渡辺力

メトロクス生誕の地・北海道へ!工場探訪~製品ができるまで

こんにちは、メトロクス・ハマダです。
先月、出張で札幌へ行ってきました。
元々、メトロクスは札幌で始まった経緯がありますので、
製造工場なども多くが北海道にあるのです。

渡辺力 カートンファニチャーシリーズ リキスツール&キッズセット

巨匠 渡辺力さんデザイン、みなさんもご存知のカートンファニチャーシリーズ
スツールは「リキスツール」の愛称でも親しまれています。
段ボール家具ですから、もちろん、段ボール工場で製造されています。
工場は北海道・小樽にあります。
このシリーズの製造ラインを見学して来ました。

 

渡辺力 カートンファニチャーシリーズ リキスツール&キッズセット

この大きな段ボールを加工していきます。

 

渡辺力 カートンファニチャーシリーズ リキスツール&キッズセット

製造ラインに乗せられ、どんどん流れていく段ボール。

 

渡辺力 カートンファニチャーシリーズ リキスツール&キッズセット

シュー!と高速で送られていきます。
物によって異なりますが、このラインで表面にプリントが施されたり、
折り目がつけられたり、形になっていきます。

 

渡辺力 カートンファニチャーシリーズ リキスツール&キッズセット

型抜きをして、できあがっていく段ボール。
※この写真はカートンファニチャーではありません。

 

渡辺力 カートンファニチャーシリーズ リキスツール&キッズセット

これはカートンファニチャーの色見本。
毎回、この見本と照らし合わせて、色に差がないか確認します。

 

渡辺力 カートンファニチャーシリーズ リキスツール&キッズセット

これは別ラインの機械。物量や大きさによって使い分けるそうです。
このような製造ラインを通って、ユニークな形の段ボールパーツが完成します。

 

渡辺力 カートンファニチャーシリーズ リキスツール&キッズセット

できあがったパーツがこちら。

 

渡辺力 カートンファニチャーシリーズ リキスツール&キッズセット

あとは、みなさんの手でパズルのように組み合わせていくだけ。
物が作られていく工程を見るのは、本当にわくわくしますね!

カートンファニチャーシリーズの詳細はこちら。

 

 

アンジェロ・マンジャロッティ 組み立て家具シリーズ ジュニア

さて、続いては今年発表した新シリーズ「ジュニア」の製造工場へお邪魔しました。
こちらの工場は、家具の産地としても有名な旭川にあります。

 

アンジェロ・マンジャロッティ 組み立て家具シリーズ ジュニア

職人さんが作業中。この工場では、いろんな種類の家具を製造されています。

 

アンジェロ・マンジャロッティ 組み立て家具シリーズ ジュニア

特殊加工専用の機械もたくさん。

 

アンジェロ・マンジャロッティ 組み立て家具シリーズ ジュニア

ジュニアの資材コーナー。
前述のカートンファニチャー同様、ジュニアも組み立て式の家具です。
なので、工場ではパーツの姿のまま。

 

ちなみに、6001 アームチェアのパーツはこんな感じです。
この6つの板をそれぞれの切れ込みに差し込むだけ!
みなさんにも構造の面白さや組み立てる楽しみをぜひ体感していただきたい!
メトロクス店頭でもお試しいただけるので、お時間があるときにお立ち寄りくださいね。

アンジェロ・マンジャロッティ 組み立て家具シリーズ ジュニア

ジュニアシリーズの詳細はこちら

現場の方々、お忙しい中、工場を案内してくださり、ありがとうございました!
工場萌えの属性もある私は鼻息荒く、カメラ小僧と相成りました。

 

モエレ沼公園 イサム・ノグチ

工場見学の他に、札幌市内にあるショップ巡りや、
イサム・ノグチの設計したモエレ沼公園へ行きました。

 

モエレ沼公園 イサム・ノグチ

我々メトロクスはここ、モエレ沼公園にあるガラスのピラミッド内で
北欧デザインのエキシビジョンをやったこともあるんです。

その時の様子。

Nordic Design 北欧デザイン展 モエレ沼公園

Nordic Design展(2007)より│ ポニーボールチェアも。

 

Nordic Design 北欧デザイン展 モエレ沼公園

Nordic Design展(2007)より│ ハンス・J・ウェグナーの「ベアチェア PP19」も。
ソフトバンクのCMで吉永小百合さんが座っているのは、この椅子です。

当時のエキシビジョンの詳細はこちら。

 

ちょっと話がそれましたが、モエレ沼公園には
面白いモニュメントがたくさんあり、散歩がてら楽しめます。

モエレ沼公園 イサム・ノグチ
モエレ沼公園 イサム・ノグチ
モエレ沼公園 イサム・ノグチ

広大な芝生に癒されます!
この日は天候が良くなかったのと、ピラミッドが休館日だったので、
快晴の日にもう一度行ってみたいなぁと思っています。

え?なんだかこの出張、遊んでばかり?
そ、そ、そ、そんなはずは・・・(ない)!

 

おまけ
ピエール・ポランのF031 デスクの工場(旭川)にも立ち寄りました。
工場長さんのコレクション(?)がかわいかったのでパシャリ。

古き良き銀座の風景 ~BAR TARU~

こんにちは。メトロクスのハマダです。
今日は銀座のお話。

「銀座」と言えば、もう、それは単なる繁華街ではなく、ある種のブランドとも言える場所。
外資系の高級ブランドやトレンドを象徴するショップが軒並み出店するステータスの街です。
そんな最新モードの溢れる銀座ですが、一本道を入れば(特に銀座6丁目界隈)、
古びたレトロなビルなどが立ち並ぶところもあり、さすが、歴史のある街だと感じます。

けれども、昨今は「銀座六丁目10地区第一種市街地再開発事業」という
再開発プロジェクトのため、古き良き銀座を象徴する歴史あるお店が少しずつ
姿を消していっています。
渡辺力さん、剣持勇さんの両氏がインテリアデザインを手掛けたことでも知られる
1953年開業のバー「TARU(樽)」もそのひとつです。
平成25年3月末日をもって60年の幕を閉じました。

 

メトロクスではスタッフみんなで閉店1週間ほど前に
TARUへお酒をいただきに行きました。
こちらが外観です。1924年築のビル、ものすごいレトロです。
渡辺力さん、剣持勇さんが内装を手がけたBAR TARU

 

歴史を感じる看板。
渡辺力さん、剣持勇さんが内装を手がけたBAR TARU

 

TARUは地下にあり、この入り口を降りていきます。
渡辺力さん、剣持勇さんが内装を手がけたBAR TARU

 

階段を下りたところには、閉店を知らせるポスターが。
「ありがとう。さようなら。そして、ラブ。」
この一言にすべてが集約されているような気がします。
渡辺力さん、剣持勇さんが内装を手がけたBAR TARU

 

席に通されると、オーナーさんからのメッセージが記された紙を手渡されました。
そうか、さっきのポスターのコピーもオーナーさんの言葉なんだな、と
これを読んで気が付きました。
渡辺力さん、剣持勇さんが内装を手がけたBAR TARU

 

TARUのコースター。
私たちはお店の方にお願いして、記念に持ち帰らせてもらいました。
渡辺力さん、剣持勇さんが内装を手がけたBAR TARU

 

店内はお客さんでいっぱいだったので、あまり撮影できませんでした。
どれもこれも歴史を感じるものばかり、地下にあるという立地条件も相まって、
まさに「隠れ家」といった雰囲気です。
「この電気シェードも力さんのものかしら?」なんて話をしながら、
美味しいお酒をいただきます。
渡辺力さん、剣持勇さんが内装を手がけたBAR TARU
渡辺力さん、剣持勇さんが内装を手がけたBAR TARU

 

「この椅子も力さんぽいね」
渡辺力さん、剣持勇さんが内装を手がけたBAR TARU

 

こういう雰囲気の大人のバーには、あまり行ったことがなかったので、
ちょっぴり背伸びした気分でした。
渡辺力さん、剣持勇さんが内装を手がけたBAR TARU

 

奇しくも、渡辺力さんがお亡くなりになった今年に「TARU」も閉店するということで、
切ない気分はなおさら。最後に訪れることができ、本当に良かったと思います。

こういった歴史ある場所が少なくなっていくことは、とても残念です。
優れたプロダクトはいつまでも色褪せることなく、愛され続けていくと思います。
その素晴らしさを大切に守りながら、多くの方々へ伝えていくお手伝いをしていくこと。
ここを訪れたことで、私たちの使命をまた強く感じた夜でした。

渡辺力さん特集ページも好評です。
ぜひご覧ください。
http://metrocs.jp/special/rikiwatanabe/

アウトレット商品を追加しました!

こんにちは。メトロクス、ヨダです。
私は最近、東京国立近代美術館のフランシス・ベーコン展にいってきました。
なんだか、「不穏」なイメージを持っていたのですが、実際に絵を前にすると
色合いや筆遣いがとても美しく、只々じっと見つめてしまいました。
Tシャツやアイフォンケースまでグッズとして販売していましたが、
かなりインパクト大ですね。

さて、もうウェブショップのページではご紹介していますが、
アウトレット商品に追加が出ましたので、お知らせいたします。
(※ウェブショップからのアウトレット商品購入は、メトロクスポイントメンバーへの
ご登録が必要となります)

まずは、リキキッズセット

渡辺力さんが1965年にデザインした段ボール製の家具です。
魅力は、その強さ(子供向けですが、椅子は垂直耐荷重が340㎏です)
と、組立に一切の接着剤などを使わない美しさ、そして柔らかな色合いです。

こちらは、展示会などで一度使用したため、折り目の跡・座りじわ、多少の汚れ
などがあります。そちらを今回は半額で販売いたします。

オレンジ×2、ホワイト×2、ブルー×1の計5点です。

リキキッズセット(アウトレット) オンラインショップのご購入ページはこちらです。
50%OFF!! ¥7,140 → ¥3,570

そして、続いてはリキモビール
こちらも渡辺力さんが1983年にデザインしたものです。力さんが100歳の記念で
2011年にメトロクスが復刻しました。

今回は、多少のキズや、テグス穴の修理跡などがあるものに関して
20%OFFで販売いたします。
天井から吊るした際には、ほとんど目立たなくなるような跡です。

3連、4連ともに少しづつ在庫があります。

リキモビール(アウトレット) オンラインショップのご購入ページはこちらです。
20%OFF!! ¥10,500 → ¥8,400

最後にフォールディングトローリーです。

ドイツのライフハイト社製。シンプルなデザインで折り畳みができ、
狭い場所にも収納可能です。場所を選ばず置けるワゴンです。

こちらは、展示で使用したもので、多少の使用感とキズがあります。
シルバー、一点のみです。

フォールディングトローリー シルバー (アウトレット)
オンラインショップのご購入ページはこちらです。
20%OFF!! ¥17,640 → ¥14,112

私だったら、料理の補助台として使いたいです。
大きいお皿に盛りつけた料理など、そのままごろごろ運べてとても便利。
アウトレットではないですが、他にはホワイトの仕様もあります。

アウトレット品の状態などに関してご質問等がございましたら、
お店までお気軽にお問合せくださいね。
店頭では実物がご覧いただけます。

渡辺力さん「ロープチェア」が復刻

みなさん、こんにちは。メトロクス:タニです。
渡辺力さんの名作「ヒモイス」が「ロープチェア」として復刻されました。
メトロクスでも取り扱いを開始します。
ヒモイス 渡辺力
新しく作られた「ロープチェア」。詳しくはWEBをご覧ください。
今日のブログは新商品の話ではありません。
実はメトロクスの店頭にはオリジナルの「ヒモイス」があります。
これは本当に美術館クラスの、日本を代表する椅子と言っても過言ではありません。
今回復刻された「ロープチェア」はオリジナルより強度が増し、また外観も美しくなるよう
進化しています。そこを今日はご紹介したいと思います。
ヒモイス オリジナル 渡辺力
メトロクスにあるオリジナルの「ヒモイス」です。数年前にアンティークショップからやってきました。
ところどころ補修をされているようなのですが、しっかりとした状態です。

1952年に横山工業から発表されています。
そもそもは、物資の少なかった戦後、日本の住生活に馴染むように、また物資が少ない中、
容易に手に入る資材を使い、なおかつローコストであることを第一にデザインされました。
低いシートハイ(30cm)は畳の上での生活を考えての高さ。
フレームには当時手に入りやすかったナラ材が使われています。
布を椅子に張り込むとコストが掛かる。そこで日本の住宅であればどの家庭にでもあった、
座布団をのせて使う、ということを考えたそうです。
そのクッションを支える構造には丈夫で伸縮性のあるロープが用いられています。
そういった必然的な状況からこの椅子は生まれたと言えるんですね。

ヒモイス 側面 結び目
結び目がフレームの外側に出ていますが、復刻されたものは内側に
くるように調整をされているようです。確かに、横に渡された紐の本数を見ると、
画像のオリジナルは5本、復刻品は8本。紐を通す穴の数も変わっていますね。
ヒモイス 座面 ロープ
縦紐の数もオリジナルは13本、復刻品は15本です。
素材もオリジナルは綿ですが、復刻品はクレモナロープという、
ビニロンとポリエステルの混紡糸に変更。強度を増しています。

ヒモイス 座面下 結び目 渡辺力

ヒモイス 背面 結び目 渡辺力

新しくなった「ロープチェア」。オプションで背・座クッションを付けることもできます。
ロープチェア 座クッション付き 渡辺力
101台限定生産で、シリアルナンバープレートがついているプレミアムチェアです。
以前から探されていた方も多いようです。ヴィンテージでもなかなか
出てくることもないでしょう。是非ご検討ください!

最後のとっておき。渡辺力さんの「素描」から。
渡辺力 素描 表紙
渡辺力 素描 ヒモイス 
「ヒモイス」が掲載されています。
渡辺力 素描 ヒモイス 図面 
「ヒモイス」の図面も掲載が。
そこにある力さんのコメントを引用させて頂きます。

「私にとって公認された処女作。戦後の貧しい生活環境からのローコストチェア。
座と背のクッションは、座布団を使うこと、低い座位は、畳の上でのことも考えた。
シェーカーは18世紀の終わり頃、ベッドのクッション材としてロープを使っていたことを
1970年代に初めて知った。」
~株式会社建築家会館 素描・渡辺 力 より~

先日のクラフトブログでもご紹介した、シェーカー家具。力さんもこの書籍でそのことについて
書かれていて、また別のところでもそこから受けた影響の事について書かれているのを
読んだことがあります。
店頭に展示してありますので、是非ご一読ください。とても勉強になります。

SYNTHESIS 45 シリーズ:デスクトップアクセサリー

みなさんこんにちは。メトロクス:タニです。
現在メトロクス海外事業部はフランス:パリで開催中の
メゾン・エ・オブジェ2013に出展中です。昨年に引き続きの
出展なのですが、今年はNOW!という一番ホットなエリアへの
出展企業に選ばれたとのことで、多くの方にメトロクスの商品を
ご紹介できているとのことです。
やはり高評価を頂いているのが、渡辺力さんカートンファニチャーシリーズ
先日のブログでもお知らせしたとおり、力さんはお亡くなりになりましたが、
氏のデザインやプロダクトはこれからも生き続けていきます。
日本のみならず、海外へもっと広めて行ければ力さんもきっと喜んで
くれるのではないでしょうか。
メトロクスのfacebookページに少し現地の情報がアップされていますので
そちらもご覧くださいね。

さて、前置きが長くなってしまいましたが、今日はヴィンテージ品入荷のお知らせです。
オリヴェッティのデスクトップアイテムなど数点が入荷です。
オリヴェッティ シンテシス ペンスタンド レターホルダー ソットサス
シンテシス45シリーズ/ペンスタンド&レターラックセット
ソットサスが手掛けたデスクトップアクセサリーです。
幅と高さは同じ寸法で、その同じ寸法のなかで違う用途になるよう
デザインされています。フォルムはソットサスらしいですね。
1点限りです。

オリヴェッティ シンテシス ペーパートレイ ソットサス
同じくシンテシス45シリーズのペーパートレイ。A4のクリアファイルや一回り大きい
バインダーも余裕を持って入れることが出来ます。
カラーもワイン・グレー・ベージュの3色。もちろん重ねて使うことが出来ます。
こちらは各色数点ずつ入荷してきています。

ペントレイ オリヴェッティ ソットサス
ペントレイ。幅48cmと大きなサイズです。セラミック製で、存在感のある製品です。
オリヴェッティ ペントレイ ロゴ ソットサス
ブラックのトレイにグリーンの『olivetti』が映えます。

オリヴェッティ ペーパーナイフ ニッツォーリ
オリヴェッティの数々のタイプライターをデザインした、マルチェロ・ニッツォーリの
ペーパーナイフです。≪レキシコン80≫というタイプライターをデザインした際に
モチーフにしたとされるトリの形になっています。こちらはシルバー製の特別仕様で
専用の化粧箱に入っています。とても持ちやすく、手に持ったときの重みなど
他では味わえない感覚です。ギフトにもおススメです。

今週から何回かに分けてオンラインショップでオリヴェッティのヴィンテージから、
先日イタリアから入荷してきたヴィンテージアイテムをアップしていきます。
久しぶりの入荷ですので、お楽しみにお待ちください。少しづつ磨いて、
メトロクスの店頭には既に並んでいる商品もあります。
早くご覧になりたい方、是非ご来店くださいませ。

次回はこちら、今週の木曜日か金曜日にはご紹介します。
オリヴェッティ ヴィンテージ PC ミケーレ・デ・ルッキ 

メトロクスの保有するオリヴェッティのコレクションページ。必見です。
オリヴェッティ コレクション ヴィンテージ