Buongiorno Maestro!作品紹介(6) 【ビトッシ「デッドストック大型ランプ」】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ビトッシのシリーズ紹介も第6弾。
最終回は珍しいデッドストックの大型ランプです。

デッドストック フロアランプ

左から「1865」「1866」「1867」「1868」「1869」

 
メーカーの倉庫にて数点のデッドストック品が見つかったもの。

こちらのベースはリエディションシリーズと同じく
赤土を使い、素朴でごつごつした存在感があります。

電球は白熱電球(E-26型)×1、調光付きで、
シェードは当時のカタログを参考に新たに作りました。

 
ここでイタリアでの写真から。(写真が暗くてすみません。)

『棚の上のモンドリアン風のものは何ですか?』
bitossi3

『見せてもらえますか?』
『ハシゴを持ってきます。』(かなり高い位置にある棚だった。)
bitosshi1
(隣のリミニブルー30太陽は高さ21cm)
『いつ頃の?』
『70年代ですね。』
70年代から80年代には、ヨーロッパやアメリカに数多く輸出された人気アイテムでした。
bitossi2
『シェードあるんですか?』
『残念ながら…』
『(でも、これは面白いぞ。)』

などという会話が繰り広げられたそうです。

こちらの商品、お取り寄せ可能なものもありますので
気になる柄はお気軽にお問い合わせください。
(1865の柄はグレカ、他の直線で分割された柄はモンドリアンといいます。)
メトロクス東京では「1868」がお待ちしております。
>>ビトッシ「デッドストック大型ランプ」

 
■こちらもどうぞ→ビトッシ作品紹介(まとめ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>