キャンバスシートが爽やかなBKFチェア登場

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは、メトロクス・タカダです。

あの「バタフライチェア」の愛称でもよく知られているBKFチェアにキャンバス仕様が追加されました。
iq8a7930_high_3-min

1938年にアルゼンチンのブエノスアイレスで誕生した「BKFチェア」は、20世紀を代表する建築家のル・コルビュジエの下で働いていた3人のアルゼンチン人デザイナー(アントニオ・ボネット、フアン・クルチャン、ホルヘ・フェラーリ=ハードイ)によってデザインされ、それぞれの頭文字をとってBKFチェアと名づけられました。

イギリスの土木技師ジョセフ・フェンビーがデザインした折りたたみ椅子「トリポリーナ(1885年)」からインスピレーションを得て誕生したBKFチェアは、50年代から60年代にかけて特に若者たちに支持され、その人気はイームズ夫妻によるプロダクトにも勝るとも劣らないものでした。

trip1a_l
トリポーナ(1885年)/出典:1stdibs

黄金時代である50年代には500万脚ほど製造されたBKFチェア。数多くの芸術家に愛され、ニューヨーク近代美術館にもおさめられました。

その後、2005年にスウェーデンのCUEROによって再生産がスタートし、かつてのようにこのチェアの存在は世界中で愛されるようになりました。

BKFチェアと言えばこれまでの厚手のしっかりとした革のイメージでラグジュアリーな印象がありますが、キャンバス素材はもっとカジュアルで爽やかな雰囲気。これからの季節にもおすすめの一脚です。

そして嬉しいのは、このお値段。15万円ほどのレザータイプの半値以下で購入できます。

rfc4201wh
BKF バタフライチェア/マリポサ キャンバス ホワイト 63,720円
※カバーのみ 31,320円

rfc4201na
BKF バタフライチェア/マリポサ キャンバス ナチュラル 63,720円
※カバーのみ 31,320円

さらにうれしいのは、すでにBKFチェアをお持ちの方は、カバーのみの購入も可能ということ。季節や空間によって着せ替えができます。

※フレームはブラックのみ

因みに、デザイン当初のオリジナルに近いのはこちらのキャンバスシートのようですね。

さて、いかがでしたでしょうか。
この機会に、憧れのBKFチェアをインテリアに取り入れてみてはいかがでしょうか。

尚、こちらの商品はお取り寄せ対応(1-2週間程度)となります。ますはお気軽にお問合せください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

METROCS Tokyo

東京タワーから程近いオフィス街にあるMETROCSのリアルショップには、ネット掲載のないアイテムも多数展示しています。

東京都港区新橋6丁目18-2
・都営三田線「御成門駅」徒歩2分
・都営浅草線「大門駅」徒歩9分
・JR、東京メトロ銀座線「新橋駅」徒歩10分

お問い合わせ|tokyo@metrocs.jp
TEL|03-5777-5866
営業時間|月・火・木・金曜 12:00~18:00、土曜 12:00~19:00
定休日|水・日曜・祝日

ショップ詳細はこちら