デザインコンシャスな世界一美しいゴミ箱

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは、メトロクス・フクオカです。
このたび、2016年度グッドデザイン賞受賞「SWING BIN」が新しく商品ラインナップに加わりました。

02
メトロクスからも「wawa」が2016年度グッドデザイン賞を受賞していますが、そのエキシビジョンのときに「wawa」のお隣に展示してあったのが、この「SWING BIN」でした。
発表当初から国内外で高く評価され、イギリスのデザイン雑誌の賞も受賞されているそうです。

 

03-min2016年度グッドデザイン賞エキシビジョンのようす/「wawa」(左)と「SWING BIN」(右

 

04

デザインは竹内 茂一郎さん。
SWING BIN」の特徴としては、このすっきりとした佇まい。木のフタが本体に正確にフィットしていて、斜めにカットされたシリンダーの断面かのよう。どんなこだわりのインテリアにも溶け込み、静かに、そして確かにその存在感を放ちます。

実はこのフタが一番のミソ。

 

05-min

この部分。
本体と木のフタ、それぞれに小さなカットが作ってあります。この段差が噛み合って、フタは重力に従って引っかかっているだけなんです。

しかし、「きれいに噛み合ってるね」という驚きだけでは終わりません。

 

06-min

この引っかかっているだけのフタ、ちょんっと触れる程度の力でスウィングします。
そして、自らバランスを保って、パタンと元通りに閉まる。
ネジや留め具など固定するパーツが一切なくて、引っかかっているだけなのに、スウィングして勝手に閉じることに感動してしまいます。

本体とフタの絶妙なカッティングによって実現したこの機構。外見や質感のみならず、この考え抜かれたデザインがグッドデザイン賞受賞の背景のようです。

 

07-min

フタの種類はハードメープル、ウォルナットの2タイプ。
本体カラーはホワイト、グレー、ブラック(ウォルナットのみ)の3色です。
>> SWING BIN ハードメープル 詳細はこちら
>> SWING BIN ウォルナット 詳細はこちら

 

今回ご紹介した「SWING BIN」は日本のライフスタイルブランド「MOHEIM」のプロダクトなのですが、その「MOHEIM」からクロックも新しくラインナップに加わっています。

08

デザインはMUTEさん。
メトロクスで取扱い中のプロダクトでは「畑漆器店」の「col.シリーズ」や「卯之松シリーズ」がMUTEさんのもの。

 

09

この「HORN」というクロック。名前のとおり、ホーンのように広がったデザイン。金属加工の町、新潟・燕三条の職人が「へら絞り」の技術を使って製造していて、裏側にも継ぎ目がありません。
シンプルながらも見る角度によって表情を変える、おもしろいデザインです。

 

10

写真ではお伝えしづらいのですが、マット塗装のスチールフレームとアクリル素材の文字盤の素材感にぜひ注目していただきたいプロダクトです。

 

11-min

カラーは4色。
>> HORN ネイビー 詳細はこちら
>> HORN グレー 詳細はこちら
>> HORN ピンク 詳細はこちら
>> HORN カッパー 詳細はこちら

METROCS Tokyo

東京タワーから程近いオフィス街にあるMETROCSのリアルショップには、ネット掲載のないアイテムも多数展示しています。

東京都港区新橋6丁目18-2
・都営三田線「御成門駅」徒歩2分
・都営浅草線「大門駅」徒歩9分
・JR、東京メトロ銀座線「新橋駅」徒歩10分

お問い合わせ|tokyo@metrocs.jp
TEL|03-5777-5866
営業時間|月・火・金曜 12:00~18:00、土曜 12:00~19:00
定休日|水・木・日曜・祝日

ショップ詳細はこちら