パストー

PASTOE ワイヤーコレクションに新カラーが登場!

こんにちは、メトロクス・タカダです。

この度、オランダの老舗家具メーカー「pastoe(パストー)」のケース・ブラークマンが手掛けたワイヤーコレクションに新しく4色の新カラーが追加されました。

 

01_image_ch

これまでは、ブラックとホワイトの2色展開でしたが、お部屋のコーディネートに合わせて選択できる色の幅が広がりました。全部で6色展開となります。

 

追加されたのは、こちらの4色です。

02_detail_gr

ワイヤーチェア グレー ¥95,040(税込)

 

00_image_gr

ワイヤーチェア グリーン ¥95,040(税込)

 

00_image_bl

ワイヤーチェア ブルー ¥95,040(税込)

 

00_image_re

ワイヤーチェア レッド ¥95,040(税込)

 

専用シートパットが付属、お色はブラックかグレーの2色からお選びいただけます。

bbk_bgy

 

もちろん、ワイヤーチェアだけでなく、ワイヤースツールにも新カラーが加わっております。

lineup

ワイヤーロースツール グレー・グリーン・ブルー・レッド ¥70,200(税込)

ワイヤーハイスツール グレー・グリーン・ブルー・レッド ¥75,600(税込)

 

どのカラーも、主張しすぎない落ち着いた色合いで、木の柔らかい雰囲気にも、モダンでソリッドな素材感にも合わせていただけます。

スツールにはシートパットは付属しておりませんが、別売りのクッションがございます。こちらもブラックかグレーの2色からお選びください。

cushion

スツール用クッション ブラック・グレー ¥6,480(税込)

 

ところで、そもそも「pastoe(パストー)」とは?「ケース・ブラークマン」とは?という疑問がある方もいらっしゃるかと思いますので、ご説明いたします。

まず、pastoeは、1913年にユトレヒトにて設立された100年以上も続く老舗の家具ブランド。

これまでに、諸外国の革新的な技術を取り入れた先駆的な製品をたくさん世に送り出してきました。

近代においても、自社スタジオや外部デザイナーとのコラボレーションした製品を発表しています。80年代には、日本のデザイナー倉俣史朗、そして、90年代には内田繁の作品も制作しています。

 

そして、このpastoeのインハウスのデザイナーとして活躍したのがケース・ブラークマンです。

1934年、ブラークマンはは17歳の時に当時父の勤めていた同社にてキャリアをスタートさせ、1945年には同社のチーフデザイナーに就任することとなります。

 

blaakmen

1947年からは家具製造を学びにアメリカへ渡り、中でもハーマンミラー社においてチャールズ、レイ・イームズの仕事に影響を受け、pastoeにおいて、人気シリーズを手掛ける花形デザイナーとなりました。

彼が同社を革新的な家具作りへと導いた、といっても過言ではありません。

1958年にブラークマンによってデザインされたワイヤーコレクションは、一度は生産終了となりましたが、今もなお色あせることのないデザインが評価され、2011年に同シリーズの製造が再開され、昨年より、メトロクスでの取り扱いを開始。

 

そして、今回、新たに4色が追加される運びとなりました。

pastoe_image_02

pastoe_image

pastoe_image_03

新色のチェアは、既にお店へ入荷しておりますので、

実際にご覧になりたい方は是非、メトロクスへお越しください。

ケース・ブラークマン ワイヤーチェアコレクション

こんにちは。
メトロクス・タカハシです。

今日のメトロクスブログは新たに取り扱いを始めたオランダの老舗家具ブランド
「PASTOE(パストー)」のワイヤーチェアコレクションをご紹介します。

ケース・ブラークマン
デザイナーはこの人「ケース・ブラークマン」。
日本での知名度はそれほど高くはありませんが、2000年にニューヨークのギャラリー
「R GALLERY, 20th century design New York」にてエキシビションが開催されたのを
きっかけに再び世界的に評価が高まっているデザイナーです。

日本ではブラークマンの作品は主にヴィンテージ市場でしか見かけることはありません。
ヴィンテージ家具通の人であれば、この人の作品を見かけたこともあるかもしれません。

ブラークマンヴィンテージ
【左:U+Nシリーズ(1958)右:1948~1950年のシリーズ家具】

今回、取扱いを始めるのはブラークマンがデザインしたワイヤーチェアコレクションです。
ワイヤーチェアは、イームズやサーリネンの作品が思い浮かぶところですが、
まだまだ、日本で紹介されていなくても素敵なワイヤーチェアは眠っていたのです。

ワイヤーチェア
ワイヤーチェア
サイズ:幅520×奥行520×高さ830(シート高450)mm
材 質:スチール(粉体塗装)、ファブリック
カラー:ブラック、ホワイト
価 格:¥86,400(税込)

ワイヤーチェア
フレームのカラーはブラックとホワイト、シートパットはグレーとブラックから
お選び頂けます。シェルの曲面に沿い立体的な作りとなっているシートパットは
取り外して使用することも可能です。

ワイヤースツール
ロースツール/ハイスツール
サイズ ロー:幅460×奥行450×高さ570(シート高460)mm
ハイ:幅460×奥行450×高さ760(シート高640)mm
材 質:スチール(粉体塗装)
カラー:ブラック、ホワイト
価 格 ロー:¥64,800(税込)、ハイ:¥70,200(税込)

ワイヤースツール
座面後部が起き上がった特徴的なデザインは座った際の安定感をより高めてくれます。
別売りのクッションをご利用頂くことも可能です。

ワイヤーラウンジチェア(アーム付き)
ワイヤーラウンジチェア(アーム付き)
サイズ:幅700×奥行710×高さ880(シート高420)mm
材 質:スチール(粉体塗装)、ウォールナット無垢材、ファブリック
価 格:¥237,600(税込)

ワイヤーラウンジチェア(アーム付き)
直接、手が触れる肘かけにはウォールナットの無垢材を採用しています。
幅の広い座面とワイヤーの適度な弾力は絶妙な座り心地です。
背中のクッションを取り外すとスッキリとしたデザインになりますね。

ブラークマンは1947年から家具製造を学びにアメリカに渡り、中でもハーマンミラー社に
おいてチャールズ、レイ・イームズの仕事に影響を受けています。
ブラークマンのオリジナリティの中にもミッドセンチュリー期のアメリカのデザインが
見え隠れする面白いデザインだと思います。

現在、メトロクス東京に全種類展示していますので、ご覧になられたいお客様はお気軽にどうぞ。

メトロクス東京店