渡辺力

ガラスに浮かぶアラビアが新感覚なリキウォッチ

0

こんにちは、メトロクス・フクオカです。
今日は渡辺力さんのデザインスピリットを受け継いだリキウォッチの
新モデルをご紹介します。

 

1

2007年発売の「浮かぶアラビア ソーラー」がクオーツモデルになって復活しました。
透明感のあるガラスに印刷した数字は、まるで空中に浮いているようですよね。
光が差し込むと、美しい影が文字盤に映し出されます。

 

3

渡辺力さんの作品に多く見られるアメリカの放送局「CBS」のロゴタイプの
文字から触発された視認性の高いアラビア数字を採用。
文字が艶やかな肉盛り印刷で立体的に表現され、
美しさと読み取りやすさが両立しています。

 

4

このアラビア数字は、リストウォッチだと、日本の伝統色キッズモデル
クロックだと、リキクロック・スチールクロック・小さな時計などに使用されていて、
リキワタナベコレクションの象徴的なロゴタイプになっています。

 

2

今回復活した「浮かぶアラビア」モデルは4カラー展開。
薄縁のケース形状とクールなカラーリングがモダンでファッションにも取り入れやすいですね。

 

6

留め具は三つ折れプッシュ式バックルです。
この方式を採用しているウォッチは、時計の着脱が楽になるばかりか
革バンドの傷みも軽減され、長持ちするし、見た目もスマートなので、
店頭でも個人的におすすめすることが多いです。日本の伝統色モデルもこのタイプです。

 

7

最初はバックルを留めた状態で自分に合ったサイズを見つけます。
私は3つ目のホールがちょうどいいみたいです。
留めたいホール位置が決まれば、この部分(写真右)をパカっと開きます。

 

8

開いたところにベルとを差し込んで、先ほど決めたホール位置でパチンと留めてください。
これで自分サイズに固定できました。

 

9

以降はバックルのプッシュボタンで開閉するのみ。
革ベルトへの負担もなければ、片手でサっと着脱できるし、便利なんです。

また、金属製のベルトだとサイズ位置の調整は専用工具がいるので、
時計屋さんに持ち込んで調整してもらうしかなかったんですが、
この革ベルトタイプは、サイズ位置は後からでも手軽に移動できるので、
めちゃくちゃ合理的ですよね。

 

10

裏ぶたには渡辺力さんのサイン“Riki” が刻印されているほか、
ウォッチに対するデザイナーとしての思いを寄せて書かれた、メッセージカードも付属。
ボックスにはリキワタナベコレクションの象徴的なアラビア数字が印刷されていて、
ギフトには持ってこいの一品です。

 

リキウォッチ 浮かぶアラビア 全4色 11,880円(税込)
メトロクス店頭でご覧いただけます。
オンラインショップでの購入ページはこちら

プロのスタイリングと撮影について

こんにちは、メトロクス・タカハシです。

スタジオ
3月15日の日曜日、メトロクスメンバーは
いつもお世話になっているスタイリストの中田さんと
カメラマンの髙橋さんにお願いし、商品撮影を行いました。
のっけの画像はスタジオで取ったスナップです。

今回、撮影となったのは長大作と渡辺力のプロダクトの数々です。
前回のマックス・ビル ラグの撮影の時と同じようにメトロクスを飛び出し
撮影スタジオに行ってきました。

今回の場所は目黒の鷹番にあるレンタルスタジオまで。
メトロクスのある新橋からだと都内は大体どこでも30分程度で
行けちゃうんですよね。 そういう所は新橋の良いところ。

スタジオ
スタジオ内は既に小物やグリーンがハイセンスに置かれ、雰囲気があります。

撮影準備
先ずは全員でメトロクスから持ってきた小道具となる小物たちを開梱していきます。
写っているテーブルや椅子は元々スタジオにあった家具たちで今回は使用しません。
撮影がひと段落ついたころに、奥にあるコーヒーメーカーで一服することができました。

撮影準備
今回は長さんや力さんがテーマのため、リキクロック多め。
そこにマーク・ニューソン清岡幸道のマグ等、ソリッドな要素が加わります。

スタイリング中
手前がスタイリストの中田さん、奥にいるのがカメラマンの髙橋さんです。

まずはパーシモンチェアマッシュルームベーステーブルからスタイリング開始です。
何度か撮影に立ち会っていますが、普段見慣れているプロダクトがプロの手にかかり
輝きだす瞬間は何度見ても飽きないなぁーんて思ってたら、、、

スタイリング
あれよあれよと仕上がっていきます。
カトラリーは柳宗理、清岡さんのスープボウルにはパンや
イッケンドルフにはシリアルが入っています。
テーマは朝ごはんでしょうか?

スタイリング
ちょっとひいてみると全体はこんな感じです。

パーシモンチェアは低座椅子や中座椅子などのイメージがあるからか
どことなく「和モダン」っぽい雰囲気があうのかなと思っていましたが、
改めてみると違いましたね。
いくらでも応用が利くみたいです。

今日の撮影に立ち会ったことで、一番感じたことは
やっぱり「この家具はこういうインテリアにあう。」とか
思い込んじゃ駄目ということ。

色んな情報やイメージに惑わされず、自分の感性に素直に従いながら
家具を選んでいきたいし、お客さんにも選んで貰いたいです。

そういう意味でもこういうイメージカットがあると選択の幅が
広がるんじゃないでしょうか?

※実際のイメージカットは別の角度から撮影を行って
もっとかっこいい仕上がりになっています。

スタイリング
他にもこの日はソリッドスツールリキモビール、、、アイアーマンもありますね。

スタイリング
そしてカートンファニチャーの撮影も行いました。

残りは完成したリーフレットとオンラインにアップしたときに
お見せできればと思います。

おまけ:
過去のスタイリングのブログ記事はこちらから

・マックス・ビルのグラフィックラグ発売
・商品撮影風景レポート。