バウハウス

マックス・ビルによる完璧な調和のテーブルクロック

こんにちは、メトロクス・ハマダです。

ユンハンスからマックス・ビルテーブルクロックが復刻されました。

1958年のデザインです。

ユンハンス テーブルクロック

マックス・ビルは、ドイツのバウハウスでグロピウスやクレー、カンディンスキーに師事し、

幅広い分野で活躍した偉大なデザイナー。

バウハウス最後の巨匠とも言われています。

このテーブルクロックにも、彼の作品のポリシーである

「明確で調和のとれたデザイン」が色濃く反映されています。

ユンハンス テーブルクロック

本体は木製。

ホワイトはシルクマット塗装、ブラックはピアノラッカー塗装が施されています。

文字盤をふち取る枠・針・脚は、艶消しのアルミで高級感のある仕上がり。

本体裏側や化粧箱には、マックス・ビルのサインがプリントされており、

ギフトには特に適した時計です。

 

下の写真はマックス・ビルが机に向かって、何やら図面を描いているところ。

左手の近くに置いてあるスプーンが気になりますね、モチーフがスプーンなんでしょうか。

それはさておき、手前にオリジナルのテーブルクロックが写っています。

今回発売されたものも、このくらいの大きさ。幅164×奥行75×高さ175mmです。

 

メトロクスにはマックス・ビルの関連書籍がたくさんありますので、ちょっと抜粋。

MoMAコレクションにも選ばれているウォールクロック(1956)

今も根強い人気商品です。

 

50年以上前のデザインなのにレトロな印象を全く受けない・・・

最小限の本質的な要素だけで構成されているものは、いつまで経っても色褪せません。

クロック以外では、ウルムスツールもその代表格です!


Ulm Stool / ウルムスツール

 

書籍の他にも、珍しいアイテムをコレクションしています。

これは1989年にデザインされたコンテンポラリーオブジェ「3-8Eck」。

アクリル樹脂製です。側面にマックス・ビルのサイン入り。

ナンバリングされていて、限定180個の代物のようです。

 

こちらはOMEGA アートコレクション Max Bill 88 のウォッチ。

文字盤の裏側はコンクリート・アートのようなカラフル模様でした。

マックス・ビルコンクリート・アート作品もたくさん残したアーティスト。

その中の1シリーズから2種類をポスター化したものがこちら。


Poster Variation 1&12 / バリエーション1&12 (1935)

バリエーション1(八角形の方)は、先ほど紹介したオブジェ「3-8Eck」と

同じパターンですね。

 

いろいろと彼の作品を並べてみると、やはり、

バウハウスの精神が強く表れていることがよく分かりました。

もう80年も前に閉校したバウハウス、実質14年くらいしか活動期間がないのに、

現代芸術・デザインを語る上でかかせない存在となっていることに驚きです。

 

マックス・ビルのプロダクト紹介はこちら



ウルムスツール 耐荷重試験レポート!

こんにちは。
メトロクスの小野寺です。

弊社では、ウルムスツールの日本の輸入代理店ということもあり、
ウルムスツールをwebでご覧いただいたお客様から
「見た目が不安定そうで、大人が座っても大丈夫かしら?」
というお声を、たびたびいただくことがあります。

そんなウルムスツールの汚名返上?!

本日は、ウルムスツールの耐荷重試験の様子をレポートします。

今回行った耐荷重試験は、
“どのくらいの力をかけると壊れるか”というものです。
メトロクスでは、スツールの用途で使用される「座面」と
シェルフの用途で使用される「側面」の、2面の耐荷重を調べました。

まずは、座面部分。
スツールとして使用する場合は、
この面に荷重がかかることになります。

材料試験機の天板の上にウルムスツールを乗せ、
座面の中心に当て板を置きます。
この当て板の中央上方から徐々に荷重を加えていきます。

荷重を加えていくと、座面がだんだん湾曲してきました。

22.0kN=2240kgfの荷重がかかったところで、
座面と側板の接合の組手部分にひび割れが生じ、
座面の中心部分が縦方向に亀裂が入り折れました。

2240kgfの荷重とは、
2240kgの質量のものを上に乗せたのとほぼ同じ意味合いなのだそうです。

むむむ、2240kg…???

簡単に想像できないので、例えて考えてみました。

実際に行うのは不可能な例ですが、
(あくまで参考までに!!です。)
数値上では、
1000mlの牛乳パック(約1kg)が2240本分。
人間(約50kg)が44.8人分。
ゾウ(約5トン(5000kg))はだめですが、
こどものゾウ(約2トン(2000kg))は大丈夫なことになります。

すごいぞ、ウルムスツール

さて、次に、側面です。
シェルフとして使用する場合は、この面に荷重がかかることになります。

材料試験機の天板の上にウルムスツールを横にして置き、
側面の丸棒のつなぎ部分と座面のほぼ中心の位置に当て板を置きます。
この当て板の中央上方から徐々に荷重を加えていきます。

荷重を加えると、側面がだんだん湾曲し
丸棒のつなぎ部分にひび割れが生じてきました。

10.9kN=1110kgfの荷重がかかったところで、
組手部分にもひびが入り、完全に丸棒が側面を突き破りました。

側面は、座面より荷重に弱いことがわかりました。
ただ、弱いとは言えども、1110kgの重さに耐えることができ、
シェルフとして使用するには、十分な強さです。

座面も側面も、想像以上に、丈夫!
さすが、「バウハウスデザインの象徴ウルムスツールです。

みなさま、安心してご使用くださいね。

おまけ

この耐荷重試験は、商品が壊れた時点で試験終了となります。
なので、試験に使用した2台のウルムスツールは、
最終的に壊れてしまいました。

日の目を見られずに、破損してしまったウルムスツールのことを思うと
とても心が痛みましたが、
これはウルムスツールの丈夫さを実証するために役に立つのだと
自分にもウルムスツールにも言い聞かせ、試験に挑みました。

大事な役割を果たしてくれたウルムスツールよ、
おつかれさまでした。

この壊れたウルムスツールは完全には元どおりには戻りませんが、
傷を修復し、割れた部分を補強をし、第二の人生へ。
見た目は少し難がありますが、
小野寺家で重ねて本棚となる予定です。

BRAUNの人気モデル「トラベルクロック」が復刻!

こんにちは、メトロクスのハマダです。
東京は今日、吹雪いています。暦の上では春のはず・・・。さ、寒い・・・。
本日は、そんな寒さも吹き飛ばすホットな話題をお届けしますよ~!

2011年より続々と復刻モデルがリリースされている「ブラウン」のクロック。
今回はあの人気モデルが復刻となります。

 

ブラウン トラベルクロック BNC005

2/20(水)発売!ブラウン トラベルクロック BNC005
1995年にディートリッヒ・ルブスによってデザインされた、
Reflex controlled travel alarm clock「AB 314 rsl」の復刻モデルです。

 

 

ブラウン AB314rsl オリジナルモデル ディートリッヒ・ルブス

完全復刻版として復活
上の写真はオリジナルのAB 314 rsl
今回の復刻モデル「BNC005」と比較してみても、全く違いがありませんね。
それもそのはず、新たに機能を加えられたバージョンアップものではなく、
外見も機能もそのままに、完全なオリジナル復刻モデルとして蘇るのです。

 

 

ブラウン トラベルクロック BNC005

いつまでも新しいデザイン
オリジナルがデザインされた1995年というと、
ディーター・ラムスブラウンを退社する1997年より少し前。
ブラウン社の中でも比較的、新しい時代のモデルです。
とは言え、18年も前のことなのに、今でも古さを感じさせないところはさすがです。
機能に基づいた、極めて実直なデザインだから、
いつまでも色褪せずに、根底に潜んだ新しさが更新されていくのですね。

 

 

ブラウン トラベルクロック BNC005

間違いなく、実用的で機能的
「トラベルクロック」なんていうネーミングですもの、実用的で機能的なのは当然。
アラームはもちろん、スヌーズ機能も搭載。
写真左側のグリーンの四角い部分に手をかざすとその動作を感知して、
スヌーズ機能が発動するモーションセンサータイプです。
モーションセンサーだなんて、とても近未来的に聞こえますが、
実はこの機能もオリジナルそのまま。当時では珍しい機能だったのでは。

また、バッテリーチェックシステムという変わった機能も搭載されています。
電池残量が少なくなると、秒針の動きが2秒間隔で動くようになっているのです。
ちょっと不思議な動きですが、予め予備の電池を用意するタイミングを
知らせてくれるなんて賢い時計です!
2秒間隔で動く様子はyou tubeでも見れます。
こちら⇒http://youtu.be/qejXJ7261Lk

 

ブラウン トラベルクロック BNC005 ワールドタイムチャート

旅先で重宝する世界時間表
蓋の中面には、ロンドンのグリニッジ標準時(Greenwich Mean Time)を基準とした
ワールドタイムチャートが、プリントされています。
旅行や海外出張の時に時差がすぐわかって便利。
ブラウンの本拠地・ドイツ(Frankfurt)と日本(Tokyo)の時差は、
ええっと、、、8時間ですね。

 

 

 

ブラウン トラベルクロック BNC005

ライトは文字盤を照らすだけではなく、サイドも光るようになっているので、
大きな旅行カバンの中で探しものをする時にも重宝しそうです。
また、ボタンのロック機能が付いていて、安心。
バッグに入れて持ち運びすることを前提とした設計になっています。

 

 

 

ブラウン トラベルクロック BNC005
カラーバリエーションは、ブラック・ホワイト・ブルーの3色。
ムーブメントはドイツ製です。

旅のお供にぜひ。

ブラウン トラベルクロック BNC005 ¥5,460
2/20(水)よりご購入可能です。
ブラウン商品一覧はこちら
ブラウン トラベルクロック BNC005

2013 新春セールをはじめます

みなさん、明けましておめでとうございます。
本年もどうぞメトロクスを宜しくお願い申し上げます。
さて、本日からオンラインショップで新春セールが始まります。
メトロクス 新春セール
今回対象になるのは、廃盤品や入荷時に小さなキズがあったアウトレット、
展示で長期使用していたものなどで、小物が中心です。
オンラインショップでは毎週商品を追加していきますのでお楽しみに!

そして、今回の目玉はこちら、店頭にもたくさん展示しました。
ウルムスツール ウルマーホッカー マックス・ビル バウハウス
ウルムスツールです。
昨年行った催事で使用したものなので、多少使用感や小さなキズはありますが、
特に大きく目立った汚れや損傷は見受けられません。
台数は全部で8台限り。開封はしてありますが、箱もきちんとあります。
定価¥29,400- ⇒ ¥23,520- (20%OFF)
早い者勝ちです。お早めにどうぞ。

また、こちらも取り扱い終了につき最後になります。
ピスティロ バレンチ
ピスティロ
展示含めても数台限り。
こちらも是非ご検討ください。

新春セール
ブロムスやGOMなど、小物も店頭には並んでいます。
お早めに!

【ディーター・ラムズの会】が開催されました

みなさんこんにちは。メトロクス:タニです。
先月もメトロクスのメルマガ会員の皆様や、メトロクスのfacebookでも
告知をさせて頂いていた、【ディーター・ラムズの会】が先日メトロクスにて
開催されました。
この会は千葉工業大学デザイン科学科の山崎教授が主催の会なのですが、
山崎さんのブログからこの会の趣旨を抜粋させていただきます。

『モダンデザインの原点と言えるべきデザイナーや企業の活動をテーマにして、
実際の作品を見ながら、その分野をよくご存知の方にお話をいただき、
これからのデザインアプローチのヒントについて、ディスカッションするような
「モダンデザインから学ぶ会(仮)」を数年前より開催しています』

過去にはマリオ・ベリーニやリチャード・サパーなども取り上げられているそうです。
今回は、ディーター・ラムズの会を開催するということで、
メトロクスが所有するブラウンのコレクションを見ながら行うのはどうか?
というお話を頂き、会場として使って頂くことになりました。

ディーター・ラムズの会 会場構成 リキスツール
会場はこのような構成に。30名以上のお申し込みがあり、リキスツールを使いました。
こういったときにも大活躍してくれますね。

ブラウン ヴィンテージ コレクション クロック
ブラウンのヴィンテージクロック

ブラウン ヴィンテージ クロック ライター 計算機 シェーバー
ファン、計算機、シェーバー、トースターやドライヤーなども展示。

そしていよいよスタート。
ディーター・ラムズの会
パネリストとして来て頂いたのは、グリフの柳本さん、プロダクトデザイナーの秋田道夫さん、
GKデザイン田中一雄さん、株式会社プレーンの渡辺弘明さん。そうそうたるメンバーに
集まっていただきました。これも山崎さんのお顔の広さゆえ。

ディーター・ラムズの会 ヴィンテージコレクション
メトロクスのコレクションを見る皆さん。実際に手にとって、デザイナーの方や
柳本さんに質問をしながら、また現行品のブラウンのクロックウォッチと比較をしながら。
特にウォッチシリーズは皆さん興味があるようで、質問も多かったです。

ディーター・ラムズの会
このような様子で、皆さんとても興味深い話に耳を傾けています。
『ディーター・ラムズの会』ということなのですが、話はブラウン社がどのように
設立され、そこにラムズがどのように関わり、そしてその後どのような歴史をたどって行ったか。
また、ラムズ以外にもバウハウスの話からマックス・ビル、ハンス・ギュジョロまで。
他にも普段は聞けないような裏話や、デザインの第一線で活躍されているパネリストの方々の
本音(ここでは書くことができないことも!)も聞くことが出来、勉強にもなったし、
会場が笑いに包まれる時間もあったりで、とても楽しい会になりました。
時間があればまだまだ続けることが出来そうな、それくらいの盛り上がりでした。
終了後も場所をワイン居酒屋に移し、そこでもデザイン談義。1次会にとどまらず
2次会まで開催されました。

こういった会をメトロクスで開催したのは初めてでした。メトロクスに初めて
いらっしゃる方も多く、いろいろとお話をすることが出来てそれも良かったです。
またこのような機会があれば、是非開催したいと思います。その際は、メールマガジンや
facebookなどで告知をさせて頂きますので、是非お問い合わせください。

また、メトロクスではスペースレンタルも行っています。今回のようなイベントや
展示会など、お気軽にお問い合わせください。
詳しくはプレスページをご覧ください。