ブラウン

BRAUN New Color!

こんにちは。
メトロクス・タカハシです。

先日、ブラウンの時計に新たに「グレー」が追加されました。
正確には2013年に限定カラーとして発売されたグレーが3つのモデルで定番色となります。

「限定カラーの時に買い逃した~!」という人には朗報の今回の新色。
これからブラウンの時計を買おうという人にも選択肢に入れてほしいグレーを
今回は紹介していきます。
 
 
BNC008GY
まず一つ目が「BNC008」

こちらはブラウンの中でも比較的新しいデザインの置時計です。
元々は、1979年デザインの「DN50」をベースに、現代のライフスタイルに
合わせ機能を追加、フォルムチェンジさせた人気モデルです。

DN50
 
 
こちらが、その「DN50」です。
ちなみに、現在ブラウンからは「BNC016」という、よりDN50に近いモデルも
発売されています。ブラウンのデジタルクロックの根幹にあるのが
この「DN50」なのでしょう。
 
 
BNC008GY_2
手のひらにもすっぽりと収まってしまうこじんまりとしたサイズはシーンを問わず
どこにでも置いておくことができます。

BNC008GY_3
既存のホワイト、ブラックと並べてみるとこんな感じです。
写真では伝わりづらいですが、他の色と比べるとやや光沢があるようなグレーです。
そして、一番の違いは液晶ディスプレイです。 ホワイトとブラックは黒バックに
白抜きの数字が表示されていますが、グレーは黒文字での表示となっています。
 
 
 
BNC006GY
 

続いては「BNC006」
こちらは、ブラウン初のウォールクロックとして1982年に ディートリッヒ・ルブス
デザインでうまれた、「ABW30」を忠実に再現したモデルです。

デートリッヒ・ルブス
この人がルブス。そして、左上にかかっているのが当時デザインされたABW30です。
ブラウン社においてディーター・ラムスと同じくらい外せないのがディートリッヒ・ルブス。
現行のブラウンの時計の多くがルブスのデザインによるものです。

BNC006GY_2
実際にかけてみるとこんな感じです。
フレームもガラスもない、一体型のフェイスは当時「デザインの革命」と
評されていました。まさにディーター・ラムスが語る「Less, but better
(より少なく、しかしより良く)」を体現しているデザインといえます。

BNC006GY_3
インデックスは立体的に立ち上がらせることで、光の反射を抑え視認性も
確保されています。少し光沢のあるグレーなので、視認性に欠けるのでは?
と思いましたが、その心配はなさそうです。
 
 
 
BNC002GY

そして最後が「BNC002」
「BNC006」と同じくルブスのデザインです。
1987年に「AB1」として発売されたモデルを忠実に再現し復刻したもので、
多くのブラウンの時計の中でも定番中の定番品です。
フェイスがグレーになっても黄色い秒針とのコントラストはとてもきれいです。

残念ながら、ブログまでに実物が届かず画像はこれ以外にないのが残念ですが、
お店に届いたら別の機会に紹介したいと思います。
 
 
 
おまけ その1・・・

BNC014

BNC014BK-NRC
新色のグレーとは別にデジタルウォールクロックの取扱も始めました。
折りたたみ式のスタンドも付いているので、テーブルクロックとしてもお使い
頂けます。デイデイト表記や温度・湿度を計れる、これまでのブラウンの時計
にはなかった機能が付与されています。
 
 
 
おまけ その2・・・

HL70
上の写真でもちょこちょこと映り込んでいる「HL70」
ヴィンテージコンディションで1点のみですが、こちらも販売しています。
1971年にレインホールド・ヴァイス、ユーゲン・グルーベルによって
デザインされたもので、MoMAのコレクションにも選定されています。
ディスプレイとしてもかっこいいプロダクトです。
価格:¥19,440(税込)

オンラインショップには掲載がないアイテムなのでお問い合わせは
東京店までどうぞ。

名作の中でも希少なホワイトモデルが復刻!

BRAUN BNE001WH ET66 ET55 名作電卓が復刻

 

こんにちは、メトロクス・ハマダです。
ブラウンの名作カリキュレーターの復刻モデルにホワイトカラーが登場しました。

BRAUN BNE001WH ET55

 

このカリキュレーターはMoMA(ニューヨーク近代美術館)に収蔵されている名作で、
2013年夏にはブラックカラーのモデルが待望の復刻を遂げています。

BRAUN BNE001WH ET55

 

これほどに人気のモデルなのに、ホワイトカラーのモデルが存在したことはあまり知られていません。
というのも、1983年に世界で約5,000台程度しか生産されなかった希少なカラーだったから。
希少価値が高くなり、現在でもオークション等で高額取引されているほどです。

そんなレアモデルの復刻版がお求めやすい価格で購入できるとあって、
早くも注目が集まっています。
ホワイトとブラックの比較。

BRAUN BNE001WH ET66 ET55 名作電卓が復刻

 

こちらは発売当時のモデル。
グレー、チャコール、グリ-ン、イエローなどのカラーのボタンが並びます。

BRAUN BNE001WH ET55

 

変わって、こちらは復刻モデル。
真っ白ーー!
色数を減らすことで、すっきりとした印象になりました。
そして、この潔い白さがインパクトにもなっています。

BRAUN BNE001WH ET55

 

デザインや機能性については言うまでもありません。
実用性と耐久性を兼ね揃えたこの合理性こそが、ブラウンのデザインのかたちです。
以前のブログでも書きましたが、Appleの i Phone 初期の計算機にも影響を与えたデザインです。

BRAUN BNE001WH ET66 ET55 名作電卓が復刻

 

ブラウンのホワイトカラーのシリーズを少し集めてみました。
ブラウンらしいかっちりしたブラックもかっこいいですが、
ホワイトの純白具合も素敵です!白いモノ好き!

BRAUN BNE001WH ET66 ET55 名作電卓が復刻
左上から時計回りに BNC010BNH0021BNC001BNC002BNC008BNE001BNC005

 

BRAUN BNE001WH ET55

ブラウン 電卓 BNE001/ホワイト ¥6,480
2015年3月25日(水)発売
オンラインショップにて予約販売中→こちら

ブラウン 電卓 BNE001/ブラックはこちら

ブラウン ヴィンテージコレクションもぜひご覧ください!

ヴィンテージ商品大幅プライスダウン!

こんにちは、メトロクス・ハマダです。
本日はヴィンテージセールのご案内です。

ヴィンテージセール開催中

当店で取り扱うヴィンテージ品は、
ヨーロッパをはじめとする海外で見つけた1960~70年代のアイテムが中心です。
メトロクスでは、ヨーロッパからの輸入を定期的に行っており、
輸送コストを削減できるため、海外のヴィンテージ品としては、
かなり抑えた価格設定になっています。
ですが、セール期間はさらにプライスカット!
1月31日(金)までの期間限定で最大60%OFFです。
気になる商品がございましたら、ぜひこの機会にご検討ください!

では、おすすめのアイテムを一部ご紹介します。

オリベッティ シンテシス45 サイドキャビネット

オリベッティ シンテシス45 サイドキャビネット
178,500円 → 20%OFF!142,800円
エットーレ・ソットサスが手がけたシンテシス45シリーズ。
1973年のものですが、きちんと鍵も使えます。

 

ハーデラン ガラスディッシュ

ハーデラン ガラスディッシュ
29,400円 → 50%OFF!14,700円
ノルウェーのガラスブランド:ハーデランの大皿。
グラデーションと網目状のカットが綺麗です。

 

ウォールオーナメント

ウォールオーナメント
157,500円 → 60%OFF!63,000円
1970年代にフランスで作られたタペストリー。
毛糸を編み込んだテクスチャーが魅力です。

 

ウォールオーナメント

ウォールオーナメント
36,750円 → 50%OFF!18,375円
1960年代にアメリカで作られたオーナメント。
壁に掛けたときの存在感が抜群です。

 

リッターデンタル デンティストチェア

リッターデンタル デンティストチェア
399,000円 → 60%OFF!159,600円
1920年代にアメリカで製造された歯科用の椅子。
これはかなり珍しいです。コレクションアイテムとしていかがでしょうか。

 

モザイクタイルトップテーブル

モザイクタイルトップテーブル
131,250円 → 50%OFF!65,625円
1970年代にイタリアで製造されたコーヒーテーブル。
日本のリビングにも最適なサイズで、すっきりとしたデザイン。
天板下に収納スペースもあり、使い勝手の良いテーブルです。

 

チェアは張り地とクッションの張替えを行いますので
新品同様の使い心地です。

左から

オリベッティ シンテシス45 チェア
オリベッティ シンテシス45
78,750円 → 30%OFF!55,125円
ハーマンミラー パーチ
ハーマンミラー パーチ
141,750円 → 30%OFF!99,225円
ノル 72サイドチェア
ノル 72サイドチェア/キャスタータイプ

<75色の張地からお好みのカラーが選べます>
78,750円 → 15%OFF!66,937円
ノル 72サイドチェア
ノル 72サイドチェア/ファブリック
<75色の張地からお好みのカラーが選べます>
52,500円 → 15%OFF!44,625円
ノル 72サイドチェア/ビニールレザー
<108色の張地からお好みのカラーが選べます>
47,250円 → 15%OFF!40,162円

その他にも、オリベッティのポスターや
永井一正、福田繁雄、亀倉雄策などの著名なデザイナー陣によるポスターも
セールプライスになっています。
ぜひ、ご覧ください。

コンディションの気になる商品は、メトロクス東京店頭で現物をご覧いただけます。
ヴィンテージセール商品一覧はこちら

BRAUN 名作電卓 ET66 復刻

”Less but better” ─より少なく、しかしより良く

こんにちは、メトロクス・ハマダです。
最初に挙げた言葉は、ディーター・ラムスのデザインへのアプローチを
語る上では外せない、スローガンのような言葉です。
すでにご存知の方も多いと思いますが、
1987年に発表されたBRAUNの電卓「ET66」の復刻モデルが
先日発売となりました。
ディーター・ラムスのデザインです。

Braun ブラウンの名作電卓 ET66 復刻モデル発売

 

そう、あのAppleの i Phone 初期の計算機デザインにも影響を与えたと言われる、
あの名作電卓です。

Braun ブラウンの名作電卓 ET66 復刻モデル発売

 

押しやすいように適度に膨らんだ丸いボタン。

Braun ブラウンの名作電卓 ET66 復刻モデル発売

 

視認性の高い配色。

Braun ブラウンの名作電卓 ET66 復刻モデル発売

 

持ち運びに重宝するケース。

Braun ブラウンの名作電卓 ET66 復刻モデル発売

 

このケースは、本体を取り出したあと、反対向きに装着すれば、
邪魔にならず、電卓もそのまま使えます。

Braun ブラウンの名作電卓 ET66 復刻モデル発売
Braun ブラウンの名作電卓 ET66 復刻モデル発売

 

余計なものは何もないのに、
道具としての機能や使い勝手は計算つくされている、
まさに冒頭の言葉を体現するかのような、
BRAUNの名作プロダクトと言えると思います。

パッケージもしっかりしているのでギフトにもおすすめです!

Braun ブラウンの名作電卓 ET66 復刻モデル発売

メトロクスでは、人気集中につき、早くも初回入荷分が終了。
ただいまは8月入荷分のご予約を承っております。
ご購入はこちら
→ ブラウン 電卓 BNE001 6,300円

 

そして、1990年に発表されたアラームクロック「AB5」の復刻モデル「BNC001」、
MoMAのパーマネントコレクションにも選ばれた「AB1」の復刻モデル「BNC002」に、
数量限定の2013年イヤーズコレクションとして、グレーが登場しました。

Braun ブラウンの名作クロック新色

ガンメタリックなクールなグレーで
針やボタンに配色されたグリーン・イエローとの相性がいいですね。

Braun ブラウンの名作クロック新色
Braun ブラウンの名作クロック新色

ご購入はこちら
→ ブラウン アラームクロック BNC001 4,515円
→ ブラウン アラームクロック BNC002 4,515円

ムサビのデザインⅢ~デザインが語る企業理念:オリベッティとブラウン~

みなさんこんにちは。メトロクス:タニです。
昨日、武蔵野美術大学美術館で開催されている展示会、
「ムサビのデザインⅢ~デザインが語る企業理念:オリベッティとブラウン~」
に行ってきました。
2009年に府中市立美術館で開催された、
「純粋なる形象 ディーター・ラムスの時代―機能主義デザイン再考」のイベントで
ラムス本人や佐藤卓さん、ムサビの向井周太郎先生らのお話を聞きに行った時以来、
4年ぶりの訪問です。その時のブログはこちら⇒

西武国分寺線「鷹の台」駅から徒歩20分。前回も歩いて行ったので
覚悟はしていたのですが、途中で心配になって、ウォーキング中のご夫婦に、
「すみません、ムサビはこっちで合っていますか?」と道まで尋ねる始末でした。
武蔵野美術大学
校門を抜けてまっすぐ行くと、美術館があります。
ちょっと写真が乏しくてすみません。

武蔵野美術大学 美術館 入口
美術館の入り口です。開催中の展示会の垂れ幕がかかっています。

ムサビのデザインⅢ~デザインが語る企業理念:オリベッティとブラウン~
展示室の4にオリべッティが、5にブラウンがそれぞれ展示してあります。
撮影可能ですので、参考になる資料などをカメラに収めて帰ることができるのです。
展示の内容はブログでは公開しませんが、何枚かは撮影して帰ってきましたよ。
オリべッティの部屋の書籍などは見たこともないものが載っていたり、
楽しめました。
全体的なボリュームはそれほど多くはありませんが、年代別にプロダクトと
社会背景も書かれていて、勉強にもなります。8月まで開催されていますので、
皆さんも是非足をお運びくださいね。

会 期 |2013年6月3日(月)ー8月18日(日) ※6/9(日)、7/15(祝)、8/18(日)は特別開館日
休館日 | 日曜日
時 間 |10:00ー18:00(土曜日、特別開館日は17:00まで)
入館料|無料

「タイポグラフィ 2つの潮流 Two Streams of Typography」
同時開催中の、「タイポグラフィ 2つの潮流 Two Streams of Typography」。これも必見です。
美術館所蔵の19世紀から20世紀後半の欧米で出版された美しい書物を、
「伝統様式のタイポグラフィ」「国際様式のタイポグラフィ」の2つの流れを同時に俯瞰(ふかん)し、
タイポグラフィの魅力を探る、という試みだそうです。
タイポグラフィは15世紀からあるそうで、この展示では古い聖書からロシアアヴァンギャルドの
ポスターまでいろいろなものを見ることができます。
こちらも8月18日まで開催中、そしてこちらは写真撮影不可です。僕は撮ろうとして
注意されてしまいました。みなさんもお気を付けくださいね。

最後に。全展示室で使用されていました。
マックス・ビル、ウルムスツール
ウルムスツール
空間にしっくりきますね。