ソリッドスツール

デンマークの“家具の彫刻家”が手掛けた名作時計

こんにちは。
メトロクス・オノデラです。

シンプルながらも存在感を放つ、
褐色の木目とフォルムが美しいウォールクロック。

Finn+Juhl_表

Finn+Juhl_roomimage

この時計は、
デンマークデザイン黄金期の
最も有名な家具デザイナー・建築家のひとりとして知られるフィン・ユールが、
1950年~52年にかけて
ニューヨークの国連、信託統治理事会会議場の内装の一部として手掛けられたもので、
2015年、デンマークのアーキテクトメイド社から復刻製品化されました。

Finn+Juhl_整列

直径34.5cmと、やや大きめのサイズ感。

Finn+Juhl_文字盤アップ

当時のデザインを踏襲した普遍のインデックス。

文字盤の形状は、木の皿のような滑らかな曲面。
針も文字盤の曲面にあわせた形になっており、
なかなか手が込んでいます。

Finn+Juhl_横

横から見ても美しい!
滑らかな曲線とその考え抜かれた造形的なフォルムは、
別名「家具の彫刻家」と称される、フィン・ユールならでは。

作品のデザインや歴史、その背景までを含め、
価値と魅力を見出すことができる時計です。

また、フィン・ユールは好んでチーク材を用いることでも知られています。

この時計も、例外ではなく、
ミャンマー産の上質なチークの無垢材を贅沢に使用して作られています!

Finn+Juhl_裏

「チーク」は、ウォルナット、マホガニーと並び世界三大銘木のひとつで、
美しい木目と強靭な耐久性の為、
高級材として知られており、世界中で大変人気のある木材。

フィン・ユールの時計の奥行は5cm!!
時計の直径が34.5cmから割り出してみると、
少なくても、幅34.5cm×高さ34.5×奥行5cm以上のチークの無垢材から
削り出されて作られていることになりますね。
うーん・・・、なんて贅沢!

使用していると、年月とともに木目の黒い色(樹脂)が抜け、
金褐色へと鮮やかに変化する様子を楽しむこともできます。

余談ですが、
メトロクスにも、チーク材を使用したアイテムがあるんですよ。

まずは、
日本デザイン界のパイオニア 渡辺 力 氏 デザインのソリッドスツール

ソリッドスツール_img
※画像はオーク材です。  / Styling : Yumi Nakata Photo : Masatoshi Takahashi

ソリッドスツール_チーク
※こちらはチーク材。

チークの無垢材を座面に使用しています。
厚さ2センチの無垢材2枚とスチールのフレームとで構成された
シンプルかつ贅沢なスツール。

そしておなじみ、
フランスのピエール・ポラン デザインのF031デスク、F061サイドボード

F031_チークホワイト
F031デスク チーク/ホワイト / Styling : Yumi Nakata Photo : Masatoshi Takahashi

F061_チークホワイト
F061サイドボード チーク/ホワイト

F031F061_チークブラック
F031デスク チーク/ブラック ・ F061サイドボード チーク/ブラック

これらのチーク仕様、
定番の
ソリッドスツール オーク仕様
同じく定番の
F031デスク オーク仕様F061サイドボード オーク仕様
負けず劣らず、じつは人気の高いアイテムなのです!

チーク材のアイテムは、
時代を経るとともに、色合い、艶に磨きがかかります。

チーク材、魅力的です。

掲載誌情報【エル・デコ 110号】パークコート赤坂 ザ・タワー

みなさんこんにちは。
今回は、いつもお世話になっているル・デさんのモデルルーム企画に
いろいろとメトロクスの商品を使っていただきました。

記念すべき第110号!今回から『ELLE DECOR』に。ロゴも一新されたそうです。
今回は赤坂にできた『パークコート赤坂 ザ・タワー』のモデルルームです。

ビトッシのビンテージランプと、同じくビトッシのオブジェ『白い鳥』

『F031:プチデスク』とその脇には『ボビー』
壁面にはエゴン・アイアーマン『SE18』


最後は渡辺力『ソリッドスツール』がドレッサーに

スタイリングはいつもお世話になっているスタイリストの茂木さんです。
いつも本当にありがとうございます。