表情の異なる名作が数量限定で入荷

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

01-min

こんにちは、メトロクス・フクオカです。

本日は、数量限定入荷しているチェアをご紹介します。

 

現代の折りたたみ椅子の原型でもあるプリアチェアは、その素晴らしい構造そのものがこの製品を表す代名詞。

しかしながら、クリアーなシートやポリカーボネートのマテリアルも、この椅子を語る上では外せない要素となります。

それなのに、そのキャラクターを捨てきった「プリアチェア ラタン」には、一種の潔さを感じてしまいます。

マルセル・ブロイヤーのチェスカチェア

マルセル・ブロイヤーのチェスカチェア

ラタン(籐張り)の椅子というと、カンチレバー構造の名作であるブロイヤーのチェスカチェアがパっと頭に浮かびますね。

今回数量限定で入荷している「プリアチェア ラタン」の座った感覚やディティールはチェスカチェアと近いところがあるように思います。

 

05-min

奥がラタンモデル、手前が通常モデルのプリアチェア。同じ椅子なのに、これほどに印象が違います。好みも分かれそう。

 

ラタンは飴色に経年変化していくので、10年後、20年後にはまた別の印象になりますね。
座った感覚も使ううちに柔らかくなっていくと思います。

 

10-min

通常モデルはフレームに直接ポリカーボネート製のシートがはめ込んであるつくりですが、ラタンモデルは木のフレームにラタンを張ったものがはめ込んであります。

 

03-min

木のフレームにバックレストのカーブを施すことで、ラタン編みの部分もゆるやかに体に沿う設計です。

 

02-min

若干ですが、木のフレーム分、シートに高さが出ています。

 

25

無機質なクロームのフレームに、自然素材のラタン。
相性が悪そうな両者ですが、工業製品にはない温かみ、工芸品にはない力強さ、どちらも兼ね備えて見事に融合していて、むしろインテリアに合わせやすく進化しているな~と思います。

 

クリアのプリアチェアと比べるとお値段はかなり違いますが、そういった特別感がこの椅子にはあります。

まだ少し残っておりますので、ぜひお早めにご検討ください!

2xbn

ちなみに、ホワイトフレーム、レッドフレーム、ブラックフレームも少し残っています。こちらは通常モデルと価格に差がなく、お求めやすくなっていますのでおすすめです。

METROCS Tokyo

東京タワーから程近いオフィス街にあるMETROCSのリアルショップには、ネット掲載のないアイテムも多数展示しています。

東京都港区新橋6丁目18-2
・都営三田線「御成門駅」徒歩2分
・都営浅草線「大門駅」徒歩9分
・JR、東京メトロ銀座線「新橋駅」徒歩10分

お問い合わせ|tokyo@metrocs.jp
TEL|03-5777-5866
営業時間|月・火・木・金曜 12:00~18:00、土曜 12:00~19:00
定休日|水・日曜・祝日

ショップ詳細はこちら