北欧デザイン

調和の取れたシリンダラインシリーズ

こんにちは、メトロクス・ハマダです。
本日は、1967年から47年、現在もロングセラーを続けているシリンダラインをご紹介します。

ステルトン シリンダライン
cylindaline

デザイナーは、1930年から70年代にかけて活躍したデンマークの建築家 アルネ・ヤコブセン。
言わずと知れた巨匠です。
完璧主義でも知られる彼は建築だけでなく、デザイナーとしての顔も持っています。

「建築も内部空間も妥協しない」。
コペンハーゲンの「ラディソンSASロイヤルホテル」のプロジェクトでは、
家具や照明からナイフやフォーク、ドアの取っ手まですべてを彼がデザイン。
デンマーク第二の都市・オーフスの市庁舎の設計もまた然り。
建築~外装~内装~インテリアまで、
全体をひとつのアートとして構成=トータルデザインしてしまうのです。

アルネ・ヤコブセン

今回ご紹介するシリンダラインも、その彼のストイックなまでの完璧主義が反映された
プロダクトと言えます。
製造は、デンマークのステンレス製のテーブルウェア専門メーカー、ステルトン社です。

実はステルトン社の社長は、ヤコブセンの義理の息子ペーター・ホルムブラッド。
彼が直接、ヤコブセンにデザインを依頼するのですが、多忙のために断わられます。
ホルムブラッドは諦めずにお願いし続け、ヤコブセンはやむなく、あるパーティーの席で
紙ナプキンにスケッチします。
ヤコブセンはかなり怒った様子だったようですが、
このスケッチこそがシリンダラインの原型となるわけです。
おもしろい秘話ですよね。

1967年発売当時には、この理想のフォルムを作り出すことが難しく、ステルトン社は
実に3年もの月日をかけて製品化に至ったのだとか。
(角張ったところも継ぎ目もないステンレス加工は画期的だったそうです!)

スカンジナビア(北欧)のデザインの歴史を解説する書籍や、
厳選された名作プロダクトが掲載された書籍(特にミッドセンチュリー期)には、
高い確率でシリンダラインについての記述があります。

arne_jacobsen
ARNE JACOBSEN Architect & Designer より


DESIGN SCANDINAVIA より


Industrial Design A-Z より


scandinavian design より


scandinavian style より


the sixties より

メトロクスにあるだけでも、これだけの書籍に紹介されているということ、、、
シリンダラインが如何にデザイン史に残るプロダクトであるかということがわかりますね。
それゆえに、その評価は高く、MoMAをはじめとする多くの美術館のコレクションに
選定されています。

近年では、生誕100年記念としてティーポットセットが発売されたり、
2010年にはポール・スミスが、カラフルな取っ手のコーヒーポットやティーポットをコラボし、
限定販売するなど、デザインから半世紀近く経った今も注目度の高いプロダクトです。

もちろん、その品質や使いやすさなどの実用性は言うまでもありません。
少し値は張りますが、一生モノになることは間違いないです。
 
シリンダライン 取扱い一覧

AJコーヒーポット 45,360円 / AJティーポット 43,200円
AJジャグ アイスリップ付 27,000円 / AJプレスコーヒーメーカー 32,400円
AJシュガーボウル 9,180円 / AJクリーマー 6,480円
AJグラスコースター 6P 8,640円 / AJアイスバケット 43,200円
AJアイストング 5,400円 / AJサービングトレイ 21,600円
AJリボルビングアッシュトレイ S:11,880円、L:15,120円

 
余談ですが、ヤコブセンデザインの中で私の好きなプロダクトのひとつがAJランプ。
1959年にコペンハーゲンのロイヤルホテルのためにデザインしたテーブル照明です。
メトロクスで販売はしていませんが、スタッフがデスクランプとして使っています。
円と直線のラインの要素はシリンダラインにも通ずるものがあります。

 
アルネ・ヤコブセンのその他商品
AJウォールクロック AJテーブルクロック

メトロクス生誕の地・北海道へ!工場探訪~製品ができるまで

こんにちは、メトロクス・ハマダです。
先月、出張で札幌へ行ってきました。
元々、メトロクスは札幌で始まった経緯がありますので、
製造工場なども多くが北海道にあるのです。

渡辺力 カートンファニチャーシリーズ リキスツール&キッズセット

巨匠 渡辺力さんデザイン、みなさんもご存知のカートンファニチャーシリーズ
スツールは「リキスツール」の愛称でも親しまれています。
段ボール家具ですから、もちろん、段ボール工場で製造されています。
工場は北海道・小樽にあります。
このシリーズの製造ラインを見学して来ました。

 

渡辺力 カートンファニチャーシリーズ リキスツール&キッズセット

この大きな段ボールを加工していきます。

 

渡辺力 カートンファニチャーシリーズ リキスツール&キッズセット

製造ラインに乗せられ、どんどん流れていく段ボール。

 

渡辺力 カートンファニチャーシリーズ リキスツール&キッズセット

シュー!と高速で送られていきます。
物によって異なりますが、このラインで表面にプリントが施されたり、
折り目がつけられたり、形になっていきます。

 

渡辺力 カートンファニチャーシリーズ リキスツール&キッズセット

型抜きをして、できあがっていく段ボール。
※この写真はカートンファニチャーではありません。

 

渡辺力 カートンファニチャーシリーズ リキスツール&キッズセット

これはカートンファニチャーの色見本。
毎回、この見本と照らし合わせて、色に差がないか確認します。

 

渡辺力 カートンファニチャーシリーズ リキスツール&キッズセット

これは別ラインの機械。物量や大きさによって使い分けるそうです。
このような製造ラインを通って、ユニークな形の段ボールパーツが完成します。

 

渡辺力 カートンファニチャーシリーズ リキスツール&キッズセット

できあがったパーツがこちら。

 

渡辺力 カートンファニチャーシリーズ リキスツール&キッズセット

あとは、みなさんの手でパズルのように組み合わせていくだけ。
物が作られていく工程を見るのは、本当にわくわくしますね!

カートンファニチャーシリーズの詳細はこちら。

 

 

アンジェロ・マンジャロッティ 組み立て家具シリーズ ジュニア

さて、続いては今年発表した新シリーズ「ジュニア」の製造工場へお邪魔しました。
こちらの工場は、家具の産地としても有名な旭川にあります。

 

アンジェロ・マンジャロッティ 組み立て家具シリーズ ジュニア

職人さんが作業中。この工場では、いろんな種類の家具を製造されています。

 

アンジェロ・マンジャロッティ 組み立て家具シリーズ ジュニア

特殊加工専用の機械もたくさん。

 

アンジェロ・マンジャロッティ 組み立て家具シリーズ ジュニア

ジュニアの資材コーナー。
前述のカートンファニチャー同様、ジュニアも組み立て式の家具です。
なので、工場ではパーツの姿のまま。

 

ちなみに、6001 アームチェアのパーツはこんな感じです。
この6つの板をそれぞれの切れ込みに差し込むだけ!
みなさんにも構造の面白さや組み立てる楽しみをぜひ体感していただきたい!
メトロクス店頭でもお試しいただけるので、お時間があるときにお立ち寄りくださいね。

アンジェロ・マンジャロッティ 組み立て家具シリーズ ジュニア

ジュニアシリーズの詳細はこちら

現場の方々、お忙しい中、工場を案内してくださり、ありがとうございました!
工場萌えの属性もある私は鼻息荒く、カメラ小僧と相成りました。

 

モエレ沼公園 イサム・ノグチ

工場見学の他に、札幌市内にあるショップ巡りや、
イサム・ノグチの設計したモエレ沼公園へ行きました。

 

モエレ沼公園 イサム・ノグチ

我々メトロクスはここ、モエレ沼公園にあるガラスのピラミッド内で
北欧デザインのエキシビジョンをやったこともあるんです。

その時の様子。

Nordic Design 北欧デザイン展 モエレ沼公園

Nordic Design展(2007)より│ ポニーボールチェアも。

 

Nordic Design 北欧デザイン展 モエレ沼公園

Nordic Design展(2007)より│ ハンス・J・ウェグナーの「ベアチェア PP19」も。
ソフトバンクのCMで吉永小百合さんが座っているのは、この椅子です。

当時のエキシビジョンの詳細はこちら。

 

ちょっと話がそれましたが、モエレ沼公園には
面白いモニュメントがたくさんあり、散歩がてら楽しめます。

モエレ沼公園 イサム・ノグチ
モエレ沼公園 イサム・ノグチ
モエレ沼公園 イサム・ノグチ

広大な芝生に癒されます!
この日は天候が良くなかったのと、ピラミッドが休館日だったので、
快晴の日にもう一度行ってみたいなぁと思っています。

え?なんだかこの出張、遊んでばかり?
そ、そ、そ、そんなはずは・・・(ない)!

 

おまけ
ピエール・ポランのF031 デスクの工場(旭川)にも立ち寄りました。
工場長さんのコレクション(?)がかわいかったのでパシャリ。

【ノルディックデザインキャンペーン】~北欧スタイル『おいしい北欧』~

みなさんこんにちは。タニです。
先日から『ノルディックデザインキャンペーン』が始まりました。
新橋では今まで、メトロクスでそれほど北欧のものを取り上げて展示
する機会がなかったので、どうやら今までお店の前を通り過ぎていた
方も足を止めての来店が目立ちます。
何かいいものを見つけて帰っていただけると嬉しいです。
さて、今日は今回お世話になっているエイ出版さんから荷物が
届きました。『北欧スタイル20号』。明日発売の最新号です!

今回の特集は『おいしい北欧。』。北欧デザインの食器が詳しく解体された特集になっています。
内容はお楽しみに!そして、さらに現在メトロクスで期間限定で取扱っているヴィンテージの
テキスタイルについても詳しく特集がくまれています!これは必見です!

『もっと知りたい、北欧の布のこと。』。僕だってもっと知りたい!

きれいなページ。左ページの生地は、ヴォッコのデザイン、『Fanfaari』。ファンファーレの意味。
白と黒だけで描かれたデザイン。こちらは店頭に展示があります。

さらに、なんとヴォッコのインタビューが掲載されています。これも必見!
先日、来日されていたようですね。OZONEで開催されていたHIRAMEKI Design
いらっしゃっていたようです。

この2点は今、メトロクスに展示中のヴォッコのテキスタイルです。どちらもシンプルなデザイン。
下のものは掲載もされていた『Fanfaari』。上のオレンジのラインが入ったものは『Jattiruutu』
という名前のテキスタイルです。詳しくはメトロクスのサイトへ。
こちら⇒
また、こういった雰囲気で使っていただくのはいかがでしょう?

北欧とも交流がある益子の伊藤丈浩さんのスリップウェア鈴木稔さんの薪窯の作品です。
他にもこんなページが。いくつかは展示もありますので、是非ご覧になってみてください!

テキスタイルはどれも一点のみのものばかりです。気に入ったものがあればお気軽に
お問合せください。
最後に、こちらのポットを。

アンティ・ヌルメスニエミがデザインしたコーヒーポットです。
ヴィンテージ品ですが、状態も非常にきれいです。こちらは一点のみ。
そして、こちらはタペストリーに仕上げたものです。

テオ・グルッペンというグループで活躍したトム・ヘクヴィストがデザインした『KYOTO』。
結び雁がねを用いたテキスタイルです。こちらは2点在庫があります。

気になるものがありましたら、お気軽にお問合せください。
お待ちしております。