ブラウン

BRAUN 名作電卓 ET66 復刻

”Less but better” ─より少なく、しかしより良く

こんにちは、メトロクス・ハマダです。
最初に挙げた言葉は、ディーター・ラムスのデザインへのアプローチを
語る上では外せない、スローガンのような言葉です。
すでにご存知の方も多いと思いますが、
1987年に発表されたBRAUNの電卓「ET66」の復刻モデルが
先日発売となりました。
ディーター・ラムスのデザインです。

Braun ブラウンの名作電卓 ET66 復刻モデル発売

 

そう、あのAppleの i Phone 初期の計算機デザインにも影響を与えたと言われる、
あの名作電卓です。

Braun ブラウンの名作電卓 ET66 復刻モデル発売

 

押しやすいように適度に膨らんだ丸いボタン。

Braun ブラウンの名作電卓 ET66 復刻モデル発売

 

視認性の高い配色。

Braun ブラウンの名作電卓 ET66 復刻モデル発売

 

持ち運びに重宝するケース。

Braun ブラウンの名作電卓 ET66 復刻モデル発売

 

このケースは、本体を取り出したあと、反対向きに装着すれば、
邪魔にならず、電卓もそのまま使えます。

Braun ブラウンの名作電卓 ET66 復刻モデル発売
Braun ブラウンの名作電卓 ET66 復刻モデル発売

 

余計なものは何もないのに、
道具としての機能や使い勝手は計算つくされている、
まさに冒頭の言葉を体現するかのような、
BRAUNの名作プロダクトと言えると思います。

パッケージもしっかりしているのでギフトにもおすすめです!

Braun ブラウンの名作電卓 ET66 復刻モデル発売

メトロクスでは、人気集中につき、早くも初回入荷分が終了。
ただいまは8月入荷分のご予約を承っております。
ご購入はこちら
→ ブラウン 電卓 BNE001 6,300円

 

そして、1990年に発表されたアラームクロック「AB5」の復刻モデル「BNC001」、
MoMAのパーマネントコレクションにも選ばれた「AB1」の復刻モデル「BNC002」に、
数量限定の2013年イヤーズコレクションとして、グレーが登場しました。

Braun ブラウンの名作クロック新色

ガンメタリックなクールなグレーで
針やボタンに配色されたグリーン・イエローとの相性がいいですね。

Braun ブラウンの名作クロック新色
Braun ブラウンの名作クロック新色

ご購入はこちら
→ ブラウン アラームクロック BNC001 4,515円
→ ブラウン アラームクロック BNC002 4,515円

ムサビのデザインⅢ~デザインが語る企業理念:オリベッティとブラウン~

みなさんこんにちは。メトロクス:タニです。
昨日、武蔵野美術大学美術館で開催されている展示会、
「ムサビのデザインⅢ~デザインが語る企業理念:オリベッティとブラウン~」
に行ってきました。
2009年に府中市立美術館で開催された、
「純粋なる形象 ディーター・ラムスの時代―機能主義デザイン再考」のイベントで
ラムス本人や佐藤卓さん、ムサビの向井周太郎先生らのお話を聞きに行った時以来、
4年ぶりの訪問です。その時のブログはこちら⇒

西武国分寺線「鷹の台」駅から徒歩20分。前回も歩いて行ったので
覚悟はしていたのですが、途中で心配になって、ウォーキング中のご夫婦に、
「すみません、ムサビはこっちで合っていますか?」と道まで尋ねる始末でした。
武蔵野美術大学
校門を抜けてまっすぐ行くと、美術館があります。
ちょっと写真が乏しくてすみません。

武蔵野美術大学 美術館 入口
美術館の入り口です。開催中の展示会の垂れ幕がかかっています。

ムサビのデザインⅢ~デザインが語る企業理念:オリベッティとブラウン~
展示室の4にオリべッティが、5にブラウンがそれぞれ展示してあります。
撮影可能ですので、参考になる資料などをカメラに収めて帰ることができるのです。
展示の内容はブログでは公開しませんが、何枚かは撮影して帰ってきましたよ。
オリべッティの部屋の書籍などは見たこともないものが載っていたり、
楽しめました。
全体的なボリュームはそれほど多くはありませんが、年代別にプロダクトと
社会背景も書かれていて、勉強にもなります。8月まで開催されていますので、
皆さんも是非足をお運びくださいね。

会 期 |2013年6月3日(月)ー8月18日(日) ※6/9(日)、7/15(祝)、8/18(日)は特別開館日
休館日 | 日曜日
時 間 |10:00ー18:00(土曜日、特別開館日は17:00まで)
入館料|無料

「タイポグラフィ 2つの潮流 Two Streams of Typography」
同時開催中の、「タイポグラフィ 2つの潮流 Two Streams of Typography」。これも必見です。
美術館所蔵の19世紀から20世紀後半の欧米で出版された美しい書物を、
「伝統様式のタイポグラフィ」「国際様式のタイポグラフィ」の2つの流れを同時に俯瞰(ふかん)し、
タイポグラフィの魅力を探る、という試みだそうです。
タイポグラフィは15世紀からあるそうで、この展示では古い聖書からロシアアヴァンギャルドの
ポスターまでいろいろなものを見ることができます。
こちらも8月18日まで開催中、そしてこちらは写真撮影不可です。僕は撮ろうとして
注意されてしまいました。みなさんもお気を付けくださいね。

最後に。全展示室で使用されていました。
マックス・ビル、ウルムスツール
ウルムスツール
空間にしっくりきますね。

BRAUNの人気モデル「トラベルクロック」が復刻!

こんにちは、メトロクスのハマダです。
東京は今日、吹雪いています。暦の上では春のはず・・・。さ、寒い・・・。
本日は、そんな寒さも吹き飛ばすホットな話題をお届けしますよ~!

2011年より続々と復刻モデルがリリースされている「ブラウン」のクロック。
今回はあの人気モデルが復刻となります。

 

ブラウン トラベルクロック BNC005

2/20(水)発売!ブラウン トラベルクロック BNC005
1995年にディートリッヒ・ルブスによってデザインされた、
Reflex controlled travel alarm clock「AB 314 rsl」の復刻モデルです。

 

 

ブラウン AB314rsl オリジナルモデル ディートリッヒ・ルブス

完全復刻版として復活
上の写真はオリジナルのAB 314 rsl
今回の復刻モデル「BNC005」と比較してみても、全く違いがありませんね。
それもそのはず、新たに機能を加えられたバージョンアップものではなく、
外見も機能もそのままに、完全なオリジナル復刻モデルとして蘇るのです。

 

 

ブラウン トラベルクロック BNC005

いつまでも新しいデザイン
オリジナルがデザインされた1995年というと、
ディーター・ラムスブラウンを退社する1997年より少し前。
ブラウン社の中でも比較的、新しい時代のモデルです。
とは言え、18年も前のことなのに、今でも古さを感じさせないところはさすがです。
機能に基づいた、極めて実直なデザインだから、
いつまでも色褪せずに、根底に潜んだ新しさが更新されていくのですね。

 

 

ブラウン トラベルクロック BNC005

間違いなく、実用的で機能的
「トラベルクロック」なんていうネーミングですもの、実用的で機能的なのは当然。
アラームはもちろん、スヌーズ機能も搭載。
写真左側のグリーンの四角い部分に手をかざすとその動作を感知して、
スヌーズ機能が発動するモーションセンサータイプです。
モーションセンサーだなんて、とても近未来的に聞こえますが、
実はこの機能もオリジナルそのまま。当時では珍しい機能だったのでは。

また、バッテリーチェックシステムという変わった機能も搭載されています。
電池残量が少なくなると、秒針の動きが2秒間隔で動くようになっているのです。
ちょっと不思議な動きですが、予め予備の電池を用意するタイミングを
知らせてくれるなんて賢い時計です!
2秒間隔で動く様子はyou tubeでも見れます。
こちら⇒http://youtu.be/qejXJ7261Lk

 

ブラウン トラベルクロック BNC005 ワールドタイムチャート

旅先で重宝する世界時間表
蓋の中面には、ロンドンのグリニッジ標準時(Greenwich Mean Time)を基準とした
ワールドタイムチャートが、プリントされています。
旅行や海外出張の時に時差がすぐわかって便利。
ブラウンの本拠地・ドイツ(Frankfurt)と日本(Tokyo)の時差は、
ええっと、、、8時間ですね。

 

 

 

ブラウン トラベルクロック BNC005

ライトは文字盤を照らすだけではなく、サイドも光るようになっているので、
大きな旅行カバンの中で探しものをする時にも重宝しそうです。
また、ボタンのロック機能が付いていて、安心。
バッグに入れて持ち運びすることを前提とした設計になっています。

 

 

 

ブラウン トラベルクロック BNC005
カラーバリエーションは、ブラック・ホワイト・ブルーの3色。
ムーブメントはドイツ製です。

旅のお供にぜひ。

ブラウン トラベルクロック BNC005 ¥5,460
2/20(水)よりご購入可能です。
ブラウン商品一覧はこちら
ブラウン トラベルクロック BNC005

F031デスク&F061サイドボード、新生活応援キャンペーン

こんにちは、メトロクスのハマダです。
寒い中にも暖かい日差しを感じる今日、春はもうすぐそこ!といった感じですね。

F031デスク・F061サイドボードお買上げでうれしい特典プレゼント!開梱設置無料サービスやBRAUNクロックなどお得な特典10種類からお選びいただけます。

メトロクスでは、新生活応援キャンペーンとして、
ピエール・ポランの名作 F031デスクF061サイドボード をお買い上げの皆様に、
うれしい特典やプレゼントをご用意しました。

キャンペーン期間 2013年2月5日(火)~4月16日(火)まで

対象商品は、F031デスク各種とF061サイドボード各種。特注仕様も対象です。

ピエール・ポランの名作「F031デスク・F061サイドボード」のキャンペーン

選べるプレゼントは10種類!

便利な開梱設置サービス(通常5,250円~)や人気のブラウンのアラームクロックなど
魅力的な特典ばかりを集めました。

ピエール・ポランの名作「F031デスク・F061サイドボード」のキャンペーン

 

特におすすめは「開梱・設置サービス」

F031デスクF061サイドボードは大型家具なので、
お部屋に設置するのも、箱から取り出すのも結構な重労働。
もちろん、ひとりでは難しい作業になってきます。
大型の家具のお買い物はここがネックなんですよね。

そんな苦労を解消するのが、このサービス。
クロネコヤマトのらくらく引越し便

 

家具専門のスタッフ(クロネコヤマト)が2名でお届けに伺い、
開梱~設置、さらには、段ボールや梱包材の持ち帰りも行ってくれます。
お手をわずらわせることが全くありません。なんと素敵なサービスなんでしょうか。

でも、送料が・・・。都内へのお届けでも5,250円。
ラクしようと思ったらお金かかるんだなぁ、うーん。

そんなわけで、今回はこのサービスを無料にて承る特典も
選べるプレゼントのひとつに入っています。
家具の開梱・設置が面倒くさい!という方、ぜひおすすめです。

もちろん、その他のプレゼントもF031デスクF061サイドボードにぴったりなものばかり。
ぜひ、キャンペーン期間中にご検討ください。

▽キャンペーン詳細はこちら
http://metrocs.jp/special_campaign/1302_f031desk/

 

さて、ここで素敵なお部屋のご紹介。

使用事例 F031デスクとKnoll ポロックチェア

これはお客様からお寄せいただいた、F031デスクの使用写真。
Knollのポロックチェアとのコーディネート、高級感が漂いますね。
左奥に見えているのは、このほど、メトロクスで販売再開したセルシステムです。

使用事例をご応募いただいた方には1000円分のポイントをプレゼントしています。
どしどし、ご応募ください!

▽くわしくはこちら
http://metrocs.jp/special/f031/ex/

 

F031デスク使用事例 メトロクスオフィスの場合

こちらは、メトロクスのオフィスの様子。みんな、F031デスクを愛用中です。
パソコンデスクにちょうどいいサイズ。奥行きがたっぷりある引き出しは収納力抜群。

 

ピエール・ポランの名作「F031デスク・F061サイドボード」のキャンペーン

店頭にもF031デスクF061サイドボードコーナーができました。
精巧な作りは国産ならでは。ご注文を受けてから1台1台、職人が組み立てています。
ぜひ、店頭で実物をご覧になってください。

 

余談ですが、F031デスクに最適なKnoll 72サイドチェアにビニールレザー張りが登場。

Knoll ノール 72サイドチェア

お手入れ簡単、高級感ある高品質ビニールレザーです。
ファブリックタイプ同様、数十色の中からお好みのカラーで張り替えます(無料)。
実は、ファブリックタイプより少しお求めやすく、¥47,250!
F031デスクと合わせてご検討くださいね。

【ディーター・ラムズの会】が開催されました

みなさんこんにちは。メトロクス:タニです。
先月もメトロクスのメルマガ会員の皆様や、メトロクスのfacebookでも
告知をさせて頂いていた、【ディーター・ラムズの会】が先日メトロクスにて
開催されました。
この会は千葉工業大学デザイン科学科の山崎教授が主催の会なのですが、
山崎さんのブログからこの会の趣旨を抜粋させていただきます。

『モダンデザインの原点と言えるべきデザイナーや企業の活動をテーマにして、
実際の作品を見ながら、その分野をよくご存知の方にお話をいただき、
これからのデザインアプローチのヒントについて、ディスカッションするような
「モダンデザインから学ぶ会(仮)」を数年前より開催しています』

過去にはマリオ・ベリーニやリチャード・サパーなども取り上げられているそうです。
今回は、ディーター・ラムズの会を開催するということで、
メトロクスが所有するブラウンのコレクションを見ながら行うのはどうか?
というお話を頂き、会場として使って頂くことになりました。

ディーター・ラムズの会 会場構成 リキスツール
会場はこのような構成に。30名以上のお申し込みがあり、リキスツールを使いました。
こういったときにも大活躍してくれますね。

ブラウン ヴィンテージ コレクション クロック
ブラウンのヴィンテージクロック

ブラウン ヴィンテージ クロック ライター 計算機 シェーバー
ファン、計算機、シェーバー、トースターやドライヤーなども展示。

そしていよいよスタート。
ディーター・ラムズの会
パネリストとして来て頂いたのは、グリフの柳本さん、プロダクトデザイナーの秋田道夫さん、
GKデザイン田中一雄さん、株式会社プレーンの渡辺弘明さん。そうそうたるメンバーに
集まっていただきました。これも山崎さんのお顔の広さゆえ。

ディーター・ラムズの会 ヴィンテージコレクション
メトロクスのコレクションを見る皆さん。実際に手にとって、デザイナーの方や
柳本さんに質問をしながら、また現行品のブラウンのクロックウォッチと比較をしながら。
特にウォッチシリーズは皆さん興味があるようで、質問も多かったです。

ディーター・ラムズの会
このような様子で、皆さんとても興味深い話に耳を傾けています。
『ディーター・ラムズの会』ということなのですが、話はブラウン社がどのように
設立され、そこにラムズがどのように関わり、そしてその後どのような歴史をたどって行ったか。
また、ラムズ以外にもバウハウスの話からマックス・ビル、ハンス・ギュジョロまで。
他にも普段は聞けないような裏話や、デザインの第一線で活躍されているパネリストの方々の
本音(ここでは書くことができないことも!)も聞くことが出来、勉強にもなったし、
会場が笑いに包まれる時間もあったりで、とても楽しい会になりました。
時間があればまだまだ続けることが出来そうな、それくらいの盛り上がりでした。
終了後も場所をワイン居酒屋に移し、そこでもデザイン談義。1次会にとどまらず
2次会まで開催されました。

こういった会をメトロクスで開催したのは初めてでした。メトロクスに初めて
いらっしゃる方も多く、いろいろとお話をすることが出来てそれも良かったです。
またこのような機会があれば、是非開催したいと思います。その際は、メールマガジンや
facebookなどで告知をさせて頂きますので、是非お問い合わせください。

また、メトロクスではスペースレンタルも行っています。今回のようなイベントや
展示会など、お気軽にお問い合わせください。
詳しくはプレスページをご覧ください。