Date:16/5/24

本日は開催中のおとくなキャンペーンについてです。
キャンペーン対象商品は「ボビーワゴン」。

 

0

ボビーワゴンとは
イタリアンデザインの黄金期、60年代を彗星のごとく駆抜け、
数多くのプロダクトを残してわずか41歳でこの世を去った天才デザイナー
ジョエ・コロンボ。
彼が1970年にデザインしたのが「ボビーワゴン」です。

デスク脇のスペースで「必要なモノを無駄なく効率的に収納できないか?」
という疑問から、このワゴンは誕生。
本体を回転させることでワゴンの4面すべてを効率的、機能的に使える
高いデザイン性、そして省スペース化。画期的な収納ワゴンです。

ボビーワゴンについてさらに詳しく見るにはこちら

 

boby07

開口の大きなポケットにはボトルなどのボリュームのあるものの収納に便利。

 

boby04

キッチンシーンでは本体はキッチン雑貨の収納、トップは作業台として活躍します。

 

boby08

棚板を取り外せば長尺のものも入る、フレキシブルボックス。

 

boby05

ボビーワゴンの一番の特徴である回転式スライドトレイ。
細かなものの整頓にうってつけです。

このように機能性・利便性の高いボビーワゴンですが、
今回のキャンペーンでは、さらにボビーワゴンを使いやすくする
カスタムオプションをプレゼントさせていただいています。

 

33

これは「アクリルプレート」。
実はボビーワゴンのトップ(天板部分)は3つのブロックに区切られています。
こんな感じです↓

 

4天板

一番大きなスペース(左上)はA4用紙がおさまるサイズ。
右側と左下は細長いスペースです。

この区切り、小物を整頓するには良いのですが、
トップを作業台として使いたい場合に区切りの段差(1cm程度)があだとなり、
まな板やトレイ、ノートパソコンを載せるとガタついてしまうのです。

そこでメトロクスが独自に開発したのが「アクリルプレート」。
左上の左下のスペースにピタっと入る厚さ1cmの透明なプレートです。

 

3

このプレートをセットすると、見事、区切りとの段差がなくなります。
これでノートパソコンやトレイがガタつくストレスが解消!

クリアなので見た目の印象も変化なく、元々そこにあったかのような収まりっぷりです。

 

boby141210

お気に入りのポストカードなどを入れてフォトフレームとしても機能しますよ。

このアクリルプレート、ボビーワゴンを購入される方がマストでお求めになる
人気オプションです。
通常は5,400円(税込)で販売しているアイテムですが、
今回のキャンペーンでは無料でプレゼント!

 

4

そして今回のキャンペーンでは「アクリルホルダー」もお選びいただけます。

アクリルホルダーとはご覧のとおり、取り外しできる棚板部分に合わせたカップホルダーです。

 

5

このカップホルダーにはホワイトカラーのカップ3個が付属。
写真のようにカトラリーを立てたり、デスクサイドでは文具をたてたり、
想像しただけでも便利!

これもメトロクスオリジナルで開発したアイテムで、発売当初は
「こんなの欲しかった!」と問い合わせが殺到したほどです。
こちらも通常は5,400円(税込)で販売していますが、
今回のキャンペーンでは無料プレゼント!

 

boby191901

カップにグリーンを入れてもいいですね。
さて、みなさんはアクリルプレート、アクリルホルダーどっち派でしょうか?!

キャンペーンは6月末まで、くわしくはこちらをご覧ください。
もれなくもらえる!ボビーワゴンキャンペーン

Date:16/5/17
こんにちは、メトロクス・タカダです。
 
この度、メトロクスでは、JR札幌駅のコンコースに設置された
駅時計をもとに開発された掛け時計「eki clock(エキクロック)」の
取り扱いを開始いたしました。
 
駅時計にふさわしいオリジナル数字による、読みやすく
美しい文字盤とシンプルな時計枠体によって、究極の
ベーシックデザインを追求した時計です。
 
sapporo_eki_1_01
 
元になった時計は、北海道出身のデザイナー・五十嵐威暢氏
によって札幌駅のためにデザインされた駅時計で
東西両コンコースに1点ずつ設置されており、
南北それぞれに向いた時計の文字盤は、表と裏で
白と黒に配色されています。
 
sapporo_eki_2_01
五十嵐威暢氏は、グラフィックデザイナーとして活動をはじめ、
国内外の企業のために多くのVI計画を作成しました。
代表作に明治乳業、サントリー、三井銀行、王子製紙
などがあります。
 
そのほか、プロダクトのデザインも数多く手がけ
ロサンゼルスに渡り、彫刻家としても活躍しています。
作品はニューヨーク近代美術館をはじめ、世界30カ所以上の
公立美術館に永久保存されています。
2015年からは多摩美術大学名誉教授に就任されました。
 
 
札幌駅で手掛けたのはコンコースの駅時計以外にも
札幌駅南口外壁の「星の大時計」をはじめ様々な
パブリックデザインにも携わっています。
 
image_05
 
 
ご存知の方も多いかとは思いますが、実は、エキクロックは
一度、2005年に製品化されており、2006年グッドデザイン賞を
受賞しています。
 
その後、惜しまれながらも製造が終了となり、
メーカーでの製造がストップしていましたが
2016年、タカタレムノス社製として、
お求めやすい価格帯となって復刻が実現しました。
 
 
01
エキクロック ホワイト ¥12,960(税込)
 
02
エキクロック ブラック ¥12,960(税込)
 
image_06
外箱付き
 
image_02
 
駅時計をモチーフに開発されただけあって、広い空間や
オフィスなどでも視認性が非常に高く
離れた場所からでもはっきりと時刻が判断できます。
 
直線的でシンプルでありながら、特徴のあるフォントを採用し
他のベーシックな時計は持っていない個性を確立しています。
 
image_03
 
ちなみに、そんなエキクロックですが、五十嵐威暢氏のブログによると
デザインをするにあたってモデルにした時計があるというのです。
 
なんだと思いますか?
想像がつく方もいらっしゃるかもしれません。
 
モデルとなったのは、1944年にハンス・フィルフィカー氏が設計した
スイスの鉄道時計。
 
白い盤に黒い目盛と針、そして特徴的な赤い秒針、
シンプルで明快で強く優しく、そして何より見やすいデザイン。
掛け時計のお手本のような存在ですね。
 
エキクロックのルーツはスイスにありました。
Date:16/5/10

こんにちは。
メトロクス・オノデラです。

ulm_00

プロダクトのマスターピース
1954年にマックス・ビルによってデザインされた 「ウルムスツール」。

スツールとして、シェルフとして、サイドテーブルとして、
さまざまな用途でご使用いただけることで、
不動の人気を誇る名品です。

ulm_03

本日は、
ウルムスツールを使ってみたい!
2台あっても困らない、むしろ複数台ほしい!
というお客様のご要望にお応えし、
2016年5月10日(火)~6月30日(木)まで期間限定の
とてもお得なキャンペーンのお知らせです!

1.メンバー限定 ウルムスツールが10%オフ!

そして・・・
2.WチャンスのSNS投稿キャンペーン!!

お部屋やお店でウルムスツールを使用している様子の写真を、
InstagramまたはTwitterで投稿していただくと、
抽選で1名様にウルムスツールをプレゼントしちゃいます!

このSNS投稿キャンペーンは、
すでにウルムスツールをお持ちの方も、
今回のキャンペーンで購入される方もご応募いただけますよ!

さらに!
3.レビュー&画像を送ると1000ポイントプレゼント!

太っ腹!

詳細については、
こちらのウルムスツール特集ページをご覧ください!

ulm_campaign

ウルムスツールを使ってみたい方、
2台目がほしい方、
今がチャンスですよ!

おまけ

ウルムスツールをwebでご覧いただいたお客様から
「見た目が不安定そうで、大人が座っても大丈夫かしら?」
というお声を、たびたびいただくことがあります。
以前、耐荷重試験を受けたときのレポートがありますので、
こちらをご覧になってみてください。
安心してご使用いただけますよ!

おまけ2

ちなみに、わたしはウルムスツールを3台持っていて、
以前は3段重ねて本棚として使っていました。
引っ越しを機に、今はダイニングテーブルに2台と、
もう1台は、アカプルコチェアにあわせて、
サイドテーブルとして使用しています。

ulm_01

ulm_02

お客さんが来たときには、スツールに早変わり。
便利です!
シーンによって、用途を変えられるのも魅力のひとつですね!

Date:16/5/2

問題です!
これはなんでしょう???

1

 

こんにちは、メトロクス・フクオカです。
ゴールデンウィーク真っ只中、
突然のクイズで始まりました今日のブログですが、
お分かりになりましたか?

正解はこちら↓

2

アルテックのポスターデザインでした。
え?まだ何かわからない?

北欧プロダクトにあまりくわしくない方でも
一度は見たことがあると思いますよ!

3

8

丸いフラットなシートに三本脚、スタックもできるあいつです。
そう、言わずと知れたアアルトの名作・スツール60。
上から見ると冒頭のイラストのようになっているワケです。

4

これはポスターなんですが、数量限定でオンラインショップで販売中です。
ワケあって市場価格よりも少しお求めやすくなっています。
購入ページはこちら

2

アップで見ると、いろんなプロダクトが線描で描かれています。

6

アアルトの名作が年表のようになっているみたいです。
左下の文字「chronology of alvar aalto furniture」を
翻訳すると「アルヴァ・アアルトの家具の年表」。
(そのままでした・・・)
5

メトロクス東京でも実物をご覧いただけますので、
ご覧になりたい方はスタッフまでお声がけください。

7

Date:16/4/26

こんにちは、タカダです。

黒好きな方に朗報です。
この度、タリアセンシリーズにブラックが追加されました。

image_01

タリアセンといえば、「近代建築の三大巨匠」と呼ばれる建築家
フランク・ロイド・ライトが手掛けた名作の一つ。
フロアランプや卓上ランプ、様々なバリエーションを展開しています。
(※過去のブログ「フランク・ロイド・ライトのタリアセン」でも詳しく
ご紹介しておりますので、こちらもどうぞ。)

新たに「タリアセン2」「タリアセン3」「タリアセン4」の3仕様に
ブラックエディションが加わります。

image_02

左「タリアセン2」 ¥334,800

中央「タリアセン3」 ¥125,280

右「タリアセン4」 ¥91,800

いかがでしょうか、上から下まですべて真っ黒です。

通常、タリアセンの支柱には、チェロッキーレッドがポイントで施されていますが
このブラックエディションは黒単色で仕上がっています。

これまでのチェリーやウォルナットとは、また違い
より厳粛で落ち着きのある印象を持ちます。

また、素材についても従来の仕様とは異なります。
現行で発売されているものに塗装を施すのではなく
塗装を施した際に現れる木目にこだわり、チェスナット(栗)材が採用されています。

チェリー材
image_05

ウォルナット材

image_04

チェスナット材

image_03

黒で統一されたカラーリングは、どんなインテリアでも相性抜群で
シックで洗練された空間を演出します。

タリアセンシリーズは、誰もが納得するデザイナーズ照明のアイコンとして
皆から愛されるとても顔が広いイメージですが、新入りのブラックカラーは
今までのタリアセンシリーズにはなかったダークで大人な雰囲気が魅力的です。

Page 1 of 13712345...102030...Last »