ロビン・デイ

新商品:ロビン・デイ【675チェア】

みなさん、こんにちは。メトロクス:タニです。
先日上海に行ってきました。噂通りの建築ラッシュがいまでもすごくて、
どこもかしこも工事中。その一方では、租界時代の古くて素敵な建築や
街並みもあり、なんとも心惹かれる場所でした。
食べ物もおいしくて、ディープなローカルフードからおしゃれなレストランや
バーまで。友人が住んでいるので、いろんなところへ連れて行ってもらったのですが、
どこもかしこも目が離せない、面白い街でした。また訪れたいと思っています。

さて、今日のブログは先日から取り扱いが始まったあの椅子についてです。
675チェア ロビン・デイ
イギリスのミッドセンチュリーを代表するデザイナー、ロビン・デイによる
アームチェア【675】。1960年代に爆発的なセールスを記録した
ポリプロピレン製のスタッキングチェアは有名ですが、
その先駆けとして1952年にデザインされたホームユースチェアになります。
プライウッド、スチール、レザーと異素材を違和感なくまとめ、
完成されたフォルムに調和されています。
ダイニングチェアとしてはもちろん、ピエール・ポランのF031デスク
合わせる椅子としても最適なものの一つとしてお勧めです。

店頭では現在開催中の【F031デスクキャンペーン】に合わせて、
ウィンドーディスプレーにも使用しています。
F031デスク  675チェア F061サイドボード
今までも、ずっとこのF031デスクに合わせる椅子を探していました。
SE18KEVI72サイドチェアなどもそれぞれ良いのですが、この【675】
実際の使い勝手も含め、とても良さそうです。

アーム付の椅子で気になる、アーム部分も天板に収まります。
F031デスク  675チェア 上から
上から見ると、チェアはここまで余裕で入れられます。ここはかなり重要な点で、
やはり広くなったとはいえ日本の住宅事情からすると椅子が机に入るか入らないかは
みなさん気にされています。この【675】はその点も軽くパス。スペースの問題も
これで解決できますね。
アジャスター
そして、脚にもアジャスターがついています。床のレベル調整もこれで
できますので、違和感なくお使いいただけることも魅力ですね。

F031デスク キャンペーン
【F031デスクキャンペーン】でも実際にデスクとセットでご購入いただくケースも
増えています。店頭には展示してありますので、是非ご来店ください。
もちろんご自由にお座りいただけますし、他の椅子も多数展示中です。
お待ちしております。

675チェア 旧仕様 SALE品
そして、最後にお得なお知らせ。店頭に1台だけ、旧仕様の675チェアがあります。
こちらはSALE価格で販売中。上記画像、左が現行品で右が旧仕様です。
シートハイが2㎝高く、プライウッドの厚みやスチールフレームの太さが
若干違いますが使用にはまったく問題ありません。
価格やコンディションはお問合せください。