バウハウス

「Graphics マックス・ビルと暮らす。」その1

こんにちは。
メトロクス・タカハシです。
 
今日は10月25日(土)からのメトロクスのエキシビション「Graphicsマックス・ビルと暮らす。」
のお知らせです。
 
Graphics マックス・ビルと暮らす。
 
 
 
今回の催事はエヌクラフツの催事を除くと2011年のドイツデザインのマスターピー
ス展
以来の大型エキシビションになります。
 
さて、今回この「Graphics マックス・ビルと暮らす。」を開催することになった経緯で
すが、約1年前、メトロクス内で「マックス・ビルのラグを作ろう!」と話が持ち上がった
のが始まりでした。
 
まずは元となるグラフィック作品を選ぶところからです。社内でミーティングを重ね
複数の候補の中からこの3点が選ばれました。
 
元となった3つのグラフィック作品
 
一番上が、color-wheel. [1970]左下が、colorful accents.[1946]右下がquiet.[1948]
の3種類です。(色味は資料のスキャンの為実物とは異なります。)
 
このグラフィック作品をもとにマックス・ビル財団の管理者でもありビルの息子さん
のヤコブ・ビル氏に意見を仰ぎながら、色味のバランス等、何度も試行錯誤を
繰り返しついに完成となりました。
 
マックス・ビルラグ3種
 
そして、今年の9月に発売が決まった頃に、「発売日に合わせてマックス・ビルの
エキシビションを開催しよう!」とこれまた話が持ち上がりました。
 
そこから、「じゃあいったいどんな内容のエキシビションがいいだろう?」とあれこれ
考え1つのテーマに突き当たりました。
 
マックス・ビルは彫刻家、グラフィックアーティスト、建築家、プロダクトデザイナー、
と多彩な顔を持つユニバーサルデザイナー。今回のラグは、マックス・ビルの
グラフィック作品がモチーフとなっていることもあり、ビルの「グラフィック」にス
ポットを当てて「グラフィック作品の魅力と制作においての数学的思考をテーマに!」
と、方向性はこれで決まりました。
 
そこからは展示物集めです。マックス・ビル関連のエキシビションは実はこれで3度目。
先に挙げたドイツデザインのマスターピース展の他、2007年に行ったマックス・ビル展
です。2つとも展示物はメトロクスや協賛頂いた方のコレクションを展示、閲覧するもの
でしたが、今回の「Graphics マックス・ビルと暮らす。」は海外から買い付けた70年
代〜80年代のマックス・ビルの貴重なヴィンテージポスターを中心に購入できるもの
をメインの展示物にしたことが、前回、前々回のエキシビションとの一番の違いです。
 
「マックス・ビルと暮らす。」のサブタイトルもラグを含め、「マックスビルのグラ
フィック作品を自宅のインテリアに取り入れてもらう」というところからきています。
この冬、マックス・ビルと暮らしてみるのもいいかもしれません。
 
イメージカット
Styling:Yumi Nakata
Cooperation: Royal Furniture Collection
 
1
 
そして、今回のエキシビションで一番の目玉企画は11月2日(日)に開催するギャラ
リートーク「マックス・ビルの会」です。
マックス・ビルの会とは千葉工業大学デザイン科学科山崎研究室が主催するモダン
デザインの会という毎回、1つのテーマに対して有識者を招きデザインについて語る
トークイベントです。 今回のマックス・ビルはそのモダンデザインの会の第6回目の
トークテーマです。
 
今回は、ウルム造形大学にてマックス・ビルと親交があった工業デザイナー
向井周太郎さんをゲストに招きマックス・ビルの魅力やデザインアプローチについて
議論していきます。
 
向井周太郎さんのプロフィール:
早稲田大学を卒業後、ウルム造形大学に留学。マックス・ビルをはじめオトル・
アイヒャー、マックス・ベンゼなどに学ぶ。その後、豊口デザイン研究所などを
経てウルム造形大学やハノーヴァー大学でデザインの研究、教育に従事する。
帰国後は武蔵野美術大学の基礎デザイン学科創設など、デザインにおける
新しい人材の育成とデザイン学の形成に力を注ぐ。
著書に「デザイン学 思索のコンステレーション」「かたちの詩学I.II.」など多数。
 
向井さんからマックス・ビルについてお話を伺える貴重な機会。
はっきり言ってこんな機会はめったに無い貴重な機会です。
こちらの会は事前予約制ですので、ご希望の方は下記リンクからお申し込み下さい↓
 
日 時 11月2日(日)14:30-17:00(開場14:00)終了後は希望者で懇親会
場 所 メトロクス東京
参加費 無料(事前申込が必要です)、懇親会費は3500円程度の実費
定 員 │30名(先着順)
申込み │http://kokucheese.com/event/index/215957/
希望者は終了後に新橋のお店で懇親会もありますのでそちらも是非!
 
2
 
次週も引き続き「Graphics マックス・ビルと暮らす。」について
掘り下げていきたいと思います。
次週は展示物を少しお見せしていきますので是非ご覧下さい。

ウルムスツール&ウルムスツール カラー 比較!

こんにちは。メトロクス・オノデラです。

本日は、新商品のご紹介。
スイス人デザイナー マックス・ビルがデザインした名作「ウルムスツール」に、
新たにカラータイプが仲間入りしました。


Photo:Masatoshi Takahashi
Styling:Yumi Nakata

ウルムスツールは、
ウルム造形大学の学生のためにデザインされたスツールです。
椅子としてだけでなく、サイドテーブルや棚、
また、持ち運びなどの用途を想定した機能的なフォルム。
無駄を削ぎ落としたバウハウスの理念を象徴する家具です。
※より詳しい詳細は、
マックス・ビルのプロダクト紹介ページへ!こちらから。

今回登場したカラーは、全6色。
レッド、オレンジ、イエロー、グリーン、ライトブルー、ブルーです。

通常のウルムスツールウルムスツール カラーとでは、
少し仕様が異なります。

通常のウルムスツールは、
比較的やわらかい材種のスプルースの無垢材を無塗装で使用しており、
その手触りは、やさしくあたたかみがあります。
また、無塗装ならではの、
経年変化による味わいのある表情も楽しむことができます。

それに対し、カラー 仕様は、
傷がつきにくい固い材種であるバーチの無垢材を使用し、
木目を活かして染色された後、
クリアのウレタンで塗装し仕上げられています。
通常のウルムスツールよりもウルムスツール カラーのほうが、
材料が重たい分、安定感があり、がっしりした感じがします。
ウルムスツール 約3キロ、
ウルムスツール カラー 約4キロ。

また、カラータイプに使用されているバーチ材は、
通常のウルムスツールに使用されているスプルース材よりも格段に固いので、
接合部分の、組接ぎ、さねはぎ、ほぞ組みなどに、
より技術を必要とし、難しい加工ですが、
通常のウルムスツール同様、とても精度よく作られています。

The マスターピース 、ウルムスツールはもちろん、
新鋭 ウルムスツール カラーも、
長くみんなに愛されるプロダクトになりそうです。


Styling:Yumi Nakata


Photo:Masatoshi Takahashi
Styling:Yumi Nakata

そして今、メトロクスでは、
デザイナー  マックス・ビル に関するイベントを企画中です。
詳細は、来週のブログでお知らせします。
おたのしみに。

マックス・ビルによる完璧な調和のテーブルクロック

こんにちは、メトロクス・ハマダです。

ユンハンスからマックス・ビルテーブルクロックが復刻されました。

1958年のデザインです。

ユンハンス テーブルクロック

マックス・ビルは、ドイツのバウハウスでグロピウスやクレー、カンディンスキーに師事し、

幅広い分野で活躍した偉大なデザイナー。

バウハウス最後の巨匠とも言われています。

このテーブルクロックにも、彼の作品のポリシーである

「明確で調和のとれたデザイン」が色濃く反映されています。

ユンハンス テーブルクロック

本体は木製。

ホワイトはシルクマット塗装、ブラックはピアノラッカー塗装が施されています。

文字盤をふち取る枠・針・脚は、艶消しのアルミで高級感のある仕上がり。

本体裏側や化粧箱には、マックス・ビルのサインがプリントされており、

ギフトには特に適した時計です。

 

下の写真はマックス・ビルが机に向かって、何やら図面を描いているところ。

左手の近くに置いてあるスプーンが気になりますね、モチーフがスプーンなんでしょうか。

それはさておき、手前にオリジナルのテーブルクロックが写っています。

今回発売されたものも、このくらいの大きさ。幅164×奥行75×高さ175mmです。

 

メトロクスにはマックス・ビルの関連書籍がたくさんありますので、ちょっと抜粋。

MoMAコレクションにも選ばれているウォールクロック(1956)

今も根強い人気商品です。

 

50年以上前のデザインなのにレトロな印象を全く受けない・・・

最小限の本質的な要素だけで構成されているものは、いつまで経っても色褪せません。

クロック以外では、ウルムスツールもその代表格です!


Ulm Stool / ウルムスツール

 

書籍の他にも、珍しいアイテムをコレクションしています。

これは1989年にデザインされたコンテンポラリーオブジェ「3-8Eck」。

アクリル樹脂製です。側面にマックス・ビルのサイン入り。

ナンバリングされていて、限定180個の代物のようです。

 

こちらはOMEGA アートコレクション Max Bill 88 のウォッチ。

文字盤の裏側はコンクリート・アートのようなカラフル模様でした。

マックス・ビルコンクリート・アート作品もたくさん残したアーティスト。

その中の1シリーズから2種類をポスター化したものがこちら。


Poster Variation 1&12 / バリエーション1&12 (1935)

バリエーション1(八角形の方)は、先ほど紹介したオブジェ「3-8Eck」と

同じパターンですね。

 

いろいろと彼の作品を並べてみると、やはり、

バウハウスの精神が強く表れていることがよく分かりました。

もう80年も前に閉校したバウハウス、実質14年くらいしか活動期間がないのに、

現代芸術・デザインを語る上でかかせない存在となっていることに驚きです。

 

マックス・ビルのプロダクト紹介はこちら



ウルムスツール 耐荷重試験レポート!

こんにちは。
メトロクスの小野寺です。

弊社では、ウルムスツールの日本の輸入代理店ということもあり、
ウルムスツールをwebでご覧いただいたお客様から
「見た目が不安定そうで、大人が座っても大丈夫かしら?」
というお声を、たびたびいただくことがあります。

そんなウルムスツールの汚名返上?!

本日は、ウルムスツールの耐荷重試験の様子をレポートします。

今回行った耐荷重試験は、
“どのくらいの力をかけると壊れるか”というものです。
メトロクスでは、スツールの用途で使用される「座面」と
シェルフの用途で使用される「側面」の、2面の耐荷重を調べました。

まずは、座面部分。
スツールとして使用する場合は、
この面に荷重がかかることになります。

材料試験機の天板の上にウルムスツールを乗せ、
座面の中心に当て板を置きます。
この当て板の中央上方から徐々に荷重を加えていきます。

荷重を加えていくと、座面がだんだん湾曲してきました。

22.0kN=2240kgfの荷重がかかったところで、
座面と側板の接合の組手部分にひび割れが生じ、
座面の中心部分が縦方向に亀裂が入り折れました。

2240kgfの荷重とは、
2240kgの質量のものを上に乗せたのとほぼ同じ意味合いなのだそうです。

むむむ、2240kg…???

簡単に想像できないので、例えて考えてみました。

実際に行うのは不可能な例ですが、
(あくまで参考までに!!です。)
数値上では、
1000mlの牛乳パック(約1kg)が2240本分。
人間(約50kg)が44.8人分。
ゾウ(約5トン(5000kg))はだめですが、
こどものゾウ(約2トン(2000kg))は大丈夫なことになります。

すごいぞ、ウルムスツール

さて、次に、側面です。
シェルフとして使用する場合は、この面に荷重がかかることになります。

材料試験機の天板の上にウルムスツールを横にして置き、
側面の丸棒のつなぎ部分と座面のほぼ中心の位置に当て板を置きます。
この当て板の中央上方から徐々に荷重を加えていきます。

荷重を加えると、側面がだんだん湾曲し
丸棒のつなぎ部分にひび割れが生じてきました。

10.9kN=1110kgfの荷重がかかったところで、
組手部分にもひびが入り、完全に丸棒が側面を突き破りました。

側面は、座面より荷重に弱いことがわかりました。
ただ、弱いとは言えども、1110kgの重さに耐えることができ、
シェルフとして使用するには、十分な強さです。

座面も側面も、想像以上に、丈夫!
さすが、「バウハウスデザインの象徴ウルムスツールです。

みなさま、安心してご使用くださいね。

おまけ

この耐荷重試験は、商品が壊れた時点で試験終了となります。
なので、試験に使用した2台のウルムスツールは、
最終的に壊れてしまいました。

日の目を見られずに、破損してしまったウルムスツールのことを思うと
とても心が痛みましたが、
これはウルムスツールの丈夫さを実証するために役に立つのだと
自分にもウルムスツールにも言い聞かせ、試験に挑みました。

大事な役割を果たしてくれたウルムスツールよ、
おつかれさまでした。

この壊れたウルムスツールは完全には元どおりには戻りませんが、
傷を修復し、割れた部分を補強をし、第二の人生へ。
見た目は少し難がありますが、
小野寺家で重ねて本棚となる予定です。

BRAUNの人気モデル「トラベルクロック」が復刻!

こんにちは、メトロクスのハマダです。
東京は今日、吹雪いています。暦の上では春のはず・・・。さ、寒い・・・。
本日は、そんな寒さも吹き飛ばすホットな話題をお届けしますよ~!

2011年より続々と復刻モデルがリリースされている「ブラウン」のクロック。
今回はあの人気モデルが復刻となります。

 

ブラウン トラベルクロック BNC005

2/20(水)発売!ブラウン トラベルクロック BNC005
1995年にディートリッヒ・ルブスによってデザインされた、
Reflex controlled travel alarm clock「AB 314 rsl」の復刻モデルです。

 

 

ブラウン AB314rsl オリジナルモデル ディートリッヒ・ルブス

完全復刻版として復活
上の写真はオリジナルのAB 314 rsl
今回の復刻モデル「BNC005」と比較してみても、全く違いがありませんね。
それもそのはず、新たに機能を加えられたバージョンアップものではなく、
外見も機能もそのままに、完全なオリジナル復刻モデルとして蘇るのです。

 

 

ブラウン トラベルクロック BNC005

いつまでも新しいデザイン
オリジナルがデザインされた1995年というと、
ディーター・ラムスブラウンを退社する1997年より少し前。
ブラウン社の中でも比較的、新しい時代のモデルです。
とは言え、18年も前のことなのに、今でも古さを感じさせないところはさすがです。
機能に基づいた、極めて実直なデザインだから、
いつまでも色褪せずに、根底に潜んだ新しさが更新されていくのですね。

 

 

ブラウン トラベルクロック BNC005

間違いなく、実用的で機能的
「トラベルクロック」なんていうネーミングですもの、実用的で機能的なのは当然。
アラームはもちろん、スヌーズ機能も搭載。
写真左側のグリーンの四角い部分に手をかざすとその動作を感知して、
スヌーズ機能が発動するモーションセンサータイプです。
モーションセンサーだなんて、とても近未来的に聞こえますが、
実はこの機能もオリジナルそのまま。当時では珍しい機能だったのでは。

また、バッテリーチェックシステムという変わった機能も搭載されています。
電池残量が少なくなると、秒針の動きが2秒間隔で動くようになっているのです。
ちょっと不思議な動きですが、予め予備の電池を用意するタイミングを
知らせてくれるなんて賢い時計です!
2秒間隔で動く様子はyou tubeでも見れます。
こちら⇒http://youtu.be/qejXJ7261Lk

 

ブラウン トラベルクロック BNC005 ワールドタイムチャート

旅先で重宝する世界時間表
蓋の中面には、ロンドンのグリニッジ標準時(Greenwich Mean Time)を基準とした
ワールドタイムチャートが、プリントされています。
旅行や海外出張の時に時差がすぐわかって便利。
ブラウンの本拠地・ドイツ(Frankfurt)と日本(Tokyo)の時差は、
ええっと、、、8時間ですね。

 

 

 

ブラウン トラベルクロック BNC005

ライトは文字盤を照らすだけではなく、サイドも光るようになっているので、
大きな旅行カバンの中で探しものをする時にも重宝しそうです。
また、ボタンのロック機能が付いていて、安心。
バッグに入れて持ち運びすることを前提とした設計になっています。

 

 

 

ブラウン トラベルクロック BNC005
カラーバリエーションは、ブラック・ホワイト・ブルーの3色。
ムーブメントはドイツ製です。

旅のお供にぜひ。

ブラウン トラベルクロック BNC005 ¥5,460
2/20(水)よりご購入可能です。
ブラウン商品一覧はこちら
ブラウン トラベルクロック BNC005