Riki Watanabe

ガラスに浮かぶアラビアが新感覚なリキウォッチ

0

こんにちは、メトロクス・フクオカです。
今日は渡辺力さんのデザインスピリットを受け継いだリキウォッチの
新モデルをご紹介します。

 

1

2007年発売の「浮かぶアラビア ソーラー」がクオーツモデルになって復活しました。
透明感のあるガラスに印刷した数字は、まるで空中に浮いているようですよね。
光が差し込むと、美しい影が文字盤に映し出されます。

 

3

渡辺力さんの作品に多く見られるアメリカの放送局「CBS」のロゴタイプの
文字から触発された視認性の高いアラビア数字を採用。
文字が艶やかな肉盛り印刷で立体的に表現され、
美しさと読み取りやすさが両立しています。

 

4

このアラビア数字は、リストウォッチだと、日本の伝統色キッズモデル
クロックだと、リキクロック・スチールクロック・小さな時計などに使用されていて、
リキワタナベコレクションの象徴的なロゴタイプになっています。

 

2

今回復活した「浮かぶアラビア」モデルは4カラー展開。
薄縁のケース形状とクールなカラーリングがモダンでファッションにも取り入れやすいですね。

 

6

留め具は三つ折れプッシュ式バックルです。
この方式を採用しているウォッチは、時計の着脱が楽になるばかりか
革バンドの傷みも軽減され、長持ちするし、見た目もスマートなので、
店頭でも個人的におすすめすることが多いです。日本の伝統色モデルもこのタイプです。

 

7

最初はバックルを留めた状態で自分に合ったサイズを見つけます。
私は3つ目のホールがちょうどいいみたいです。
留めたいホール位置が決まれば、この部分(写真右)をパカっと開きます。

 

8

開いたところにベルとを差し込んで、先ほど決めたホール位置でパチンと留めてください。
これで自分サイズに固定できました。

 

9

以降はバックルのプッシュボタンで開閉するのみ。
革ベルトへの負担もなければ、片手でサっと着脱できるし、便利なんです。

また、金属製のベルトだとサイズ位置の調整は専用工具がいるので、
時計屋さんに持ち込んで調整してもらうしかなかったんですが、
この革ベルトタイプは、サイズ位置は後からでも手軽に移動できるので、
めちゃくちゃ合理的ですよね。

 

10

裏ぶたには渡辺力さんのサイン“Riki” が刻印されているほか、
ウォッチに対するデザイナーとしての思いを寄せて書かれた、メッセージカードも付属。
ボックスにはリキワタナベコレクションの象徴的なアラビア数字が印刷されていて、
ギフトには持ってこいの一品です。

 

リキウォッチ 浮かぶアラビア 全4色 11,880円(税込)
メトロクス店頭でご覧いただけます。
オンラインショップでの購入ページはこちら

メトロクス生誕の地・北海道へ!工場探訪~製品ができるまで

こんにちは、メトロクス・ハマダです。
先月、出張で札幌へ行ってきました。
元々、メトロクスは札幌で始まった経緯がありますので、
製造工場なども多くが北海道にあるのです。

渡辺力 カートンファニチャーシリーズ リキスツール&キッズセット

巨匠 渡辺力さんデザイン、みなさんもご存知のカートンファニチャーシリーズ
スツールは「リキスツール」の愛称でも親しまれています。
段ボール家具ですから、もちろん、段ボール工場で製造されています。
工場は北海道・小樽にあります。
このシリーズの製造ラインを見学して来ました。

 

渡辺力 カートンファニチャーシリーズ リキスツール&キッズセット

この大きな段ボールを加工していきます。

 

渡辺力 カートンファニチャーシリーズ リキスツール&キッズセット

製造ラインに乗せられ、どんどん流れていく段ボール。

 

渡辺力 カートンファニチャーシリーズ リキスツール&キッズセット

シュー!と高速で送られていきます。
物によって異なりますが、このラインで表面にプリントが施されたり、
折り目がつけられたり、形になっていきます。

 

渡辺力 カートンファニチャーシリーズ リキスツール&キッズセット

型抜きをして、できあがっていく段ボール。
※この写真はカートンファニチャーではありません。

 

渡辺力 カートンファニチャーシリーズ リキスツール&キッズセット

これはカートンファニチャーの色見本。
毎回、この見本と照らし合わせて、色に差がないか確認します。

 

渡辺力 カートンファニチャーシリーズ リキスツール&キッズセット

これは別ラインの機械。物量や大きさによって使い分けるそうです。
このような製造ラインを通って、ユニークな形の段ボールパーツが完成します。

 

渡辺力 カートンファニチャーシリーズ リキスツール&キッズセット

できあがったパーツがこちら。

 

渡辺力 カートンファニチャーシリーズ リキスツール&キッズセット

あとは、みなさんの手でパズルのように組み合わせていくだけ。
物が作られていく工程を見るのは、本当にわくわくしますね!

カートンファニチャーシリーズの詳細はこちら。

 

 

アンジェロ・マンジャロッティ 組み立て家具シリーズ ジュニア

さて、続いては今年発表した新シリーズ「ジュニア」の製造工場へお邪魔しました。
こちらの工場は、家具の産地としても有名な旭川にあります。

 

アンジェロ・マンジャロッティ 組み立て家具シリーズ ジュニア

職人さんが作業中。この工場では、いろんな種類の家具を製造されています。

 

アンジェロ・マンジャロッティ 組み立て家具シリーズ ジュニア

特殊加工専用の機械もたくさん。

 

アンジェロ・マンジャロッティ 組み立て家具シリーズ ジュニア

ジュニアの資材コーナー。
前述のカートンファニチャー同様、ジュニアも組み立て式の家具です。
なので、工場ではパーツの姿のまま。

 

ちなみに、6001 アームチェアのパーツはこんな感じです。
この6つの板をそれぞれの切れ込みに差し込むだけ!
みなさんにも構造の面白さや組み立てる楽しみをぜひ体感していただきたい!
メトロクス店頭でもお試しいただけるので、お時間があるときにお立ち寄りくださいね。

アンジェロ・マンジャロッティ 組み立て家具シリーズ ジュニア

ジュニアシリーズの詳細はこちら

現場の方々、お忙しい中、工場を案内してくださり、ありがとうございました!
工場萌えの属性もある私は鼻息荒く、カメラ小僧と相成りました。

 

モエレ沼公園 イサム・ノグチ

工場見学の他に、札幌市内にあるショップ巡りや、
イサム・ノグチの設計したモエレ沼公園へ行きました。

 

モエレ沼公園 イサム・ノグチ

我々メトロクスはここ、モエレ沼公園にあるガラスのピラミッド内で
北欧デザインのエキシビジョンをやったこともあるんです。

その時の様子。

Nordic Design 北欧デザイン展 モエレ沼公園

Nordic Design展(2007)より│ ポニーボールチェアも。

 

Nordic Design 北欧デザイン展 モエレ沼公園

Nordic Design展(2007)より│ ハンス・J・ウェグナーの「ベアチェア PP19」も。
ソフトバンクのCMで吉永小百合さんが座っているのは、この椅子です。

当時のエキシビジョンの詳細はこちら。

 

ちょっと話がそれましたが、モエレ沼公園には
面白いモニュメントがたくさんあり、散歩がてら楽しめます。

モエレ沼公園 イサム・ノグチ
モエレ沼公園 イサム・ノグチ
モエレ沼公園 イサム・ノグチ

広大な芝生に癒されます!
この日は天候が良くなかったのと、ピラミッドが休館日だったので、
快晴の日にもう一度行ってみたいなぁと思っています。

え?なんだかこの出張、遊んでばかり?
そ、そ、そ、そんなはずは・・・(ない)!

 

おまけ
ピエール・ポランのF031 デスクの工場(旭川)にも立ち寄りました。
工場長さんのコレクション(?)がかわいかったのでパシャリ。

古き良き銀座の風景 ~BAR TARU~

こんにちは。メトロクスのハマダです。
今日は銀座のお話。

「銀座」と言えば、もう、それは単なる繁華街ではなく、ある種のブランドとも言える場所。
外資系の高級ブランドやトレンドを象徴するショップが軒並み出店するステータスの街です。
そんな最新モードの溢れる銀座ですが、一本道を入れば(特に銀座6丁目界隈)、
古びたレトロなビルなどが立ち並ぶところもあり、さすが、歴史のある街だと感じます。

けれども、昨今は「銀座六丁目10地区第一種市街地再開発事業」という
再開発プロジェクトのため、古き良き銀座を象徴する歴史あるお店が少しずつ
姿を消していっています。
渡辺力さん、剣持勇さんの両氏がインテリアデザインを手掛けたことでも知られる
1953年開業のバー「TARU(樽)」もそのひとつです。
平成25年3月末日をもって60年の幕を閉じました。

 

メトロクスではスタッフみんなで閉店1週間ほど前に
TARUへお酒をいただきに行きました。
こちらが外観です。1924年築のビル、ものすごいレトロです。
渡辺力さん、剣持勇さんが内装を手がけたBAR TARU

 

歴史を感じる看板。
渡辺力さん、剣持勇さんが内装を手がけたBAR TARU

 

TARUは地下にあり、この入り口を降りていきます。
渡辺力さん、剣持勇さんが内装を手がけたBAR TARU

 

階段を下りたところには、閉店を知らせるポスターが。
「ありがとう。さようなら。そして、ラブ。」
この一言にすべてが集約されているような気がします。
渡辺力さん、剣持勇さんが内装を手がけたBAR TARU

 

席に通されると、オーナーさんからのメッセージが記された紙を手渡されました。
そうか、さっきのポスターのコピーもオーナーさんの言葉なんだな、と
これを読んで気が付きました。
渡辺力さん、剣持勇さんが内装を手がけたBAR TARU

 

TARUのコースター。
私たちはお店の方にお願いして、記念に持ち帰らせてもらいました。
渡辺力さん、剣持勇さんが内装を手がけたBAR TARU

 

店内はお客さんでいっぱいだったので、あまり撮影できませんでした。
どれもこれも歴史を感じるものばかり、地下にあるという立地条件も相まって、
まさに「隠れ家」といった雰囲気です。
「この電気シェードも力さんのものかしら?」なんて話をしながら、
美味しいお酒をいただきます。
渡辺力さん、剣持勇さんが内装を手がけたBAR TARU
渡辺力さん、剣持勇さんが内装を手がけたBAR TARU

 

「この椅子も力さんぽいね」
渡辺力さん、剣持勇さんが内装を手がけたBAR TARU

 

こういう雰囲気の大人のバーには、あまり行ったことがなかったので、
ちょっぴり背伸びした気分でした。
渡辺力さん、剣持勇さんが内装を手がけたBAR TARU

 

奇しくも、渡辺力さんがお亡くなりになった今年に「TARU」も閉店するということで、
切ない気分はなおさら。最後に訪れることができ、本当に良かったと思います。

こういった歴史ある場所が少なくなっていくことは、とても残念です。
優れたプロダクトはいつまでも色褪せることなく、愛され続けていくと思います。
その素晴らしさを大切に守りながら、多くの方々へ伝えていくお手伝いをしていくこと。
ここを訪れたことで、私たちの使命をまた強く感じた夜でした。

渡辺力さん特集ページも好評です。
ぜひご覧ください。
http://metrocs.jp/special/rikiwatanabe/

クリスマスが待ち遠しくなるギフト!

メトロクスの12月 クリスマスディスプレイに変更しました!

こんにちは、メトロクスのハマダです。月も変わって12月!
東京店のウィンドウもクリスマスを意識したディスプレイに変わりました。
真っ赤なボビーワゴンに丸や星のきらびやかなオーナメント。
ピスティリーノメデューサなどの照明もクリスマスの雰囲気に一役買ってくれています。

 

メトロクスの12月 クリスマスディスプレイに変更しました!

堂々と真ん中に鎮座するソファは今回入荷してきた「マルチチェア(レッド)」。
ボビーワゴンのデザイナー、ジョエ・コロンボが1970年にデザインしました。
自由自在にかたちを変えることができるユニークな仕組み。
好奇心旺盛でアイデア家だったコロンボらしいデザインですね。

 

メトロクスの12月 クリスマスディスプレイに変更しました!

木の形をモチーフにデザインされたコートラック「MORI(モリ)」を
クリスマスツリーに見立てて。これはナイスアイデア!でした。
こちらはまだ未発売の商品ですが、お問い合わせも承っています。
▽お問い合わせはこちら

クリスマスの楽しげなシチュエーションをイメージしてもらえているのか、
お店の前を通り過ぎる人の立ち止まる率が幾分高くなったように思います。

 

さあ、そんなメトロクスではギフトアイテムと無料サービス
たくさんご用意しています。

私は、毎年、このシーズンになるとプレゼントを用意しなければ、
という使命感に襲われます。
街にはギフトが溢れ、何を選べばいいのか分からなくなるドツボにハマリ、
結局、謎のパズルを買う、みたいな年もありました。
アレを受け取った人はどんな気持ちだったんだろう……

普段その人がどんなにスタイリッシュでも、
その人からの贈り物をワクワク気分で開けてみて、
なんと謎のパズルだったりしたら、イメージダウンどころか
あの人と言えば、あのダサいパズルというレッテルを貼られてしまう!

まさに、今後の人生をも左右するギフト。
でも、1度失敗しても、次が良ければ挽回できるんですから、
毎年全力で臨むのみです。

「失敗しないギフト選び」とまではいきませんが、参考にしていただければと思い、
メトロクスでの人気ギフトランキングをご紹介します。

メトロクスの人気ギフトランキング

第1位 カートンファニチャーシリーズ
いわずと知れた渡辺力さんデザインの
段ボール家具シリーズです。
お子様がいらっしゃるご家庭には特におすすめ。 

くわしくはこちら

メトロクスの人気ギフトランキング 渡辺力 カートンファニチャーシリーズ
第2位 リキクロック各種
こちらも渡辺力さんのデザイン。
オーソドックスでどんな空間にも馴染む
デザインが人気の理由。
2004年グッドデザイン賞受賞。 

くわしくはこちら

メトロクスの人気ギフトランキング 渡辺力 リキクロック
第3位 リキウォッチ各種
新たに「ポール時計」モチーフの
ウォッチも加わり、人気が加速。
腕時計は贈り物にしやすいアイテムのひとつ。 

くわしくはこちら

メトロクスの人気ギフトランキング 渡辺力 リキウォッチ

なんと、1位~3位まですべて渡辺力さんデザインのものという結果に。
さすが、ジャパニーズデザインのパイオニア!
▽渡辺力プロダクト一覧はこちら

 

エヌ・クラフツの人気ギフトランキング

第1位 KIRICO*KILICO各種
吉田順子さんが作るモダンな江戸切子。
コンセプトの「手にした時、ふと笑みが
こぼれるような器」というフレーズも
贈り物にぴったりです。 

くわしくはこちら

エヌ・クラフツの人気ギフトランキング キリコ*キリコ
第2位 芹沢銈介 卓上カレンダー
1,103円という価格からプチギフトの利用が
とっても多く、まとめ買いがほとんど。
ご希望の方にはメール便(¥160)での
発送も行っています。 

くわしくはこちら

エヌ・クラフツの人気ギフトランキング 芹沢銈介 卓上カレンダー
第3位 練り上げ各種
ハラダマホさんの独特な幾何学模様と
かわいらしい色使いが女性に大人気!
1点1点手作りされた器は、
他の人とは一味違う、センスのある
プレゼントとして喜ばれています。 

くわしくはこちら

エヌ・クラフツの人気ギフトランキング ハラダマホ 練り上げ

既製品にはない、温かみの感じられるギフト。
やっぱり、エヌ・クラフツのアイテムは女性への贈り物が多いようです。

 

メトロクスのギフトサービス(ラッピング・のし・メッセージカード)はすべて無料!

ギフトラッピングのイメージ。
ラッピング包装、メッセージカード、のしについてのご要望を“無料”にて承りますので、
お気軽にお申し付けくださいね。
ギフトのお相手に喜んでいただけるよう頑張ります。

 

メトロクスのギフトサービス(ラッピング・のし・メッセージカード)はすべて無料!

こちらは、おすすめギフト一覧。
シーン別・価格別のおすすめギフトなども掲載していますので
ぜひ参考にしてみてください。
▽メトロクス&エヌ・クラフツのギフトサービスについてはこちら

 

さて、これだ!と思うプレゼントが見つかれば、
あとは受け取った人の表情を想像しながら、当日までじっと我慢です。
楽しみですね。

私は今年も大勢でプレゼント交換大会をする予定があるので、いろいろ模索中です!

去年は小鳥のオブジェにしたら、たまたま小鳥好きの女子に当たって助かりました。
その隣に居たヒゲもじゃのおじさんに当たっていたらと思うとゾッとしちゃう。
あ、ヒゲもじゃのおじさんには謎のパズルがしっくりくるかもしれない。