デザイン界の巨匠ジオ・ポンティが手掛けたアイテム登場

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
01

こんにちは、メトロクス・タカダです。

メトロクスでは、ヨーロッパや日本のモダンデザインにスポットをあて、時代や国境を越えて愛されるアイテムを紹介してまいりました。

その中でも、イタリアンデザインへの関心は高く
オリベッティやオールーチェ、ビトッシなど、イタリアを
発祥としたメーカーや、イタリアで活躍したデザイナーの
プロダクトを多数取り扱っております。

そして、この度、イタリアのモダニズムを代表する建築家
・デザイナー、ジオ・ポンティが手掛けたアイテムの
取り扱いを開始いたしました。

ジオ・ポンティと言えば、カトラリーや食器、ファブリック
家具のデザインから建築まで、幅広い分野で活躍。
イタリアではじめてとなる近代高層ビル「ピレッリビル」を
設計し「イタリアモダンデザインの父」と呼ばれる人物です。

00_1
彼がデザインした家具の中で、皆さんの良く知る代表作
としては、こちらの「スーパーレッジェーラ」でしょうか。

00
1951年からカッシーナ社で製造が始まったこのチェアは
その名の通りとても軽量に作られています。
女性でも指一本で持ち上げられるということで
当時、大変話題になったのだとか。

さて、前置きが長くなりましたが、
今回取り扱いを開始いたしましたのは
こちらの、セラミックタイルのシリーズです。

01
ミニチュアタイル コレクション 各¥595(税込)
※左上段から PP-03,PP-01,PP-16,PP-19,PP-11
左下段から PP-06,PP-02,PP-10

60年代の初頭、南イタリア、ソレントの
紺碧の海を見晴らすホテル「パルコ・デイ・プリンチピ」の
建築、インテリア、家具を手がけたポンティ。

image_03

image_02

なかでも夢中になったのが約30種類にも及ぶ
ジオメトリック・パターンのタイルのデザインでした。

08
PP-03

07
PP-11

06
PP-19

シンプルなそれぞれのパターンが
組み合わせによって表情を変えていく驚きのなかに
ポンティの才能と遊び心がほとばしります。

ジオメトリック・パターンの組み合わせが良くわかる
動画がございましたので、こちらも是非、ご覧ください。

2011年にLIXILによって復刻したこちらのタイルは
実際のタイルの大きさ20cm角を1/16サイズで
精巧に再現しており、裏面にマグネットシートが付いた
マグネットタイルとなっています。

03

そして、もう一つのアイテムが、1951年に
ミラノトリエンナーレで発表された
カトラリー「Conca」です。

12
Conca チルドレンズカトラリーセット ¥5,400(税込)

アシメントリーで現代的な独特のシェイプは
日常生活に使うための機能性と、
オブジェクトとしてのキャラクター性を持たせるためと、
ポンティのデザインセオリーが詰め込まれています。

13

16
このカトラリーセットは「チルドレンズ」と
名付けられていますが、大人でも十分なサイズ。

14

15

歯の短いフォークはわずかにくぼんでいて
スプーンのようにソースをすくうことができ、
弧を描いたナイフは切っ先の片面にのみ鋸刃が
施されていることで食材が詰まりにくく
切り易く設計されているなど、
全体的に滑らかな曲線で構成されたデザインには
人間工学に基づいたこだわりが表れています。

DSC_1039s

Concaを含め、ポンティがデザインした
カトラリーシリーズは当初クルップによって
製造されていましたが、1960年代にイタリアの
老舗カトラリーブランド「サンボネ」がクルップを買収。
現在はサンボネが製造しています。

ちなみに、Concaは、青山スパイラル5階にある
ミナ ペルホネンのお店「コール(call)」に
併設されたカフェ「家と庭」でも使用されています。

image_04

こちらは大人用のサイズでした。

過去には、コレクションマーケットでdomusを
販売しましたがジオ・ポンティが創刊、初代編集長を
務めていたことでもよく知られていますね。
メトロクスとしても、関心が高い建築家・デザイナー
の一人でもあります。

image_01_03

店頭ではdomusはもちろんですが、ご自由に
お読みいただけるジオ・ポンティに関する書籍
(非売品)もございますので、是非、休憩がてら
ご覧にいらしてください。

保存