渡辺力

すわってツナガルプロジェクト~福島・会津若松の幼稚園へ~

みなさんこんにちは、メトロクス:タニです。
今日はメトロクスが発起人となってスタートさせた「モノのちからプロジェクト」
の一環である「すわってツナガル」の報告です。

わってツナガル -Riki for TOHOKU-は、日本を代表するデザイナー:渡辺力さんの
呼びかけによって始まりました。
カートン・ファニチャー・シリーズ(C.F.S)
東日本大震災の被災地のこども達に使って楽しんでもらおう!
というコンセプトのもと、被災地もしくは被災地からのこども達を受け入れている
幼稚園や保育所にC.F.Sを提供するプロジェクトです。
具体的には、①企業様からの寄付金、②個人の方からはC.F.Sを購入頂き、
その売上の一部を寄付金に、③個人の方からの寄付金、を募り
その資金でC.F.Sを必要なところへ届けています。詳しくはこちら⇒

情報はfacebookの「すわってツナガル プロジェクト」のページで随時アップしていますので
是非ご覧ください!

少し時間が経ってしまったのですが、7月某日、その支援第一弾として、
同市内でメトロクスの商品を取り扱って頂いているビープレゼ様のご協力の元、
代表の関さんと一緒に福島県会津若松市の「白梅幼稚園」へスツールを届けてきました。
会津若松市は四方を山に囲まれた盆地になっているという利点から
被災地の子供たちの受け入れも多く行っているそうです。
子供たちの反応がどのようなものなのか、とても楽しみにして伺いました。

すわってツナガル カートンファニチャー 
白梅幼稚園です。

すわってツナガル カートンファニチャー
100数十名の園児たちの前にて。
「このプロジェクトの主旨を子供たちにもわかるように説明せよ」という指令を
現地で初耳。しどろもどろになりながら、子供たちのまえで少しお話をしたあと、
実際に先生と子供たちみんなでスツールを組み立てました。
すわってツナガル カートンファニチャー
みんな興味津々でした。先生を中心に、子供たちもパーツを
折り曲げたり、差し込んだり。大きいけれども、とても簡単な
おもちゃのように見えたのでしょうか?

すわってツナガル カートンファニチャー
完成したら、みんな座りたくてしょうがない様子。押し合いへし合いの争奪戦、
になるわけはなく、仲良くかわりばんこで座っていましたよ。
このプロジェクトに関する力さんからのコメントには、
「私がデザインした中でも特に愛着のあるこのスツールが、
東北の子供たちのために役立ってくれることを願っています」とあります。
今回のお届けの様子は、福島民友新聞社さんと福島民報社さんに
取り上げて頂きました。それを力さんにもご覧いただいたところ
大変喜ばれたとのことでした。
何もないところから始まった支援が、こうして形になって、そして
喜んでくれる人たちがいて、それを実感することでまたこちらの喜びも
大きくなりますね。
その後も、ビープレゼ様に会津若松市内の14の幼稚園へ配布を
行っていただいています。
すわってツナガル カートンファニチャー
会津慈光第二幼稚園。子供たちだけで組立てていますね。
難しいけどできていますね。


会津慈光幼稚園。この光景は今回お届けしている幼稚園の
どこでも見かけます。神輿のようにみんなで担ぎ上げています。
とても軽くて丈夫なリキスツールです。


富岡幼稚園。富岡幼稚園は福島県の相双地区にあった幼稚園で、
震災後に会津若松市内の廃園となっていた幼稚園を利用し、
仮の運営をしている幼稚園です。 元々の園児だけではなく、
相双地区から避難してきている子供たちが入園しており、保育士の先生にも
避難してこられた方がいらっしゃるそうです。
今回は、6人のこども達と一緒にハイスツール・ロースツール併せて
5個の組み立てを行っていただきました。
「これまでとは園児の人数が違いましたのでマンツーマンで組み立てを行い、
一人一人が構造を理解していく様子を実感できたところがとても良かった。」とのことでした!

ブログでは数枚しか写真を紹介できませんが、すわってつながるfacebookページでは
画像もたくさん、それを見られた皆様からの暖かいコメントも多数頂いています。
今後も活動もそちらにアップしていきますので、是非ご覧ください!
すわってツナガル カートンファニチャー

おまけです。
7月の白梅幼稚園への納品のあと、ビープレゼ:関さんにお昼ご飯に
連れて行って頂きました。いくつかご提案頂いたメニューのなかで、
おいしいそばがあるということで、そちらへ。
すわってツナガル カートンファニチャー
すわってツナガル カートンファニチャー
店内では大将がそばを打つDVDが流れているというなんとも素敵なお店。
関さんと奥様から「大にしなさい、大に!」ということで胃袋も小さい僕なのに
大を注文。お店の横で採れる野菜のてんぷらも大盛りです。
とてもおいしいそばでした。

すわってツナガル カートンファニチャー
ちょっと時間があったので、会津若松城へも。
会津若松市、見所もたくさんありゆっくり時間をかけて
周りたい町ですね。

祝!渡辺力さん101歳!日比谷の時計とリキクロック一覧

こんにちは、メトロクス・ハマダです。

突然ですが「モノのちからプロジェクト」をご存じでしょうか?
メトロクスが発起人となって多くのコラボレーターとともに
東北支援を行っており、昨年末から活動しているプロジェクトなのですが、
その一環の「すわってツナガルプロジェクト」の発起人でもある
プロダクトデザイナー渡辺 力さんが、今年の7月11日で、
なんと御年101歳になられました。おめでとうございます!

渡辺力デザイン事務所が設立されて、今年で63年。
日本のモダンデザインの代表となる作品など、
多くの名作が生み出されてきました。
その中で、自他ともに認める代表作と言われるのが、
今も日比谷交差点に立つ「ポール時計(1972)」。
極限まで切りつめられたシンプルで力強い建築的なデザインで
日比谷の街角で存在感を放っています。

日比谷交差点のポール時計(Riki Watanabe)
日比谷交差点に立つポール時計
 
 
デザインから40年経つ今年、このポール時計が
ウォールクロックにリデザインされ、「日比谷の時計」として発売されました。
その視認性の高さと今もなお新しさを感じることのできる
洗練されたデザインでメトロクスでも早くもご好評をいただいています。

日比谷の時計 / 渡辺 力
 
実際のポール時計にならって、サイズは2タイプ。
大きい方は25.6cmで素材がアルミニウムです。
小さい方は20.4cm、素材はスチールです。
ポール時計同様、大きい方よりも小さい方の奥行が分厚くなっています。
文字盤の赤いポイントがモダンですね!

 
 
今回「日比谷の時計」が新たに加わることで、渡辺 力さんの
クロックコレクションの種類が一層増えましたので、
ここで改めて、サイズ比較と機能の整理をいたします。
ぜひ、ご参考になさってください。
 
 
渡辺力クロックコレクション一覧
渡辺力クロックコレクション一覧
 
 
まずは、サイズ比較。
渡辺力クロックコレクション一覧・サイズ比較
一番大きいものはリキクロックLLサイズ
36.5cmあり、遠く離れた場所からも視認性抜群です。

小さいものはその名の通り、小さな時計で12.2cm。
置き時計としても使えるコロンとしたフォルムです。
 
 
続いては、機能のご紹介。商品によって仕様が異なります。
渡辺力クロックコレクション一覧・仕様比較
電波式や秒針のないもの、またムーブメントには
ステップ式とスイープ式があります。(未記入のものはスイープ式)
針のカチカチ音が気になる方はスイープ式がおすすめです。
 
うーん。これだけ種類があると迷ってしまいますね。
ちなみに、メトロクススタッフで所持率が一番高いのは小さな時計です。
アクセントになる銅やゴールドなど、メタリックなフレームが人気です。
 
 
どの時計も、やはり魅力は圧倒的にシンプルなところ。
どんな場所でも馴染んでくれるオーソドックスなデザインで、
お値段もお手頃なので、贈り物に最適です。
私も今度引っ越す友人に贈ろうかと目論んでおります。

メトロクスではラッピング無料で承っておりますので、
新築祝いやお誕生日プレゼントなど、ギフトに是非どうぞ。
 
>>リキクロック LL
>>リキクロック L
>>リキクロック M
>>リキクロック S
>>スチールクロック (数字指標タイプ)
>>スチールクロック (棒指標タイプ)
>>アルミニウムクロック
>>銅の時計
>>小さな時計
>>日比谷の時計 WR12-03
>>日比谷の時計 WR12-04

掲載誌情報【marie claire Maison(マリ クレール メゾン】にソリッドスツール

みなさん、こんにちは。
今日は掲載誌のお知らせです。
フランスの【マリクレール メゾン】にメトロクスが掲載されました。

表紙

ソリッドスツール
小さな時計

昨年11月、フランスのセレクトショップmerci(メルシー)から連絡があり、
撮影した頂いた写真です。昨年開催された≪SUGAO 素顔の日本展≫でも
ソリッドスツール小さな時計を展示して頂きました。
先月のメゾン&オブジェの際にもメトロクス海外チームはいくつかの
商品を提案し、今後も展開して頂ける予定になっています。
今後も楽しみですね。

ちなみに、このマリクレール、ボビーワゴンも掲載されていました。

見つけました。

おまけ
その撮影があった昨年11月、メルシーのクルーが来店され、小さな時計
カメラマンの方が購入してくれました。
おつりの千円札を見て
「この紳士は誰だい?」
「he is Goro Noguchi」
違います、ごろうではありません、ひでおです。。。
伝説となった、この会話。
詳しくは店頭まで。

2011キッズデザイン賞受賞!カートンファニチャー・キッズセット

みなさん、今日は素敵なお知らせです。
渡辺力さん≪カートンファニチャーシリーズ:キッズセット≫
2011年の第5回キッズデザイン賞を受賞しました!
ところで、キッズデザイン賞ってご存知でしょうか?

キッズデザイン賞とは、
「子どもたちの安全・安心に貢献するデザイン」
「子どもたちの創造性と未来を拓くデザイン」
「子どもたちを産み育てやすいデザイン」という理念を実現し、
普及させていこう!という賞です。
いくつかの部門に分かれているのですが、
キッズセットは、「子どもたちの創造性と未来を拓くデザイン」の
《フューチャープロダクツ部門》において受賞しました。

コンセプトブックが届きました。

もともと、ダンボールを使った子供用家具のプロジェクトから
生まれたキッズセット力さん自身も、同じカートンファニチャーシリーズの
リキスツール
も同様に、子供たちの為に使ってもらいたい、
とおっしゃっていました。
実際、幼稚園や美術館などのキッズルームなどで
使用していただくケースも多くなっています。
最近では、カメラマンの回里純子さんたちが手掛けた
≪タカラモノ123≫というプロジェクトでも使って頂きました。
そのブログはこちら⇒
子供たちも喜んで座ってくれていたとのことでした。
分かりやすい色使い、子供たちでも持ち運びができる軽さ、
ぶつけても怪我にならない素材。子供たちの為のデザインです。

掲載誌情報【フィガロ ジャポン 10月号】【プラウド Vol.51】

みなさんこんにちは。
今日は掲載誌のお知らせです。
【フィガロ ジャポン10月号】に、パリのセレクトショップ《メルシー》
取り上げられています。メトロクスからも渡辺力さんのソリッドスツール
取り扱って頂いており、掲載されました。

また、『器に出会う小旅行』という企画で益子も
取り上げられていて、鈴木稔さん伊藤丈浩さんの器も
掲載されていました。

もう一誌、【プラウド vol.51】に、ビトッシのリエディションシリーズ
アーキテクチャーシリーズ:2匹の鳥を掲載して頂きました。

こちらは、いつも大変お世話になっているスタイリストの中林さんの
お仕事です。中林さん、いつもありがとうございます。