Wohnbedarf

2台あっても困らない、複数台ほしいスツール。

こんにちは。
メトロクス・オノデラです。

ulm_00

プロダクトのマスターピース
1954年にマックス・ビルによってデザインされた 「ウルムスツール」。

スツールとして、シェルフとして、サイドテーブルとして、
さまざまな用途でご使用いただけることで、
不動の人気を誇る名品です。

ulm_03

本日は、
ウルムスツールを使ってみたい!
2台あっても困らない、むしろ複数台ほしい!
というお客様のご要望にお応えし、
2016年5月10日(火)~6月30日(木)まで期間限定の
とてもお得なキャンペーンのお知らせです!

1.メンバー限定 ウルムスツールが10%オフ!

そして・・・
2.WチャンスのSNS投稿キャンペーン!!

お部屋やお店でウルムスツールを使用している様子の写真を、
InstagramまたはTwitterで投稿していただくと、
抽選で1名様にウルムスツールをプレゼントしちゃいます!

このSNS投稿キャンペーンは、
すでにウルムスツールをお持ちの方も、
今回のキャンペーンで購入される方もご応募いただけますよ!

さらに!
3.レビュー&画像を送ると1000ポイントプレゼント!

太っ腹!

詳細については、
こちらのウルムスツール特集ページをご覧ください!

ulm_campaign

ウルムスツールを使ってみたい方、
2台目がほしい方、
今がチャンスですよ!

おまけ

ウルムスツールをwebでご覧いただいたお客様から
「見た目が不安定そうで、大人が座っても大丈夫かしら?」
というお声を、たびたびいただくことがあります。
以前、耐荷重試験を受けたときのレポートがありますので、
こちらをご覧になってみてください。
安心してご使用いただけますよ!

おまけ2

ちなみに、わたしはウルムスツールを3台持っていて、
以前は3段重ねて本棚として使っていました。
引っ越しを機に、今はダイニングテーブルに2台と、
もう1台は、アカプルコチェアにあわせて、
サイドテーブルとして使用しています。

ulm_01

ulm_02

お客さんが来たときには、スツールに早変わり。
便利です!
シーンによって、用途を変えられるのも魅力のひとつですね!

ウルムスツール&ウルムスツール カラー 比較!

こんにちは。メトロクス・オノデラです。

本日は、新商品のご紹介。
スイス人デザイナー マックス・ビルがデザインした名作「ウルムスツール」に、
新たにカラータイプが仲間入りしました。


Photo:Masatoshi Takahashi
Styling:Yumi Nakata

ウルムスツールは、
ウルム造形大学の学生のためにデザインされたスツールです。
椅子としてだけでなく、サイドテーブルや棚、
また、持ち運びなどの用途を想定した機能的なフォルム。
無駄を削ぎ落としたバウハウスの理念を象徴する家具です。
※より詳しい詳細は、
マックス・ビルのプロダクト紹介ページへ!こちらから。

今回登場したカラーは、全6色。
レッド、オレンジ、イエロー、グリーン、ライトブルー、ブルーです。

通常のウルムスツールウルムスツール カラーとでは、
少し仕様が異なります。

通常のウルムスツールは、
比較的やわらかい材種のスプルースの無垢材を無塗装で使用しており、
その手触りは、やさしくあたたかみがあります。
また、無塗装ならではの、
経年変化による味わいのある表情も楽しむことができます。

それに対し、カラー 仕様は、
傷がつきにくい固い材種であるバーチの無垢材を使用し、
木目を活かして染色された後、
クリアのウレタンで塗装し仕上げられています。
通常のウルムスツールよりもウルムスツール カラーのほうが、
材料が重たい分、安定感があり、がっしりした感じがします。
ウルムスツール 約3キロ、
ウルムスツール カラー 約4キロ。

また、カラータイプに使用されているバーチ材は、
通常のウルムスツールに使用されているスプルース材よりも格段に固いので、
接合部分の、組接ぎ、さねはぎ、ほぞ組みなどに、
より技術を必要とし、難しい加工ですが、
通常のウルムスツール同様、とても精度よく作られています。

The マスターピース 、ウルムスツールはもちろん、
新鋭 ウルムスツール カラーも、
長くみんなに愛されるプロダクトになりそうです。


Styling:Yumi Nakata


Photo:Masatoshi Takahashi
Styling:Yumi Nakata

そして今、メトロクスでは、
デザイナー  マックス・ビル に関するイベントを企画中です。
詳細は、来週のブログでお知らせします。
おたのしみに。