BRAUN

BRAUN × BROWN

こんにちは。
メトロクス・タカハシです。

今回は、BRAUNのリストウォッチで新たに追加されたブラウンレザーモデルの
「BN0021」「BN0024」をご紹介します。

BN0021,BN0024
00210024はブラウンのリストウォッチの発売当初から定番として
今でも人気の高いモデルです。
実はこの2モデル、ブラウンのリストウォッチの中でも珍しく文字盤に色が
“イエロー”しか入っていません。ミニマルで機能的なデザインが魅力のBRAUNの
シリーズの中でも最もシンプルなモデルなんです。

今回、追加となったブラウンレザーも無彩色が多いブラウンのリストウォッチの中では
これまた珍しいタイプです。
以前、紹介したBN0142にもブルーとブラウンのカラーベルトが採用されていますが、
よりシンプルな0021と0024だとクラシカルな大人っぽさが出ていて、
また違った魅力がありますね。

BN0021

BN0024
以前から販売されているブラックベルトのモデルとはダイヤルの色を
それぞれ反転させています。それもシンプルなのに新しく見える秘訣ですね。

通気性の良いエンボス加工のベルト
また、ベルト裏側にはエンボス加工を施すことで通気性を確保していて、
夏場でも快適につけていられそうです。

BN0024はスモールセコンドを採用
BN0024のモデルにはスモールセコンドが採用されています。
スモールセコンドとは文字盤の中央から独立して配置された秒針のことで、
中央のダイヤルからは時針と分針のみが伸びているので、現在の時刻をはっきりと
際立たせるプレーンな良さがあります。

これからの新生活シーズンの贈り物や、
今週末のバレンタインギフトとして貰ってもうれしいリストウォッチですね。

東京店のヴィンテージアイテムあれこれ

こんにちは。
メトロクス・タカハシです。

台風が近づいてきているからなのか、昨日から涼しく秋の気配がしてきました。
空模様は優れませんが、涼しくなったことで、ようやく外出が億劫ではなくなりそうです。

さて、今日のメトロクスブログでは東京店のヴィンテージアイテムの数々を改めてご紹介
したいと思います。中にはオンラインショップに未掲載のアイテムもありますので、
これは!?となったアイテムがありましたら、お気軽にお問合せ下さい。

続きを読む

BRAUN New Color!

こんにちは。
メトロクス・タカハシです。

先日、ブラウンの時計に新たに「グレー」が追加されました。
正確には2013年に限定カラーとして発売されたグレーが3つのモデルで定番色となります。

「限定カラーの時に買い逃した~!」という人には朗報の今回の新色。
これからブラウンの時計を買おうという人にも選択肢に入れてほしいグレーを
今回は紹介していきます。
 
 
BNC008GY
まず一つ目が「BNC008」

こちらはブラウンの中でも比較的新しいデザインの置時計です。
元々は、1979年デザインの「DN50」をベースに、現代のライフスタイルに
合わせ機能を追加、フォルムチェンジさせた人気モデルです。

DN50
 
 
こちらが、その「DN50」です。
ちなみに、現在ブラウンからは「BNC016」という、よりDN50に近いモデルも
発売されています。ブラウンのデジタルクロックの根幹にあるのが
この「DN50」なのでしょう。
 
 
BNC008GY_2
手のひらにもすっぽりと収まってしまうこじんまりとしたサイズはシーンを問わず
どこにでも置いておくことができます。

BNC008GY_3
既存のホワイト、ブラックと並べてみるとこんな感じです。
写真では伝わりづらいですが、他の色と比べるとやや光沢があるようなグレーです。
そして、一番の違いは液晶ディスプレイです。 ホワイトとブラックは黒バックに
白抜きの数字が表示されていますが、グレーは黒文字での表示となっています。
 
 
 
BNC006GY
 

続いては「BNC006」
こちらは、ブラウン初のウォールクロックとして1982年に ディートリッヒ・ルブス
デザインでうまれた、「ABW30」を忠実に再現したモデルです。

デートリッヒ・ルブス
この人がルブス。そして、左上にかかっているのが当時デザインされたABW30です。
ブラウン社においてディーター・ラムスと同じくらい外せないのがディートリッヒ・ルブス。
現行のブラウンの時計の多くがルブスのデザインによるものです。

BNC006GY_2
実際にかけてみるとこんな感じです。
フレームもガラスもない、一体型のフェイスは当時「デザインの革命」と
評されていました。まさにディーター・ラムスが語る「Less, but better
(より少なく、しかしより良く)」を体現しているデザインといえます。

BNC006GY_3
インデックスは立体的に立ち上がらせることで、光の反射を抑え視認性も
確保されています。少し光沢のあるグレーなので、視認性に欠けるのでは?
と思いましたが、その心配はなさそうです。
 
 
 
BNC002GY

そして最後が「BNC002」
「BNC006」と同じくルブスのデザインです。
1987年に「AB1」として発売されたモデルを忠実に再現し復刻したもので、
多くのブラウンの時計の中でも定番中の定番品です。
フェイスがグレーになっても黄色い秒針とのコントラストはとてもきれいです。

残念ながら、ブログまでに実物が届かず画像はこれ以外にないのが残念ですが、
お店に届いたら別の機会に紹介したいと思います。
 
 
 
おまけ その1・・・

BNC014

BNC014BK-NRC
新色のグレーとは別にデジタルウォールクロックの取扱も始めました。
折りたたみ式のスタンドも付いているので、テーブルクロックとしてもお使い
頂けます。デイデイト表記や温度・湿度を計れる、これまでのブラウンの時計
にはなかった機能が付与されています。
 
 
 
おまけ その2・・・

HL70
上の写真でもちょこちょこと映り込んでいる「HL70」
ヴィンテージコンディションで1点のみですが、こちらも販売しています。
1971年にレインホールド・ヴァイス、ユーゲン・グルーベルによって
デザインされたもので、MoMAのコレクションにも選定されています。
ディスプレイとしてもかっこいいプロダクトです。
価格:¥19,440(税込)

オンラインショップには掲載がないアイテムなのでお問い合わせは
東京店までどうぞ。

名作の中でも希少なホワイトモデルが復刻!

BRAUN BNE001WH ET66 ET55 名作電卓が復刻

 

こんにちは、メトロクス・ハマダです。
ブラウンの名作カリキュレーターの復刻モデルにホワイトカラーが登場しました。

BRAUN BNE001WH ET55

 

このカリキュレーターはMoMA(ニューヨーク近代美術館)に収蔵されている名作で、
2013年夏にはブラックカラーのモデルが待望の復刻を遂げています。

BRAUN BNE001WH ET55

 

これほどに人気のモデルなのに、ホワイトカラーのモデルが存在したことはあまり知られていません。
というのも、1983年に世界で約5,000台程度しか生産されなかった希少なカラーだったから。
希少価値が高くなり、現在でもオークション等で高額取引されているほどです。

そんなレアモデルの復刻版がお求めやすい価格で購入できるとあって、
早くも注目が集まっています。
ホワイトとブラックの比較。

BRAUN BNE001WH ET66 ET55 名作電卓が復刻

 

こちらは発売当時のモデル。
グレー、チャコール、グリ-ン、イエローなどのカラーのボタンが並びます。

BRAUN BNE001WH ET55

 

変わって、こちらは復刻モデル。
真っ白ーー!
色数を減らすことで、すっきりとした印象になりました。
そして、この潔い白さがインパクトにもなっています。

BRAUN BNE001WH ET55

 

デザインや機能性については言うまでもありません。
実用性と耐久性を兼ね揃えたこの合理性こそが、ブラウンのデザインのかたちです。
以前のブログでも書きましたが、Appleの i Phone 初期の計算機にも影響を与えたデザインです。

BRAUN BNE001WH ET66 ET55 名作電卓が復刻

 

ブラウンのホワイトカラーのシリーズを少し集めてみました。
ブラウンらしいかっちりしたブラックもかっこいいですが、
ホワイトの純白具合も素敵です!白いモノ好き!

BRAUN BNE001WH ET66 ET55 名作電卓が復刻
左上から時計回りに BNC010BNH0021BNC001BNC002BNC008BNE001BNC005

 

BRAUN BNE001WH ET55

ブラウン 電卓 BNE001/ホワイト ¥6,480
2015年3月25日(水)発売
オンラインショップにて予約販売中→こちら

ブラウン 電卓 BNE001/ブラックはこちら

ブラウン ヴィンテージコレクションもぜひご覧ください!

アンビエンテ2015出展レポート

こんにちは。メトロクス、ヨダです。
メトロクスは2月にドイツはフランクフルトで行われたAmbiente (アンビエンテ)という展示会に
出展してきました。アンビエンテは、食器・文具・アクセサリー・家具等々、
多岐に渡る商品の見本市で、ドイツ国内だけではなく、世界中のバイヤーたちが集まります。

まずはフランクフルト到着。
フランクフルト市内
マイン川という川が流れている、素敵な町です。

アンビエンテの展示会会場は、大きすぎて中にいて全体を把握するのが困難です。
分野別に12のホールに分かれており、そのホール間は移動の為のバス(!)が通っています。
アンビエンテ構内図
構内図。メトロクスは「ホール11」のデザインプロダクトが集まるエリアに出展しました。
一番端のホール1まで歩こうとすると、20-30分かかります…

アンビエンテ内1
バスを待つ人々。

アンビエンテ内2
一番奥に見えるのがホール11。メトロクスが出展した所です。
手前には鳥居…!? なぜか会場内にある鳥居。

メトロクスブース
メトロクスブースはこのように仕上がりました。
壁には、マックス・ビルのグラフィックラグポスター
やはりドイツではマックス・ビルの認知度、人気は高く、ラグはとても好評でした!

会期中のブース
会期中はドイツ、オランダ、デンマーク、アメリカ、タイ等等…世界中の沢山の方々に
お越し頂きました。
日本国内と海外では、生活習慣や嗜好の違いで商品を選ぶ基準が異なります。
色々なご意見をお伺いでき、大変貴重な展示会となりました。

展示会が終わった次の日、メトロクス一同(代表と私ですが…)を大変興奮させる出来事が!
ブラウンのコレクションが見られる、ギャラリーがあるとのこと!!
フランクフルト市内から少し離れたビルの一室に…
ブラウンコレクション入口
本当にひっそりとある、ギャラリー。

歴代のブラウンの商品がずらり。髭剃りや時計はもちろん、古いテレビや、ラジオ等々!!
ブラウンコレクション内1
ブラウンコレクション内2
ブラウン髭剃りとクロック
ブラウン電卓とライト
ブラウンコレクション4

写真可という事で、写真を撮りまくるメトロクス一同。メモリーが一瞬でなくなりました。

ブラウンデザインチームの言葉
ギャラリーの壁面には、こんな一文が。

`どうやって既にシンプルなものをさらにシンプルにするのか?
実用との関連を理解すれば、おのずと改良すべきところが発見できる。 ブラウンデザインチーム’

訳すとこんな感じでしょうか。

メトロクスも、ブラウンのコレクションを保有していますのでこのギャラリーのように
お見せできれば…と夢が膨らみます。
ブラウンファンの方!このギャラリーは必見です。

初めてのドイツ展示会への出展でしたが、町で見かける何気ないデザインが
シンプルそして機能的でとても魅力的でした。
スイッチ
例えば、何気なくある大変美しいスイッチ。

また、是非とも訪れたいです。