもうドキドキしていた訳ですが、
ついに出発の時が。羽田空港の夜の便でフランスへと飛びました。


メトロクスのブース!

メゾン・エ・オブジェの会場は、家具、雑貨、食器、テキスタイルなど
8つのホールに分かれており、とてつもない広さ。
メインホールから入って、メトロクスブースまでは速足でも10分くらいかかります。
特に家具のホールは、各ブースが大きく、丸々店舗を持ってきたという感じで圧巻。
スケールが大きいです…!

見えますでしょうか、この奥行き。


メトロクスのホールは5Bでした。

会期は5日間ですが、接客であっという間でした。
渡辺力さんカートンファニチャーは、
1960年代にその時代には珍しかった、段ボール素材を使ってデザインされたスツールが、
現在の感覚をとらえていること、
またその色、構造などに多くの方が興味を持たれていました。

エヌ・クラフツより持っていった作家さんの作品たちもとても好評で、
日本の今の工芸とその技術を知って頂き、
またそれを評価して頂いたことは本当に嬉しいことです。

世界中の方々が集まる場所で、その反応を見て、
実際に話し合えたことは大きな収穫。
トレンドとして、日本とフランスは現在遠くない位置にいるように感じました。

あまりにも対応に追われていたため、あまり写真を撮れなかったのが悔やまれます。
少しですが、展示会の公式サイトの「Trade Show Photos」というところに
会場の様子の写真がアップされています。

また、メゾン・エ・オブジェの会期中にもう一つイベントが開催されておりました。
365日 Charming Everyday Things
経済産業省が主催をしている展示会で、「クールジャパン」政策の一環です。

会場内は地下一階から地上2階までがあり、1階スペースには展示、2階は展示商品の販売、
地下一階は商品に関しての紹介映像が見られる場所になっていました。


真中に見えるのは組木のゾウ


カートンファニチャーもあります。


地下一階の様子。これは各プロダクトのデザイナー、
製作者が一言づつ書いた、その製品の「チャーミングポイント」が映像で流れるようになっており、
なるほど、この製品はこういう考えから生まれたのか…と発見と納得がありとても面白いものでした。

東京駅、青森駅では商品の販売、また銀座のポーラミュージアムには展示が巡回する予定なので、
是非足を運んでみてください!365個のプロダクトに出会えます。
ちなみに全ての商品が日めくりカレンダーとなっていて、素敵なコピーがついています。
リキスツールは7月11日、組木のゾウは9月15日
全てのカレンダーは365ウェブサイトで見ることができます。

と、ここまできて、まだまだ色々書きたいのですが(F031デスクのデザイナー、ポラン邸訪問など!)
とても長くなってしまうので続きはまだ次回にアップしたいと思います。

(あまりパリ市内に行けず、展示会場にばかりいたので、
フランスだというのに美味しいものになかなかありつけず、一人泣いたのは内緒です。)