ヤマギワ

ポストモダンの巨匠による不朽の名作

倉俣史朗 オバQ

こんにちは、メトロクス・フクオカです。

本日は、先日店頭に入荷した「K-series(Kシリーズ)」のご紹介です。

言わずと知れた名作ですが、「K-series」と聞いてもピンと来ない方もいらっしゃるのではないでしょうか?

続きを読む

フランク・ロイド・ライトのタリアセン

こんにちは。
メトロクス・タカハシです。

今日は新たにオンラインストアに掲載したフランク・ロイド・ライトの
タリアセン
について。

タリアセン3
フランク・ロイド・ライトと言えば、ル・コルビュジエ、
ミース・ファン・デル・ローエと一緒に「近代建築の三大巨匠」と呼ばれる建築家ですね。
デザインや建築に携わっていなくてもメトロクスのブログを読んでいる人は
知っている人も多いのではないでしょうか?

そんなフランク・ロイド・ライトがデザインした照明器具、タリアセンのシリーズの
内、タリアセン1(テーブルスタンド)(フロアスタンド)(ミニ)
タリアセン2タリアセン3のラインナップの取扱を開始いたしました。

タリアセンは僕が10代の高校生だった頃に地元福岡のインテリアショップで
初めて実物を見た時におったまげた記憶があります。
直線だけの構成でここまで魅力的なデザインになるのかと。
そして、価格をみて2度たまげることになったんですが笑

さて、このタリアセンですが、タリアセン1とタリアセン2,3で
全然デザインが違うと思いませんか?
それなのになぜ同じタリアセンなのかというと、そもそもタリアセンとはライトが
設計した、自邸・設計事務所・教育施設などが集まった建築群の事なのです。
ウィスコンシン州のスプリング・グリーンに主に夏の期間を過ごす「タリアセン」。
そして冬は寒さを逃れる為にアリゾナ州の砂漠のなかに「タリアセンウェスト」
と2つの拠点があったそうです。
ライトとその弟子たちは季節ごとに大移動を繰り返したそうですよ。
ウィスコンシンとアリゾナはだいたい、北海道から鹿児島くらいの距離感です。

タリアセン1
そして、タリアセン1はスプリング・グリーンの夏の家の為にデザインされた照明です。
昔の建築家は建築と内装のインテリアをセットで考えることが当たり前だったんですね。
その建築を引き立たせる為の家具デザイン。
この時期に名作家具が多数生まれたのもこういったことが関係しているのかもしれません。

ライトの建築造形形態によく用いられる方形屋根がデザインに取り入られ、建物の中に
ミニチュアの建物があるように見えます。
この照明器具はその後、クライアントに度々気に入られて別の建築でもよく使われたそうです。
タリアセン2,3
そして、タリアセン2、3はタリアセン1とは全く違う経路でのデザインです。
これは、元々ヒルサイド・ホーム・スクールの体育館を劇場に改装する際に設計した
天井灯がモデルとなっています。

タリアセン
箱方の合板でできた斜光板で構成されたペンダントライトはガラスやシェードを
使わずに柔らかな光を生み出すこの照明に感銘し同じデザインコンセプトで
フロアランプを開発し、スプリング・グリーンのタリアセンにある仕事場でも好んで
使っていたとのことです。

ちなみに、タリアセン3は製造元のヤマギワがタリアセン2をもとに、
フランク・ロイド・ライト財団の承認の元にテーブルランプサイズにしたものです。
タリアセン2はかなりの大きさとインパクトがあるので、
日本の狭小住宅にはタリアセン3が適当なサイズなのかもしれません。
東京店ではタリアセン3の実物を展示していますので実物をご覧になられたい方は
是非ご来店ください。

それぞれの照明に共通するのはライトが好み、タリアセン(建築)に用いていたということ。
ゆえに、タリアセンという照明シリーズなんです。

ソットサス渾身の照明デザイン

こんにちは、メトロクス・ハマダです。
本日は、新商品「Light is Architecture」シリーズをご紹介します。

巨匠 エットーレ・ソットサスは、
「東京で開催される展覧会のために照明器具のプロトタイプを15点、
デザイン・製作してほしい」とヤマギワから依頼を受けました。
あれこれと思いをめぐらせ、デザインに取り掛かったものの、
満足のゆくものができず、ドローイングをたくさん描いて、そこから選ぶことに。

そうするうちに、ひとつの展覧会を構成し、
その中で彼の考えを明らかにするには、照明器具は30点は必要だという結論に達し、
30点の照明器具のプロトタイプを製作することになります。
そういった経緯からこのシリーズは誕生しました。

そして、1990年に六本木で催された「Light is Architecture展」で
発表されることになったのです。
このシリーズは、1から29というナンバーがそのままプロダクトの名前になっています。
今回、取扱いをスタートするのはその中の4種です。

Twenty [ 20 ] 180,000円(税抜)

ソットサスのドローイング

Twenty one [ 21 ] 89,000円(税抜)

Twenty two [ 22 ] 115,000円(税抜)

Twenty seven [ 27 ] 150,000円(税抜)

ソットサスのドローイング

いずれもポストモダンが色濃く反映されたアーティスティックなデザイン。
ソットサスの個性と独創性をまざまざと見せつけられます。
壁付けタイプのライトは、ハードルが高いですが、
コンセント配線にも変更可能ですので比較的取り入れやすいかと思います。

 

あと少し、このシリーズでのソットサスのドローイングと照明を
いくつかご覧いただきましょう。
販売はしていないものになりますが、見ているだけでもおもしろいです。

Ten [ 10 ]

Twenty five[ 25 ]

Twenty three[ 23 ]

One[ 1 ]

Six[ 6 ]

ソットサスは、このシリーズの製作にあたって、
建築に溶け込むか、建築そのもの、すなわち真の明かりの空間に
なってしまうほどの明快なデザインを作り出そうとしました。

その上で、昔の日本の照明器具「行灯」に目を付けました。
行灯は、他の木製や漆塗りの箱やタンスと一緒になって、
箱のような部屋の中に姿を消し、さらにその部屋が集まって
屋根を乗せた箱の集合体=建築と考えたようです。

そうして、日本の流儀にならい、柱になったり、梁になったり、
箱の山になったりもする小さな箱のいろいろなバリエーションのデザインが
出来上がっていきました。

ソットサスの言葉を借りると
「ほとんどデザインされていないに等しい(と願う)、
きわめて単純な照明器具のデザインを完了させた」んだとか。