ユンハンス

クオーツムーブメント搭載、ユンハンス社リストウォッチ

こんにちは、メトロクス・タカダです。
 
今回は、新たに取り扱いを開始いたしました
ユンハンス社リストウォッチ、クオーツモデルのご紹介です。
 
グラフィック、建築、彫刻、インダストリアルデザインなど様々な顔をもつ
ユニヴァーサル・クリエイターのマックス・ビル。彼が50年代から60年代に手掛けた
ユンハンス社のリストウォッチシリーズ。
バウハウスの理念が100%継承された明快で論理的なデザインが魅力の逸品です。
 
 jham02
maxbill_350dpi
実用的な価値と美しさの融合に力を入れ、明瞭な線を使い、完璧な美しさを追求し
誕生したユンハンスのマックス・ビル コレクションのクラシックなデザインは、
50年以上にわたって愛され続け、今日では優れたデザインのモダンクラシックモデル
として大変人気を博しています。
 
これまでメトロクスで取り扱っていたものはすべて
オートマティック(自動巻き)のモデルでしたが
 
今回、新たに、内部にクオーツムーブメントを搭載した
クオーツモデルの取り扱いをスタートいたしました!
以下の6種類です。
 
jh320602
041 4461 00 ¥96,120(税込)
 
jh320802

041 4462 00 ¥96,120(税込)
 
jh321102
041 4465 00 ¥96,120(税込)
 
jh321002
041 4464 00 ¥96,120(税込)
 
jh320902
041 4463 44 ¥109,080(税込)
 
jh320702
041 4461 00m ¥109,080(税込)
 
ご注目いただきたいのが、これらのクオーツモデル、
オートマティックモデルより、お求めやすい価格設定になっているのです。
 
jh320901q
 
例えば、左「027 4002 44m(オートマティック)」が ¥169,560(税込)で
同様のデザインである右「041 4463 44(クオーツ)」は ¥109,080(税込)!
これは単純にクオーツの方がコストを抑えて製造できるというだけで
どちらが優れていて、どちらが劣っているということではありません。
それぞれに良さがあるのです。
 
例えば、機械式は2日程度、ゼンマイを動かさずに放っておくと止まってしまいますが
しっかりと丁寧に扱っていれば何十年と永い間ご愛用いただけます。
 
一方、クオーツは、機械式に比べて寿命が短いといわれますが、比較的
衝撃に強いのが特徴です。また、時を刻む精度は非常に正確で
電池が切れない限り、ゼンマイではないので2,3日放って置いたら
止まってしまうということはありません。
 
オートマティックモデルを手にして、機械式の趣を楽しむのも良いですし、
クオーツモデルをお選びいただき普段使いとして、
気にせずガシガシとお使いいただくのも良いかもしれません。
 
お好みや生活スタイルに合わせてお選びください。
 
jhqubk03

 
ちなみに、クオーツモデルは、オートマティックモデルよりも薄型のケースと
なっているため大きめの時計を身に着けたい女性にも最適ですよ。
(オートマティックモデル:厚さ10mm/クオーツモデル:厚さ8mm)
 
シンプルであるために飽きることなく、どんなスタイルでも合わせられる。
ミニマルで普遍的な美しさを感じさせてくれるデザインは
これから先も変わらず評価され続けていくはず。
 
お気に入りになること、間違いなしです。
 

マックス・ビルによる完璧な調和のテーブルクロック

こんにちは、メトロクス・ハマダです。

ユンハンスからマックス・ビルテーブルクロックが復刻されました。

1958年のデザインです。

ユンハンス テーブルクロック

マックス・ビルは、ドイツのバウハウスでグロピウスやクレー、カンディンスキーに師事し、

幅広い分野で活躍した偉大なデザイナー。

バウハウス最後の巨匠とも言われています。

このテーブルクロックにも、彼の作品のポリシーである

「明確で調和のとれたデザイン」が色濃く反映されています。

ユンハンス テーブルクロック

本体は木製。

ホワイトはシルクマット塗装、ブラックはピアノラッカー塗装が施されています。

文字盤をふち取る枠・針・脚は、艶消しのアルミで高級感のある仕上がり。

本体裏側や化粧箱には、マックス・ビルのサインがプリントされており、

ギフトには特に適した時計です。

 

下の写真はマックス・ビルが机に向かって、何やら図面を描いているところ。

左手の近くに置いてあるスプーンが気になりますね、モチーフがスプーンなんでしょうか。

それはさておき、手前にオリジナルのテーブルクロックが写っています。

今回発売されたものも、このくらいの大きさ。幅164×奥行75×高さ175mmです。

 

メトロクスにはマックス・ビルの関連書籍がたくさんありますので、ちょっと抜粋。

MoMAコレクションにも選ばれているウォールクロック(1956)

今も根強い人気商品です。

 

50年以上前のデザインなのにレトロな印象を全く受けない・・・

最小限の本質的な要素だけで構成されているものは、いつまで経っても色褪せません。

クロック以外では、ウルムスツールもその代表格です!


Ulm Stool / ウルムスツール

 

書籍の他にも、珍しいアイテムをコレクションしています。

これは1989年にデザインされたコンテンポラリーオブジェ「3-8Eck」。

アクリル樹脂製です。側面にマックス・ビルのサイン入り。

ナンバリングされていて、限定180個の代物のようです。

 

こちらはOMEGA アートコレクション Max Bill 88 のウォッチ。

文字盤の裏側はコンクリート・アートのようなカラフル模様でした。

マックス・ビルコンクリート・アート作品もたくさん残したアーティスト。

その中の1シリーズから2種類をポスター化したものがこちら。


Poster Variation 1&12 / バリエーション1&12 (1935)

バリエーション1(八角形の方)は、先ほど紹介したオブジェ「3-8Eck」と

同じパターンですね。

 

いろいろと彼の作品を並べてみると、やはり、

バウハウスの精神が強く表れていることがよく分かりました。

もう80年も前に閉校したバウハウス、実質14年くらいしか活動期間がないのに、

現代芸術・デザインを語る上でかかせない存在となっていることに驚きです。

 

マックス・ビルのプロダクト紹介はこちら



マックス・ビル《ウルム スツール》を取扱い始めます

みなさんこんにちは。
メトロクス:タニです。
今日は新商品取り扱い開始のお知らせです。
バウハウス最後の巨匠といわれるデザイナー:マックス・ビル。
氏が初代学長を務めたウルム造形大学の学生たちのために手がけた
《ウルム スツール》の取り扱いを始めます。

以前はスイスのヴィトラ社から復刻生産をされていましたが、この度
同じくスイスにあるヴォーンベダルフ社に移行されました。
メトロクスではマックス・ビルのポスターを製品化した経緯もあって
ウルムスツールも取り扱いを始めることになりました。
入荷は6月下旬を予定していますが、メトロクスオンラインショップでは
来週から先行予約を受け付けます。ページはこちらに24日にアップします。⇒WEB
ご質問などございましたら、お気軽にお問い合わせくださいね。

過去のマックス・ビル関連のブログも是非ご一読を

ユンハンスの時計 商品一覧ページ
ミラノブログ~マックス・ビルのポスターを作ろう~

※5月19日 価格を追記しました。¥29,400(税込)
メトロクスで1万円以上のお買い上げの場合は送料無料です。

新商品!JUNGHANS Max Billの時計入荷

みなさん、こんにちは。
メトロクス:タニです。
やっとブログにあげることがきました。
バウハウスの巨匠:マックス・ビルがデザインしたドイツ最大の時計メーカー:ユンハンス社製の
製品の扱いを再開しました。

グラフィック、建築、彫刻、インダストリアルデザインなど様々な顔をもつ
ユニヴァーサル・クリエイターのマックス・ビル。彼が50年代から60年代に手掛けた
掛け時計と腕時計。数十年経ったいまでも人気があるのは、その文字盤の見易さと
そぎ落とされたミニマルなデザインの為でしょう。
今日は一部の商品を紹介します。

027 3702 00
¥84,000

027 3701 00
¥84,000

027 3700 00
¥84,000

027 5703 00
¥90,300

上:367 6046 00 ¥45,150
下:367 6048 00 ¥39,900
掛け時計はMomaのパーマネントコレクションにも選ばれています。無駄のない装飾、
計算された文字の配置。「形は機能から生まれる」、という言葉を思い起こさせます。
これこそ時代を超えて愛されるマスターピースでしょう。

おまけ:
メトロクスにあるマックス・ビルに関する書籍を集めてみました。
もう少しあるのかもしれませんが、書棚にはこれだけ。休憩時間なんかには
こういった書籍を読んでいます。勉強になることが多いです。

右下の『jakob bill』というのはマックス・ビルの息子さんです。彼もまたアーティストとして
活躍をされています。
詳しくは安西さんのブログにある『マックス・ビルのポスターを作ろう』を。