渡辺力

リキウォッチに「小さな腕時計」シリーズが加わりました

小さな腕時計

こんにちは。
メトロクス・タカハシです。

先日、メトロクスで取り扱っている渡辺 力さんの「セイコー・リキコレクション」
新たなモデルが加わりました。

小さな壁掛け時計
文字盤のモチーフは1970年に服部時計店(現:セイコー)から発売された「小さな時計」
現在はタカタレムノスから復刻盤が販売されています。
この復刻盤は当時のオリジナルモデルを渡辺力さん自身がリデザインをされ当時の
雰囲気を損なうことなく生まれ変わりました。

当時は贈答品や記念品を目的として大きく豪華な装飾を施した時計が主流だった
時代に渡辺力さんのシンプルなデザインは画期的なものとして多くの建築家や
デザイナーに支持されていました。

さて、話は戻りますが、この小さな腕時計、小と大で文字盤のデザインが若干異なります。
小さな腕時計
左の小さいサイズは時計本体を小型化させる際に視認性を確保する為、
文字盤部分を一段くぼんだデザインにし、斜めからの位置でも長針と短針の
位置を読み取りやすくしてあります。一段盛り上がった数字は文字盤が
でしゃばり過ぎないよう色が入っていませんが、使用されている
フォント「クラレンドン」は小さくても可読性が高い為、読み取りやすくなっています。

クラレンドンというフォントは1845年にデザインされ1953年にスイスの
デザイナー、ヘルマン・アイデンベンツとエドアール・ホフマンによって復刻されました。
ちなみにホフマンは、現在もっとも使用されているフォントの1つ
「ヘルベチカ」を手掛けた人です。

小さな腕時計 大
実際に大人サイズの「大」を男性が着用してみました。
腕回りが185mmの人まで着用可能なため、男性にもおすすめのモデルです。

ベルトに使われている素材はベジタブルタンニンでなめしたピッグスキン。
人の肌の感触に一番近い素材と言われ柔らかく着け心地もいい具合です。

小さな腕時計 小
続いて子供と女性向けサイズの「小」
大人が着けちゃっても平気? と思う人もいるかもしれませんが、腕回り17mm以下の
男性なら特に問題なく使用することができます。
ちなみに着用した僕は太ってもないし痩せてもいない平均的な体系の日本男児です。

実際に僕はこの小さな腕時計の以前のモデル「リキウォッチ キッズモデル」
愛用していたくらいで、むしろ小さい文字盤の方が好みでもあります。(人による)

小さな腕時計
これからの新生活に小さな壁掛け時計と腕時計をセットでプレゼントというのも
気が利いていていいかもしれません。

男女カップルや親子揃って是非お使いになってみてはどうでしょう?

余談ですが、2006年ブルーノ・タウト展の時の渡辺力さんのインタビュー記事を
下記リンクで公開していますので、興味がある方はご覧ください。

インタビュー記事はこちらから

アンジェロ・マンジャロッティによる 名作「セクティコン」

こんにちは。
メトロクスのオノデラです。

本日は、メトロクスで取扱開始した
有機的なフォルムが特徴の置時計
セクティコン」についてご紹介いたします。

セクティコン」は、
今年、メトロクスで復刻を手掛けた「ジュニア」でも知られる、
イタリア建築界の巨匠:アンジェロ・マンジャロッティ
1956年にデザインした置き時計です。

デザインされた当時、
セクティコンは、スイス製電池式時計シリーズとして、
4つのタイプがありました。

下の画像の下段右側のきのこ型の置き時計の「t1」、
下段中央の石ころのような形の置き時計の「t2」、
上段左上の壁掛け時計「m1」、
そして、下段右側のクロノメーターとしてデザインされた「c1」です。


※当時のリーフレット

現在、生産されているのは、
当時作られたデザインの内のひとつ「c1」を、
2004年に復刻したものです。

現在のモデルは、本体ベース部分は陶器製ですが、
当時は、ベース部がプラスチック製でした。


※書籍『ANGELO MANGIAROTTI 1955-1964(青銅社)』より


※書籍『マンジャロッティの世界(建築技術)』より

セクティコンのフォルムは、
モノと人間との位置関係を反映し、
エルゴノミズム(人間工学)に基づき決定されました。


※書籍『マンジャロッティの世界(建築技術)』より

文字盤は、4種類それぞれ大きさは異なりますが、
同一のデザインとなっています。
インデックスは時間が進むにつれ幅広く表記され、
認識しやすいように構成されています。
判読しやすさを何よりも重視した、広くすっきりした文字盤です。
現在は、黒色の文字盤に白い針とインデックスのみですが、
当時は、白色や金色の文字盤もありました。

また長針・短針の先端が、
文字盤のインデックスと同じ長さの長方形になっています。
統一感があり、美しいデザインです。


※書籍『Mangiarotti(Corraini Edizioni)』より

1965年には、同シリーズで、
本体がステンレス製の「T11」という置き時計も
製作されているようです。

時代を超えた名作クロック、
贈り物としても喜ばれます。
特別な場所に、普段使いに、いかがでしょうか。

おまけ

古い「セクティコン」が、渡辺力さんのご自宅に飾られていました。
生前に愛用されていたそうです。

メトロクス生誕の地・北海道へ!工場探訪~製品ができるまで

こんにちは、メトロクス・ハマダです。
先月、出張で札幌へ行ってきました。
元々、メトロクスは札幌で始まった経緯がありますので、
製造工場なども多くが北海道にあるのです。

渡辺力 カートンファニチャーシリーズ リキスツール&キッズセット

巨匠 渡辺力さんデザイン、みなさんもご存知のカートンファニチャーシリーズ
スツールは「リキスツール」の愛称でも親しまれています。
段ボール家具ですから、もちろん、段ボール工場で製造されています。
工場は北海道・小樽にあります。
このシリーズの製造ラインを見学して来ました。

 

渡辺力 カートンファニチャーシリーズ リキスツール&キッズセット

この大きな段ボールを加工していきます。

 

渡辺力 カートンファニチャーシリーズ リキスツール&キッズセット

製造ラインに乗せられ、どんどん流れていく段ボール。

 

渡辺力 カートンファニチャーシリーズ リキスツール&キッズセット

シュー!と高速で送られていきます。
物によって異なりますが、このラインで表面にプリントが施されたり、
折り目がつけられたり、形になっていきます。

 

渡辺力 カートンファニチャーシリーズ リキスツール&キッズセット

型抜きをして、できあがっていく段ボール。
※この写真はカートンファニチャーではありません。

 

渡辺力 カートンファニチャーシリーズ リキスツール&キッズセット

これはカートンファニチャーの色見本。
毎回、この見本と照らし合わせて、色に差がないか確認します。

 

渡辺力 カートンファニチャーシリーズ リキスツール&キッズセット

これは別ラインの機械。物量や大きさによって使い分けるそうです。
このような製造ラインを通って、ユニークな形の段ボールパーツが完成します。

 

渡辺力 カートンファニチャーシリーズ リキスツール&キッズセット

できあがったパーツがこちら。

 

渡辺力 カートンファニチャーシリーズ リキスツール&キッズセット

あとは、みなさんの手でパズルのように組み合わせていくだけ。
物が作られていく工程を見るのは、本当にわくわくしますね!

カートンファニチャーシリーズの詳細はこちら。

 

 

アンジェロ・マンジャロッティ 組み立て家具シリーズ ジュニア

さて、続いては今年発表した新シリーズ「ジュニア」の製造工場へお邪魔しました。
こちらの工場は、家具の産地としても有名な旭川にあります。

 

アンジェロ・マンジャロッティ 組み立て家具シリーズ ジュニア

職人さんが作業中。この工場では、いろんな種類の家具を製造されています。

 

アンジェロ・マンジャロッティ 組み立て家具シリーズ ジュニア

特殊加工専用の機械もたくさん。

 

アンジェロ・マンジャロッティ 組み立て家具シリーズ ジュニア

ジュニアの資材コーナー。
前述のカートンファニチャー同様、ジュニアも組み立て式の家具です。
なので、工場ではパーツの姿のまま。

 

ちなみに、6001 アームチェアのパーツはこんな感じです。
この6つの板をそれぞれの切れ込みに差し込むだけ!
みなさんにも構造の面白さや組み立てる楽しみをぜひ体感していただきたい!
メトロクス店頭でもお試しいただけるので、お時間があるときにお立ち寄りくださいね。

アンジェロ・マンジャロッティ 組み立て家具シリーズ ジュニア

ジュニアシリーズの詳細はこちら

現場の方々、お忙しい中、工場を案内してくださり、ありがとうございました!
工場萌えの属性もある私は鼻息荒く、カメラ小僧と相成りました。

 

モエレ沼公園 イサム・ノグチ

工場見学の他に、札幌市内にあるショップ巡りや、
イサム・ノグチの設計したモエレ沼公園へ行きました。

 

モエレ沼公園 イサム・ノグチ

我々メトロクスはここ、モエレ沼公園にあるガラスのピラミッド内で
北欧デザインのエキシビジョンをやったこともあるんです。

その時の様子。

Nordic Design 北欧デザイン展 モエレ沼公園

Nordic Design展(2007)より│ ポニーボールチェアも。

 

Nordic Design 北欧デザイン展 モエレ沼公園

Nordic Design展(2007)より│ ハンス・J・ウェグナーの「ベアチェア PP19」も。
ソフトバンクのCMで吉永小百合さんが座っているのは、この椅子です。

当時のエキシビジョンの詳細はこちら。

 

ちょっと話がそれましたが、モエレ沼公園には
面白いモニュメントがたくさんあり、散歩がてら楽しめます。

モエレ沼公園 イサム・ノグチ
モエレ沼公園 イサム・ノグチ
モエレ沼公園 イサム・ノグチ

広大な芝生に癒されます!
この日は天候が良くなかったのと、ピラミッドが休館日だったので、
快晴の日にもう一度行ってみたいなぁと思っています。

え?なんだかこの出張、遊んでばかり?
そ、そ、そ、そんなはずは・・・(ない)!

 

おまけ
ピエール・ポランのF031 デスクの工場(旭川)にも立ち寄りました。
工場長さんのコレクション(?)がかわいかったのでパシャリ。

古き良き銀座の風景 ~BAR TARU~

こんにちは。メトロクスのハマダです。
今日は銀座のお話。

「銀座」と言えば、もう、それは単なる繁華街ではなく、ある種のブランドとも言える場所。
外資系の高級ブランドやトレンドを象徴するショップが軒並み出店するステータスの街です。
そんな最新モードの溢れる銀座ですが、一本道を入れば(特に銀座6丁目界隈)、
古びたレトロなビルなどが立ち並ぶところもあり、さすが、歴史のある街だと感じます。

けれども、昨今は「銀座六丁目10地区第一種市街地再開発事業」という
再開発プロジェクトのため、古き良き銀座を象徴する歴史あるお店が少しずつ
姿を消していっています。
渡辺力さん、剣持勇さんの両氏がインテリアデザインを手掛けたことでも知られる
1953年開業のバー「TARU(樽)」もそのひとつです。
平成25年3月末日をもって60年の幕を閉じました。

 

メトロクスではスタッフみんなで閉店1週間ほど前に
TARUへお酒をいただきに行きました。
こちらが外観です。1924年築のビル、ものすごいレトロです。
渡辺力さん、剣持勇さんが内装を手がけたBAR TARU

 

歴史を感じる看板。
渡辺力さん、剣持勇さんが内装を手がけたBAR TARU

 

TARUは地下にあり、この入り口を降りていきます。
渡辺力さん、剣持勇さんが内装を手がけたBAR TARU

 

階段を下りたところには、閉店を知らせるポスターが。
「ありがとう。さようなら。そして、ラブ。」
この一言にすべてが集約されているような気がします。
渡辺力さん、剣持勇さんが内装を手がけたBAR TARU

 

席に通されると、オーナーさんからのメッセージが記された紙を手渡されました。
そうか、さっきのポスターのコピーもオーナーさんの言葉なんだな、と
これを読んで気が付きました。
渡辺力さん、剣持勇さんが内装を手がけたBAR TARU

 

TARUのコースター。
私たちはお店の方にお願いして、記念に持ち帰らせてもらいました。
渡辺力さん、剣持勇さんが内装を手がけたBAR TARU

 

店内はお客さんでいっぱいだったので、あまり撮影できませんでした。
どれもこれも歴史を感じるものばかり、地下にあるという立地条件も相まって、
まさに「隠れ家」といった雰囲気です。
「この電気シェードも力さんのものかしら?」なんて話をしながら、
美味しいお酒をいただきます。
渡辺力さん、剣持勇さんが内装を手がけたBAR TARU
渡辺力さん、剣持勇さんが内装を手がけたBAR TARU

 

「この椅子も力さんぽいね」
渡辺力さん、剣持勇さんが内装を手がけたBAR TARU

 

こういう雰囲気の大人のバーには、あまり行ったことがなかったので、
ちょっぴり背伸びした気分でした。
渡辺力さん、剣持勇さんが内装を手がけたBAR TARU

 

奇しくも、渡辺力さんがお亡くなりになった今年に「TARU」も閉店するということで、
切ない気分はなおさら。最後に訪れることができ、本当に良かったと思います。

こういった歴史ある場所が少なくなっていくことは、とても残念です。
優れたプロダクトはいつまでも色褪せることなく、愛され続けていくと思います。
その素晴らしさを大切に守りながら、多くの方々へ伝えていくお手伝いをしていくこと。
ここを訪れたことで、私たちの使命をまた強く感じた夜でした。

渡辺力さん特集ページも好評です。
ぜひご覧ください。
http://metrocs.jp/special/rikiwatanabe/

アウトレット商品を追加しました!

こんにちは。メトロクス、ヨダです。
私は最近、東京国立近代美術館のフランシス・ベーコン展にいってきました。
なんだか、「不穏」なイメージを持っていたのですが、実際に絵を前にすると
色合いや筆遣いがとても美しく、只々じっと見つめてしまいました。
Tシャツやアイフォンケースまでグッズとして販売していましたが、
かなりインパクト大ですね。

さて、もうウェブショップのページではご紹介していますが、
アウトレット商品に追加が出ましたので、お知らせいたします。
(※ウェブショップからのアウトレット商品購入は、メトロクスポイントメンバーへの
ご登録が必要となります)

まずは、リキキッズセット

渡辺力さんが1965年にデザインした段ボール製の家具です。
魅力は、その強さ(子供向けですが、椅子は垂直耐荷重が340㎏です)
と、組立に一切の接着剤などを使わない美しさ、そして柔らかな色合いです。

こちらは、展示会などで一度使用したため、折り目の跡・座りじわ、多少の汚れ
などがあります。そちらを今回は半額で販売いたします。

オレンジ×2、ホワイト×2、ブルー×1の計5点です。

リキキッズセット(アウトレット) オンラインショップのご購入ページはこちらです。
50%OFF!! ¥7,140 → ¥3,570

そして、続いてはリキモビール
こちらも渡辺力さんが1983年にデザインしたものです。力さんが100歳の記念で
2011年にメトロクスが復刻しました。

今回は、多少のキズや、テグス穴の修理跡などがあるものに関して
20%OFFで販売いたします。
天井から吊るした際には、ほとんど目立たなくなるような跡です。

3連、4連ともに少しづつ在庫があります。

リキモビール(アウトレット) オンラインショップのご購入ページはこちらです。
20%OFF!! ¥10,500 → ¥8,400

最後にフォールディングトローリーです。

ドイツのライフハイト社製。シンプルなデザインで折り畳みができ、
狭い場所にも収納可能です。場所を選ばず置けるワゴンです。

こちらは、展示で使用したもので、多少の使用感とキズがあります。
シルバー、一点のみです。

フォールディングトローリー シルバー (アウトレット)
オンラインショップのご購入ページはこちらです。
20%OFF!! ¥17,640 → ¥14,112

私だったら、料理の補助台として使いたいです。
大きいお皿に盛りつけた料理など、そのままごろごろ運べてとても便利。
アウトレットではないですが、他にはホワイトの仕様もあります。

アウトレット品の状態などに関してご質問等がございましたら、
お店までお気軽にお問合せくださいね。
店頭では実物がご覧いただけます。