復刻

札幌駅の駅時計が待望の復刻

こんにちは、メトロクス・タカダです。
 
この度、メトロクスでは、JR札幌駅のコンコースに設置された
駅時計をもとに開発された掛け時計「eki clock(エキクロック)」の
取り扱いを開始いたしました。
 
駅時計にふさわしいオリジナル数字による、読みやすく
美しい文字盤とシンプルな時計枠体によって、究極の
ベーシックデザインを追求した時計です。
 
sapporo_eki_1_01
 
元になった時計は、北海道出身のデザイナー・五十嵐威暢氏
によって札幌駅のためにデザインされた駅時計で
東西両コンコースに1点ずつ設置されており、
南北それぞれに向いた時計の文字盤は、表と裏で
白と黒に配色されています。
 
sapporo_eki_2_01
五十嵐威暢氏は、グラフィックデザイナーとして活動をはじめ、
国内外の企業のために多くのVI計画を作成しました。
代表作に明治乳業、サントリー、三井銀行、王子製紙
などがあります。
 
そのほか、プロダクトのデザインも数多く手がけ
ロサンゼルスに渡り、彫刻家としても活躍しています。
作品はニューヨーク近代美術館をはじめ、世界30カ所以上の
公立美術館に永久保存されています。
2015年からは多摩美術大学名誉教授に就任されました。
 
 
札幌駅で手掛けたのはコンコースの駅時計以外にも
札幌駅南口外壁の「星の大時計」をはじめ様々な
パブリックデザインにも携わっています。
 
image_05
 
 
ご存知の方も多いかとは思いますが、実は、エキクロックは
一度、2005年に製品化されており、2006年グッドデザイン賞を
受賞しています。
 
その後、惜しまれながらも製造が終了となり、
メーカーでの製造がストップしていましたが
2016年、タカタレムノス社製として、
お求めやすい価格帯となって復刻が実現しました。
 
 
01
エキクロック ホワイト ¥12,960(税込)
 
02
エキクロック ブラック ¥12,960(税込)
 
image_06
外箱付き
 
image_02
 
駅時計をモチーフに開発されただけあって、広い空間や
オフィスなどでも視認性が非常に高く
離れた場所からでもはっきりと時刻が判断できます。
 
直線的でシンプルでありながら、特徴のあるフォントを採用し
他のベーシックな時計は持っていない個性を確立しています。
 
image_03
 
ちなみに、そんなエキクロックですが、五十嵐威暢氏のブログによると
デザインをするにあたってモデルにした時計があるというのです。
 
なんだと思いますか?
想像がつく方もいらっしゃるかもしれません。
 
モデルとなったのは、1944年にハンス・フィルフィカー氏が設計した
スイスの鉄道時計。
 
白い盤に黒い目盛と針、そして特徴的な赤い秒針、
シンプルで明快で強く優しく、そして何より見やすいデザイン。
掛け時計のお手本のような存在ですね。
 
エキクロックのルーツはスイスにありました。

「Junior」~アンジェロ・マンジャロッティと素材と仕事~

アンジェロ・マンジャロッティ

こんにちは。
メトロクス・タカハシです。
今日のメトロクスブログはのっけから写真です。

みなさんもご存知でしょうが、この方はアンジェロ・マンジャロッティ
20世紀のイタリアモダンデザインを牽引した巨匠です。


以前のブログでもマンジャロッティのジュニアシリーズに新ラインナップが加わることを
お伝えしたかと思いますが、今回はジュニアの魅力を少し掘り下げて紹介します。

ジュニアはマンジャロッティの仕事を象徴したかのようなプロダクトです。
氏の作品はごくシンプルに、多大な経費や特殊な技術が使われているわけではありません。
そこにあるのは、素材とそれを最大限に生かす仕事にあります。

ジュニア組み立て
ジュニアシリーズは北海道にある工場にて製造を行っています。
積層合板どうしを溝と溝で組み合わせるだけの一見シンプルな構造に見えますが、実は高い
技術力が使われています
。少しでも溝に狂いが出てしまうとそこから他の部位にまで影響が
出てしまい上手く組み上げることができないのです。

丁寧な仕事を経て出来上がるこのジュニアはマンジャロッティの素材や職人の仕事に対する
強い関心と尊敬の念が表れているプロダクトでしょう。
さて、マンジャロッティの素材や仕事に対する尊敬のルーツはどこからくるのでしょう?

ジュニアイメージ
そのルーツは彼の幼少期にさかのぼります。
マンジャロッティの父親は有名なパン職人だったそうです。
幼い頃からプロの仕事の現場に触れ、おいしいパンを作る為には小麦粉、酵母、水、油、
さらに生地を作る作業の手順や焼き時間が重要という「仕事」と「素材」の関係性を幼い
ころから体で理解していました。

「シンプルであるが、陳腐ではなく、ミニマルであるが、無個性ではなく、ドライで
無装飾ではあるが無表情ではない。実に模範的な家具」と評されたジュニアシリーズ
はマンジャロッティの理念がしっかりと息づいていることを感じずにはいられません。

そんなジュニアシリーズ。
ありがたいことに2013年にメトロクスにてスタジオ・マンジャロッティの監修の元、
復刻生産するに至りました。そして、2014年には新ラインナップとして「引出し付
サイドボード」
「2段チェスト」「TVボード」の3種がラインナップに加わりました。

サイドボード、チェストイメージ
左:ジュニア サイドボード(引出し付)¥129,600(税込)
[サイズ]幅1300×奥行560×高さ825mm

右:ジュニア 2段チェスト ¥108,000(税込)
[サイズ]幅900×奥行560×高さ825mm

TVボードイメージ
ジュニア テレビボード ¥81,000(税込)
[サイズ]幅1500×奥行357×高さ580mm

供給は6月中旬頃からとなりますが、店頭では実際の品をご覧頂くことができます。
同時にご予約も受け付けておりますので、一度実際にその構造体をご覧ください。

Photo:Masatoshi Takahashi, Styling:Yumi Nakata
Cooperation:Studio NOI

マンジャロッティのジュニア復刻

みなさん、こんにちは。メトロクスのハマダです。
先日、ある新商品のカタログ撮影を行いました。
プロのカメラマンさん、スタイリストさんに素敵な空間を演出してもらいましたので、
少しだけご紹介したいと思います。

マンジャロッティのジュニアが復刻

 

その前に、その新商品とは…
イタリアンモダンデザインの巨匠、アンジェロ・マンジャロッティの「ジュニア」です。
先日のインテリアライフスタイルトーキョー2013でお披露目しました。

マンジャロッティのジュニアが復刻

 

1966年にイタリアのCasaluci(カザルーチ)から発表された「ジュニア」は、
シェルフやテーブルなど当時40種類以上のバリエーションが存在していました。
最大の特徴は、切れ込みの入った合板を組み合わせて構成されているというところです。
ジュニア」という名称は、子供たちの教育ツールとしても考えられた家具ということを
意味しており、幼稚園などの施設でも導入されていたそうです。

マンジャロッティのジュニアが復刻

 

数年前、この「ジュニア」の存在を知り、調べていくうちに、意匠的にも構造的にも
とても興味深いプロダクトであることがわかりました。
「時代に流されたり、消費されていくデザインではなく、年月が経つほどに
存在感が増す普遍的なモノ」を発信していくことがメトロクスのモットーのひとつ。
この「ジュニア」は、メトロクスとして、ぜひ復刻したい製品でした。

しかし、当時は他に復刻に名乗りをあげている会社があることがわかり、
一度は諦めることになってしまったのですが、しばらくしてその会社での復刻は
なくなっていたことが判明。
再度、このプロジェクトに向けて動き出し、約10年越しの復刻となったのです。
下の写真は、マンジャロッティのサインとメトロクスのロゴが入った焼印の
テストをした木板。

マンジャロッティのジュニアが復刻

 

このプロジェクトが少しずつ動き出していた、2012年6月。
ちょうど1年前のことです。
九段下にあるイタリア文化会館で「アンジェロ・マンジャロッティの哲学とデザイン
というイベントが催されました。
もちろん、メトロクススタッフ全員で講演会にも参加してきました。
その時のブログがこちら

マンジャロッティのジュニアが復刻

 

この講演会と展示では、これまで書籍などでしか知り得なかった、
マンジャロッティの世界に触れ、さらに復刻に向けて力が入った時期でもありました。
しかし、残念なことにその直後の6月30日、マンジャロッティは91歳の生涯を終えました。
氏は「これほど日本の空間にマッチするものはないであろう」と「ジュニア」の
日本での復刻を待ち望んでいたとのこと。これは我々に課せられた任務ですね。
発売は7月を予定しています。
アームチェア、チェスト、サイドボード、3段シェルフ、4段シェルフの5種類です。

マンジャロッティのジュニアが復刻

 

カタログ撮影風景はこちら。

マンジャロッティのジュニアが復刻
シェルフとチェストにスタイリング中。

 

マンジャロッティのジュニアが復刻
上の出っ張りはブックエンドになるんですね。
クランプ式のライトも取り付けられます。

 

マンジャロッティのジュニアが復刻
リビング空間を作り中。

 

マンジャロッティのジュニアが復刻
大活躍の小物たち。

 

マンジャロッティのジュニアが復刻
メトロクスに眠っている洋書もスタイリングにひっぱりだこ。

 

マンジャロッティのジュニアが復刻

 

なかなか大掛かりな撮影でみんなクタクタになってしまいましたが、
とても楽しい撮影会でした。
今日ご紹介した写真はスナップ程度ですが、
カメラマンさんに撮っていただいた素敵なお写真は、
発売時の商品リーフレットに掲載される予定です。
乞うご期待ください!

ジュニア プレスリリースはこちら

BRAUNの人気モデル「トラベルクロック」が復刻!

こんにちは、メトロクスのハマダです。
東京は今日、吹雪いています。暦の上では春のはず・・・。さ、寒い・・・。
本日は、そんな寒さも吹き飛ばすホットな話題をお届けしますよ~!

2011年より続々と復刻モデルがリリースされている「ブラウン」のクロック。
今回はあの人気モデルが復刻となります。

 

ブラウン トラベルクロック BNC005

2/20(水)発売!ブラウン トラベルクロック BNC005
1995年にディートリッヒ・ルブスによってデザインされた、
Reflex controlled travel alarm clock「AB 314 rsl」の復刻モデルです。

 

 

ブラウン AB314rsl オリジナルモデル ディートリッヒ・ルブス

完全復刻版として復活
上の写真はオリジナルのAB 314 rsl
今回の復刻モデル「BNC005」と比較してみても、全く違いがありませんね。
それもそのはず、新たに機能を加えられたバージョンアップものではなく、
外見も機能もそのままに、完全なオリジナル復刻モデルとして蘇るのです。

 

 

ブラウン トラベルクロック BNC005

いつまでも新しいデザイン
オリジナルがデザインされた1995年というと、
ディーター・ラムスブラウンを退社する1997年より少し前。
ブラウン社の中でも比較的、新しい時代のモデルです。
とは言え、18年も前のことなのに、今でも古さを感じさせないところはさすがです。
機能に基づいた、極めて実直なデザインだから、
いつまでも色褪せずに、根底に潜んだ新しさが更新されていくのですね。

 

 

ブラウン トラベルクロック BNC005

間違いなく、実用的で機能的
「トラベルクロック」なんていうネーミングですもの、実用的で機能的なのは当然。
アラームはもちろん、スヌーズ機能も搭載。
写真左側のグリーンの四角い部分に手をかざすとその動作を感知して、
スヌーズ機能が発動するモーションセンサータイプです。
モーションセンサーだなんて、とても近未来的に聞こえますが、
実はこの機能もオリジナルそのまま。当時では珍しい機能だったのでは。

また、バッテリーチェックシステムという変わった機能も搭載されています。
電池残量が少なくなると、秒針の動きが2秒間隔で動くようになっているのです。
ちょっと不思議な動きですが、予め予備の電池を用意するタイミングを
知らせてくれるなんて賢い時計です!
2秒間隔で動く様子はyou tubeでも見れます。
こちら⇒http://youtu.be/qejXJ7261Lk

 

ブラウン トラベルクロック BNC005 ワールドタイムチャート

旅先で重宝する世界時間表
蓋の中面には、ロンドンのグリニッジ標準時(Greenwich Mean Time)を基準とした
ワールドタイムチャートが、プリントされています。
旅行や海外出張の時に時差がすぐわかって便利。
ブラウンの本拠地・ドイツ(Frankfurt)と日本(Tokyo)の時差は、
ええっと、、、8時間ですね。

 

 

 

ブラウン トラベルクロック BNC005

ライトは文字盤を照らすだけではなく、サイドも光るようになっているので、
大きな旅行カバンの中で探しものをする時にも重宝しそうです。
また、ボタンのロック機能が付いていて、安心。
バッグに入れて持ち運びすることを前提とした設計になっています。

 

 

 

ブラウン トラベルクロック BNC005
カラーバリエーションは、ブラック・ホワイト・ブルーの3色。
ムーブメントはドイツ製です。

旅のお供にぜひ。

ブラウン トラベルクロック BNC005 ¥5,460
2/20(水)よりご購入可能です。
ブラウン商品一覧はこちら
ブラウン トラベルクロック BNC005