ラグ

ラグ選びのポイントは「快適さ」

0

こんにちは、メトロクス・フクオカです。
お部屋のラグ、どうしてますか?
納戸や大きな収納のあるおうちでは、夏と冬で敷物も替えることもできそうですが、私の住まいの収納には大きな空きスペースはありません。ということは、オールシーズンOKなラグでなければならないんです。

続きを読む

マックス・ビルのグラフィックがある暮らし。

こんにちは。
メトロクス・タカハシです。

気付けば既に2015年もあと1ヶ月ちょっと・・
まだまだ日中は温かい日もありますが、朝晩は足元も冷たくそろそろラグマットの出番
かしら?と考える今日この頃です。

本格的な冬を前にラグの購入をお考えの方におススメしたいのはマックス・ビルの
グラフィックラグシリーズ。メトロクスでは、今回また新たな企画を考えましたので
ラグを検討の方は是非ご活用ください。

マックス・ビル アートポスタープレゼントキャンペーン

今回は11月17日(火)~12月22日(火)までマックス・ビルのグラフィックラグを
ご注文の方に「マックス・ビルのアートポスター」をフレーム入りでプレゼントします。
グラフィックラグはラグとしてはもちろんお部屋をラグジュアリーに彩るグラフィック
アートとしてもおススメです。

キャンペーン対象のグラフィックラグ3種

マックス・ビル グラフィックラグ
プレゼントの対象となるのは、カラーホイールカラフルアクセンツクワイエット
3種類のグラフィックラグの全サイズです。また、通常受注製作品の2000サイズも、
今回のキャンペーンでは在庫をご用意しております!(12月入荷予定)

プレゼントはマックス・ビル バリエーションポスター

バリエーションポスター
プレゼントとなるアートポスターはバリエーション112の2種類からお選び頂けます。
このアートポスターは1つの原図を基に「連続」「展開」「発展」のキーワードから
15のバリエーションを制作した、マックス・ビルによるコンクリートアート
《1つのテーマによる15のバリエーション》の中のから抜粋し製品化したものです。
マックス・ビルのグラフィックデザインに対しての考え方がよく表れている代表的な
作品です。詳しくは特集ページ「一つのテーマに対する15のバリエーションとは
をご覧ください。

お部屋の雰囲気に合わせて3色からフレームをお選び頂けます。

ライトフレーム
そして、2種類のポスターには3色お好きなフレームをお選び頂けます。
壁にかけずとも、床におき壁に立てかけるだけでも様になるので、お部屋にポスターを
取り入れることにハードルを感じていた方にもおススメです。

東京店では現在、カラフルアクセンツクワイエットの2種類のラグを展示しています。
バリエーションポスター2種類もフレームに入った状態で展示していますので、
実物をご覧になられたい方は、是非お店にいらしてください。
クワイエット+バリエーション12

カラフルアクセンツ+バリエーション1

店頭でもグラフィックポスターと合わせてラグのシーンを作ってみました。
カラーホイールはスペースの都合で展示していませんが、ご覧になられたい方が
いらっしゃいましたらすぐにお出しできますのでお気軽にお声かけください。

今年の秋冬はマックス・ビルのグラフィックがある暮らしをおススメします。

新生活応援!「アカプルコキャンペーン開催中」

こんにちは、メトロクス・タカハシです。

本日は、東京店とオンラインショップで開催しているアカプルコキャンペーンのお知らせ。

アカプルコチェア/アカプルコロッキングチェアご購入でもれなくオリジナルラウンドラグをプレゼント!

今回のキャンペーンはアカプルコチェアアカプルコロッキングチェアをご購入の方、
全員にアカプルコ用オリジナルラウンドラグをプレゼントします。

アカプルコチェア/アカプルコロッキングチェアご購入でもれなくオリジナルラウンドラグをプレゼント!
今回、プレゼントのラウンドラグは金属フレームのロッキングベースによる床の傷防止の
為に商品化したものです。中綿が入ったチューブ状の紐を丸い形に編んで作られています。
中綿が入っていることでクッション性にも優れ、防音効果もあります。

アカプルコチェア/アカプルコロッキングチェアご購入でもれなくオリジナルラウンドラグをプレゼント!
カラーはホワイトとブラックの2種類!
両面同じ仕上げのため、裏返して使用することも可能です。
直径1000mmのサイズは1人掛けの椅子にピッタリのサイズ感ですので、
アカプルコ以外にもラウンジチェアと合わせてもお使い頂けます。

アカプルコチェア
アカプルコチェアは卵型の大きな背もたれが特徴で、すっぽりと頭まで包み込むように
座ることができます。完全に体の力を抜いてリラックスすることができるので、
これから暖かい季節になるとアカプルコチェアに座ってうたた寝してしまいそうです。

アカプルコロッキングチェア
そしてこちらのロッキングチェアはアカプルコチェアと比べフレームが正円に近いデザイン。
完全に体を預けることはできませんが、横幅が広い分、腕が動かしやすく本を読んだり
コーヒーを飲んだりしたいのであればこちらがおすすめです。

現在、アカプルコチェアは一部欠品となってしまっているカラーもありますが、
ご予約の場合ももちろん、ラウンドラグをプレゼントしています。

"アカプルコチェア/アカプルコロッキングチェアご購入でもれなくオリジナルラウンドラグをプレゼント!
昨年の限定カラー「バラガンピンク」もキャンペーン対象です!

"アカプルコチェア/アカプルコロッキングチェアご購入でもれなくオリジナルラウンドラグをプレゼント!
店頭では現在、ブラック、ホワイト、ペトロブルー、オレンジ、バラガンピンクの
5色をご覧頂けます。展示の無いグリーンもカラーサンプルがございますので
色味をお確かめ頂きたい方はお声かけください。

アカプルコチェア/アカプルコロッキングチェアご購入でもれなくオリジナルラウンドラグをプレゼント!
アカプルコチェア、アカプルコロッキングチェアを前から気になられていた方は
是非、ラウンドラグプレゼントキャンペーンをご活用ください。
通常は¥6,480のラグが無料となる大変お買い得なキャンペーンですよ!

マックス・ビル グラフィックラグの魅力

こんにちは、メトロクス・オノデラです。

しばらくの間、欠品中となってしまっていた
マックス・ビルのグラフィックラグが再入荷いたしました!

本日は改めて、このマックス・ビルのラグについて、
少し詳しくご紹介いたします。

 

まずは、「クワイエット」。

このグラフィックは、1948年に発表されたもの。

一見、グレー一色のしま模様に見えますが、
よくよくみてみると・・・

A、B、C、D、すべてのブロックで、微妙に色が違うことがわかります。

Aは、赤みのグレー
Bは、グレー
Cは、緑みのグレー
Dは、青みのグレー
となっています。

グラフィックをラグとして製品化する際に、
実は、この図柄「クワイエット」は、
マックス・ビルのどの作品集を見ても白黒画像で掲載されており、
われわれは、モノトーンの作品だと思って、開発を進めていました。

ところが、マックス・ビル財団に打診した際にはじめて、
はじめてそれぞれのブロックごとに色味が違っていたことが発覚。
急遽、スイスにあるマックス・ビル財団と色の打ち合わせを行いました。
その微妙な違いの色味を出すのに、とても苦労したことを思い出します。
このグレーの色味のちがいが、結果的に、
クワイエット」の見どころともなりました。

 

さて、次に、「カラフルアクセンツ」。

このラグのグラフィックは、1946年に発表されたものです。
このたび製品化した3種類のグラフィックの中では、
いちばん古いデザイン。

カラフルアクセンツ」は、10色もの色を使用し制作していますが、
色鮮やかな色味はポイント使いされており、
派手な印象はなく、お部屋に合わせやすい柄として人気です。

 

そして最後に、今のところ一番人気の「カラーホイール」。

このグラフィックは、1970年に発表されたもの。
ラウンド型の「カラーホイール」は、
マックスビルらしい、鮮やかな色彩と幾何学的な図柄が魅力です。

 

いずれも、
1600×1600 (カラーホイールは、Φ1600)
1800×1800 (カラーホイールは、Φ1800)
2000×2000 (カラーホイールは、Φ2000)
の3サイズでの展開です。

素材は、アクリル糸。
アクリル糸は吸水性が少なく、 水溶性の汚れが付きにくいというメリットがあります。
カビや害虫がつきにくいのも、特徴のひとつです。

さらりとした手触りなので、季節を問わずご使用いただけます。

裏面は耐熱加工を施しているので、 床暖房やホットカーペットにも対応しています。

 

実物は、メトロクス東京にて展示しておりますので、
全仕様をご覧いただくことができますよ。

また、現在、マックス・ビル関連の催事が、
代官山のミッドセンチュリーモダンさん、丸の内のステッチ東京さん、
大阪のデルフォニックスさんで開催中です!
こちらの店舗でも、ラグを展示していただいておりますので、
ぜひ見に行かれてみてください!!

ミッドセンチュリーモダン
ステッチ東京
Colors -マックス・ビルと暮らす-
期間:2015年1月19日(月)-2015年2月15日(日)

デルフォニックス大阪
New Products of Max Bill –マックス・ビルの新しいプロダクト展-
期間:2015年1月23日(金)-2015年3月5日(木)

 

おまけ

ラグの裏面には、マックス・ビル財団監修の証である、
マックス・ビルのサインを施したタグが取り付けられています。
「max bill」と書かれたサインの下には、
「©max, binia + jakob bill foundation」 と記載されています。

タグをめくると、メトロクスのロゴも入っているんですよ。