モノの見方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

「ピレッティと語り合おう(5)」で気になる文面を発見しました。
プリアのテスト結果について「第一印象は外見にある。」というピレッティ。

確かに、見た目のインパクトがなければそのものに対する興味を示さない。
けれど、どんな商品にも意外とコンセプトがあったりします。

・・・というのも大学でデザインを学んでいた私。
作品のプレゼンテーションでいつもコンセプトを強く要求されていたせいか、
何故このカタチなのか、どんな意味があるのかという意識が強くなっていました。
だから今でも、何かと物を選ぶ時その存在の意味を知りたがるのが癖になっています。
メトロクスには、そんな興味をくすぐるアイテムが沢山あります。

1 
ガット、ガットピッコロ

              2
              ウルトラフラゴーラ

                            3
                                                      エルダ、ボビーワゴン 

見た目は「何故!?」って思うものばかりで最初は目が点になっていましたが、
商品の意味を知るとどんどん愛着が湧いてきます。
1点1点、デザイナーが様々な心境の中で思いを巡らせながらつくる商品。
なんだか調べていくうちにデザイナーの性格まで分かる気がします。
モノの価値観やセンスは人それぞれかもしれませんが、それらを手にとって気に入ったら
同時にそのデザイナーとも通じ合えてる気がしませんか? 

4

そんなことを考えながら店内の商品を眺めていたら、多種多様なデザイナーが沢山集まっている気分になった一日でした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る